痩田筋男痩田筋男

くびれは、普通の服だと、バストやヒップより見せにくいパーツですが、だからこそ、こだわりたいもの。ここでは効果的にくびれを作る方法を考えていきましょう。

やみくもなダイエットは効率的ではない

くびれを作るというと、誰でも思い浮かべるのは、まずはダイエット。これは正解ではありますが、優先順位の一番ではありません。

なぜならば、お腹周りの脂肪だけを取る方法というのは存在しないからです。お腹を脂肪を取ろうと思うならば、全身の脂肪を取らなくてはならず、それにはご存知の通り、かなりの時間を手間を要します。

いわゆるダイエットですが、これはこれで必要ですが、もっと直接的な方法がありますので、そちらを紹介しましょう。

腹筋運動も効率的ではない

ではもっと効率的な方法とは、やっぱり腹筋運動でしょうか?いえ。実はこれも正確には違います。くびれを作り出すのは、あくまでお腹の側面。普通の腹筋運動では鍛えられない部位なのです。

通常の腹筋運動は、お腹の前の筋肉である腹直筋に効果がある筋トレで、お腹のサイドには残念ながらあまり効果がないのです。

また、腹筋運動をすると、お腹周りが熱くなり、その熱で、脂肪が効率的に燃えて減少する、といった説がまことしやかに流れていますが、都市伝説のたぐいと同じで、信じないでください。お腹の脂肪が熱を持つと燃焼するならば、筋トレもダイエットもいりません。

好きな部位の脂肪を燃やして減らして、どんな体型だって、自由自在に作れてしまいます。

それが不可能なのに信じている人が多いのは、腹筋運動が苦しい→腹筋が熱い→しんどくて苦しいから、きっと何かが起こっているに違いないと、苦しさとひきかえに、何かを得たいという希望に心が向くからかもしれません。

たしかに腹筋は鍛えられ、カロリー消費で全身の脂肪にも影響ありますが、腹筋周りの脂肪だけに、腹筋運動は特別な効果はありません。ではくびれを作るのに、最も効果的な方法とは何でしょう?

その前に、くびれとは、どうやってできるものなのでしょうか。

くびれの正体は腹斜筋

くびれを作るのは、お腹脇にある筋肉です。くびれ作りに最も効果的な方法とは、ずばりお腹の脇を集中的に鍛えることなのです。その部位は「腹斜筋」という筋肉です。ではその腹斜筋をもう少し掘り下げていきましょう

腹斜筋とは

腹斜筋とはお腹の脇にある筋肉で、姿勢の保持や、体を側屈回旋させる役割をします。息を吐く動作にも関与していします。そして更に詳しく見ると、腹斜筋は2つに分かれます。そんなに詳しい情報は必要ない!と思われるかもしれませんが、くびれ作りに最も必要なのは、腹斜筋の2つのうちの1つなので、知っておいてください。

1つは、外腹斜筋。これは表面近くにあるお腹の脇の筋肉で、下方向に走行しています。もう1つは、内腹斜筋。これは外腹斜筋の内側(つまり内臓側)にあり、上方向に走行しています。お互いが逆方向に働くことで、互いの動きを補助しあうようにできています。人体ってすごいですよね。

くびれに関係するのは「外」腹斜筋

くびれに関係してくるのは、「外」の方の腹斜筋で、ここを鍛えることが、くびれ作りに結びつきます。前述のとおり、外腹斜筋は、お腹脇の表面近くにある筋肉です。

ここを鍛えると、内側に、きゅっと締め付けてくれるのです。

さあ外腹斜筋を鍛えましょう!

