痩田筋男痩田筋男

夜寝る前に食べるのは止めたほうがいいというのは、ダイエットでなくても常識ですね。食べた直後に昼寝をして、起きたときにお腹に不快感を感じた経験を持つ人も多いと思います。

寝る前に食べることで色々なデメリットがあるのです。

太る

寝る直前に食べると、血糖値が高い状態で睡眠につくことになります。寝ている間、インスリンが放出され続けます。するとどうなるか。まずは、脂肪が分解されるのを妨害しますから、食事の糖分などを中性脂肪へと貯めていきます。つまり太ります。

睡眠の質が落ちる

寝ていても胃を含む内臓が活動的になり、体のエネルギーがその機能のために集中し、眠りのさまたげになります。

胃腸にダメージを与える

胃は空腹時や眠っているときに、自らを洗浄する習慣があります。寝る直前に食べるとこれができないために、胃の中に食べ物が溜まってしまうことがあります。食べた直後に昼寝をして起きた時、胃に不快感があるのは、このためです。

寝る前に食べるのは避けたい

だから寝る際に、お腹がすいたら、我慢するのが一番の得策です。そのまま寝てしまえば、空腹を感じることはありません。たいていは、夜寝る前に歯を磨けば、少しくらいの食欲などは、歯磨き粉のせいで、ふっとんでしまいます。どうしてもというなら、水を飲んではいかがでしょう。

どうしてもお腹がすいたら

しかし、あまりにお腹が空いて眠りにつけないというほど空腹を感じることもあるでしょう。そうしたときには、水では不十分なので、無糖ヨーグルトがおすすめです。味付けもなにもしないで、そのままコップ一杯一気飲みしてしまいます。物足りないならもう1杯でも良いでしょう。

蜂蜜をたらせばボリュームも増します。なければ牛乳でもかまいません。そして歯を磨けば、多少の食欲なら消えることでしょう。歯磨き粉にはなぜか、空腹を感じさせにくくする効果があります。歯磨き粉の成分なのか、歯を磨いた後はモノを食べないというパブロフの犬的な条件反射なのかは定かではありませんが。

これだと、太るものを口にしませんし(多少のはちみつくらいは良いでしょう)、胃腸の負担も少なくて済みます。

強い蒸留酒

お酒好きな人には、ウイスキーをおすすめします。ウイスキーには、脂肪の原因となる糖質が含まれていません。更に、もともとウイスキーにはツマミが合わないので、単体で飲んでも満足感があります。

わずかな量でもストレートで一気飲みすると、喉と胃がカーっと熱くなり、食欲もあまり感じません。ブランデーでもかまいません。

焼酎だとそれほど強くないので、満足感がないか、量を飲む必要があります。ウイスキーならコップの4分の一ほどで充分だと思います。それなら大した量ではないし、ぼーっとするので、睡眠促進効果も期待できます。

欧米ではウイスキーを睡眠導入剤かわりに飲む人も多いようです。これをワインやビールや日本酒にしてしまうと、食欲増進剤として働き、どうしてもツマミが欲しくなりますから、止めたほうがよいでしょう。

食べてもOKな食材

水でもだめ。無糖ヨーグルトでも、ウイスキーのストレートでもだめ。となると、冷蔵庫を開けて物色するしかなくなりますね。それならば、太りにくい、各種の野菜や、チーズや魚肉ソーセージなどがおススメです。

置いてあるなら、スルメなどを齧るのも良いでしょう。インスタントのスープなどもお腹が膨れるかもしれません。ハムやビーフジャーキーなど肉類もおススメです。

NG食材

逆に絶対に避けたほうがいいのは、炭水化物です。炭水化物は、体内脂肪の原因となる糖質の固まりです。間違っても、カップヌードルや、ラーメンや、そうめんとかは、止めましょう。お茶漬けも雑炊も論外です。それならいっそ、ステーキを食べたほうがましかもしれません。

スナック菓子もNGです。甘いものはいうまでもありませんが、ポテトチップスやせんべい類も、原料はイモやもち米なので、炭水化物の量がとても多いからです。夜中は頭がぼうっとして油断しがちですが、気をつけてください。

飲み物は

飲み物は、ベストは水で、それ以外なら無糖のものが良いでしょう。ただし寝る前にカフェインをとると、眠れなくなる人がいますから、ペットボトルのお茶や、紅茶やコーヒーには気をつけてください。