くびれを作るための最も効率的な方法は、腹斜筋、その中でも特に外腹斜筋を鍛えることだというのは、これでおわかりいただけたと思います。

ではさっそく、実践にうつりましょう。いずれの方法も寝転ぶ必要がありますので、就寝前などに取り入れることをおすすめします。

またどのトレーニングでも、けっして反動を使わないで、ゆっくり行ってください。動作中はつねに、お腹の脇の筋肉を意識していてください。

サイドクランチ

  1. 寝転んで、横になってください
  2. 膝は少し曲がった状態で。上側の手は、頭のうしろにそえるとやりやすいです。なるだけ上半身はまっすぐに。
  3. そのまま上体を上に起こします(体を横に曲げる)
  4. 上げきったら、ゆっくりと元にもどす

15回繰り返す。以上を3セット。

上半身がつねにまっすぐであることに気をつけてください。正しく行えば、お腹の脇の筋肉(腹斜筋)にきいているのが実感できるはずです。

これでは物足りない!実感できない!という方は、下をトライしてみてください。

リバーストランクツイスト

  1. 仰向けに寝て下さい
  2. 両手を横に伸ばして床につける(安定のため)
  3. 両足をくっつけ、まっすぐ伸ばしながら、上に上げます
  4. 垂直まで上がったら、両足をくっつけたままで、そのまま右に倒します
  5. 床につかないぎりぎりまで倒したら、1秒停止
  6. 両足を上に戻します
  7. 今度は反対の左側に倒し、同じように1秒停止

左右各10回繰り返す。以上を2セット。

最初はツライと思うので、ひざを90度に曲げると、もっと楽にできますし、数回でも大丈夫です。地道に回数を増やしていきましょう。

肥大化しないよう気をつけて

女性ならさほど気になさらなくてもいいですが、エスカレートして毎日激しくトレーニングをやりすぎると、筋肉の肥大化につながる可能性もありますので、やりすぎには気をつけてください。

鍛えた男性だと、たまに、見事なシックスパックの脇に、斜めに盛り上がった筋肉がありますが、あれがまさに、外腹斜筋です。

筋肉がつきにくい女性の場合、杞憂だとは思いますが、毎回筋肉痛をともなうような激しさを繰り返すことはおすすめしません。もちろん始めたばかりの頃は、筋肉痛になるのは自然です。

お腹の脂肪を取ることも忘れずに

せっかく美しいくびれを作ったのに、その上に脂肪があったのでは、まったく意味がありません。最新ブランドのシャツの上に、流行遅れのぼろぼろのジャケットをはおっているようなものです。

たっぷんたっぷんした脂肪の下で、見事にウエストがくびれている。でもその美しいくびれが人の目につくことはない・・・なんて笑えないですよね。だからここでは最も効率的にお腹の脂肪をとる方法を考えましょう。

やっぱりあのダイエット方法にいきつく

そもそも、お腹の脂肪を効率的にとる方法はあるのでしょうか?とても残念なことに、脂肪吸引くらいしか、お腹の脂肪だけを取る方法はないのです。

体全体の脂肪が減る→お腹の脂肪も減る というどうしようもなく、動かしがたい現実を、まずは受け止めなくてはなりません、残念ですが(泣)。

つまり、お腹の脂肪を最も効率的に取る方法=体全体の脂肪を最も効率的に取る方法 なのです。では体の脂肪を減らす一番効率的な方法は?

それは糖質制限だというのが、わたしの体験です。

糖質制限

糖質制限ダイエット=炭水化物ダイエットは、たぶんみなさんなら、聞いたことはあるだろうし、試した方も多いと思いますので、詳細は省きます。

要するに炭水化物である、ご飯とか麺類を、食べないことですが、脂肪について誤解の多い方があるので、一点だけ。脂肪は、カロリーや脂質ではなく、糖質(炭水化物)によって、主につきます。

カロリーや脂質が多くても、糖質の少ない食材(例えば焼肉)なら、脂肪にはなりません。いまだに、高カロリー=太る という間違った図式を信じている人が多いので、高糖質=太る という正しい認識に切り替えてください。

わたしも、わたしの周りでも、糖質制限ダイエット(炭水化物ダイエット)は、1,2ヶ月という短期間で、2~5キロという大きな効果が、大きな負担(ストレスやがまん)なく達成でき、またリバウンドもしていないので、おススメします。

痩田筋男痩田筋男

いかがですか?

くびれを作る筋肉をピンポイントで鍛えながら、脂肪も効率的に取るという二段構え作戦、ぜひがんばってください!

執筆者 痩田筋男について

よく読まれているコンテンツ!こちらもチェック!