またゼロカロリーでも、コーラゼロやペプシNEXには、カフェインが入っています。寝る前に甘いモノを飲み食いすると、歯を磨いても歯が酸性状態を保ち虫歯になりやすくなりますので気をつけてください。

枕もとのお供

もし、夜起きることが習慣化していて、そのたびに食欲を感じるようであれば、枕元に、水やシュガーレスの飴を置いておくことをおすすめします。飴はノンシュガーではだめです。

シュガーレスは、虫歯の原因となる糖質が入っていないので大丈夫ですが、ノンシュガーは、砂糖は入っていなくても、砂糖以外の糖類が入っているからです。

もちろん、眠りにつきそうな場合は、噛んでしまうか口から出さないと、寝ているときに喉につまるかもしれませんので、気をつけてください。

夜中起きたら

ポイントは、電気をつけない、スマホを見ないことです。一度起き上がったり、スマホや電気のライトを浴びると、再び眠りにつくのが難しくなるからです。

特にスマホには、ブルーライトという、紫外線に限りなく波長の近い、網膜に直接飛び込んでくる有害とされる光を大量に発しますから、寝ぼけまなこの眼に悪いだけでなく、睡眠障害すら引き起こすといわれています。

実際、太陽の少ない北国では、ブルーライトを患者に強引に見せることで、脳を覚醒させ、体内時計を調節する療法もあります。それくらいに、ブルーライトというのは、脳に刺激を与えるのです。

だからひょっとしたら、夜中に眼が覚めるのは、空腹のせいではなくて、寝る直前に見ていた、スマホのブルーライトによる睡眠障害のせいかもしれません。

そうであれば、寝る30分前にはスマホではなく、本を読むと良いかもしれません。スマホよりはテレビの方がマシですが、媒体がどうであれ、食欲を刺激するような内容はおすすめしません。

食欲というのはいい加減なもので、体内の栄養が充分で胃も満腹状態でも、外からの情報で、簡単にスイッチが入ってしまうからです。

どうしてもスマホを見る必要がある場合は、ブルーライトをフィルターする無料アプリがいくつかありますから、インストールすることをおすすめします。

夜中に起きる習慣のある人は、枕元に、スマホ以外の時計、水、シュガーレスの飴をおいてはいかがでしょう。

空腹を楽しむ

しかしそれよりも、ベストな方法があります。空腹を楽しんでしまうのです。寝ぼけまなこで空腹を感じたら、空腹を喜ぶのです。なぜならば、空腹というのは大変なメリットがあるからです。

空腹の効能

空腹には効能がたくさんあります。

免疫力が高まる

免疫力は、白血球の働きにかかっています。白血球の中のマクロファージという細胞は、体内に細菌・ウイルス・死んだ細胞などを、食べて消す役割を負います。

病院などの血液検査では、白血球の数だけを測定しますが、白血球の数が多くても、活動的でない白血球では、意味がないのです。

暗視野顕微鏡で血液を見た人ならわかりますが、白血球というのは、アメーバのように自在に血液の中を動き回ります。主に赤血球の重なりを解いて、サラサラの血にしようと活動していますが、血液内に菌や有害物質が入ると、それを攻撃します。

まるで1つ1つの白血球が意志を持っているように、独特な動きをして仕事をしてくれます。その動き方や速さは、人によってまちまちです。とてもたくさんの白血球があるのに、動かないものばかりである人もありますし、逆に少数なのに活発に動く白血球を有する人もいます。

一度機会があれば、ご自分の血液を肉眼で見ることを強くおすすめします。血がどろどろの人は、本当に赤血球がいたるところで重なっています。きれいな人は、赤血球の重なりは、ほとんど見当たりません。

そしてなんといっても白血球の動きの違いに、驚かれると思います。人によって、活動的であったり、死んだように動かなかったりと、差が激しいのです。

空腹になると、血液中の栄養分が少なくなり、白血球中のマクロファージも、空腹になります。すると、お腹のすいたマクロファージは、悪いもの(菌・ウイルス・死んだ細胞)を一生懸命に探して食べるようになります。

だから空腹になると、免疫力が上がるのです。

空腹で良い夢を

空腹なときは、体の中の細菌やウイルスや老廃物が、消滅しているのだと思って下さい。逆に満腹だと白血球の動きが半分にまで低下してしまい免疫力が低下します。

夜中に空腹を感じたときは、「ああ、今からだの中が細胞単位で浄化されているのだなあ」と喜んでください。そのまま何も食べず、いい夢が見られるかもしれませんよ。

執筆者 痩田筋男について