痩田筋男痩田筋男

酵素ダイエットって聞いたことありますか?酵素というと、体にとってとても大事なものだというイメージがある人も多いと思います。酵素とダイエットは結びつくのでしょうか。
まずは酵素とは何か探っていきましょう。

酵素とは

酵素は分子です。自然界には何万種類もあり、体内にも何千種類もの酵素があります。酵素1種類つき、働きは1つです。

食べたモノの内臓での消化・分解・吸収・排泄だけでなく、運動に必要な筋肉や骨の動き、呼吸、脳による思考や判断などなど、とにかく人間が生きていくために必要な活動は、すべて酵素がコントロールしています。

人体にとってDNAが設計図であるならば、酵素は工具であるといわれます。酵素は人体の源である分子です。

酵素の種類

酵素の中には、消化酵素グループと、代謝酵素グループに属するものがあります。

消化酵素は、食べたモノを消化する酵素です。代表的なものは唾液や胃液に含まれるアミラーゼで、食べた栄養素のうちの炭水化物をブトウ糖に分解して消化しやすくします。

口の中でお米をかんでいるとだんだん甘くなるのは、唾液に含まれる酵素(アミラーゼ)がお米の炭水化物を分解して、ブドウ糖に変えているからです。

他にもたんぱく質をアミノ酸に分解する、胃の下部にあるペプシンという酵素。脂肪を、脂肪酸とグリセロールに分解するリパーゼという酵素。他にも乳製品にはレンニン、乳糖にはラクターゼ、麦芽糖にはマルターゼ、ショ糖にはスクラーゼなどなど、様々な種類の酵素が、それぞれの栄養素の消化を請け負っています。

代謝酵素とは

代謝酵素とは、細胞内部やその周囲で働く酵素です。体の中で起きる化学反応を促す触媒をします。その主な役割は以下の3つです。

  1. 上に書いたような酵素によって消化され吸収された栄養を、体中の細胞に届けること
  2. 有害物質を汗や尿の中に排出すること。デトックス
  3. 体の悪い部分を直す

ダイエットに関する部分は、代謝酵素の役割の1.に当たるわけです。

酵素ダイエットとは

代謝を上げると、エネルギー消費率が増えるわけですから、より多くのカロリーを消費するようになります。ですからいくつかのダイエットは、代謝を上げることを目標にします。

運動と食事制限がダイエットの王道ですが、最近では筋トレが脚光を浴びているのは、トレーニングにより筋肉を増やすと、筋肉のエネルギー消費が増えるので、代謝が上がるからです。

また代謝を上げるために、規則正しい生活をして体温を上げたり、ストレッチをして全身の血流やリンパの流れを良くしたり、有酸化運動をして肺活量を上げたりと、さまざまな方法が紹介されています。

すべて基礎代謝を上げるための手段です。そこに加わるのが、代謝酵素を増やして、基礎代謝を上げようという手法です。これがいわゆる酵素ダイエットといわれるものです。

酵素ダイエットは本当に効くのか

さてここまでは、わたしも同意しますし、筋も通っています。ただし、この先、いわゆる酵素ダイエットでは、酵素入りのサプリや食材を食べることを勧めていますが、どうでしょう。ここからは本音で追求していきたいと思います。

酵素ダイエットは効かない(個人的見解)

酵素ダイエットの考えのもとは、こうです。

  1. 体内には代謝酵素という、代謝の働きを管理する酵素が多種類ある。
  2. だからそれらの代謝酵素を増やせば、基礎代謝が上がり、痩せやすい体になる。
  3. そこで代謝酵素が豊富なサプリや食材を食べよう。

1と2は、その通りだと思います。が、3には大いに疑問があります。

迷信

かつて未開の地では、勇者の心臓を食べることで、自分も勇者になれると信じられてきました。同じ理屈で、性欲の強い動物のペニスを粉にした精力剤が、現在でも売られています。

かつては、コラーゲンを食べればそのまま肌のコラーゲンになると信じられていたこともありますし、ワカメは髪の毛っぽいので育毛のためにワカメを食べろといわれていたことすらあったのです。

一見すると、心臓を食べれば心臓が強くなる、魚の骨を食べれば自分の骨も強くなるといった構図はわかりやすく、それなりに説得力を持ったりします。しかし、それらは迷信にすぎません。

食べたものがそのまま自分の一部になるわけではないのです。

酵素を食べたり飲んだりしても、体内で酵素にはならない

酵素に話を戻します。酵素を摂取したら、それがそのまま体内で酵素になるということはありません。酵素はたんぱく質でできています。

それらを食べたり飲んだりしても、胃腸で分解され消化されアミノ酸単位になって吸収されるのです。専門的に詳しく書いたほうが良いと思うので、ウィキペディアの「酵素」のページから以下に引用します。

タンパク質を食べると、胃と小腸の管腔内で、そのアミノ酸のつながり(タンパク質)が切断され、さらに、小腸粘膜上皮細胞の細胞膜の一部である微絨毛へと移行をし、膜消化を受けなければならない。この微絨毛とは、小腸上皮粘膜細胞1個あたり約600本密生しており、管腔内消化を終えた栄養素は、この部分に存在する膜消化酵素によりアミノ酸一個から、二、三個までの小ささに、細かく切断されてのち、はじめて、小腸上皮細胞内に取り込まれる。それと同じように、タンパク質である酵素も、食べれば体内でアミノ酸単位に分解されないと、吸収されない。つまり、経口で酵素を摂取した場合、「酵素」の形のまま体の中で働くことはない。

いかがでしょうか。つまり、酵素を食べたり飲んだりしても、酵素として体の中では機能しない、ということです。

わたしはこれが真実だと思います。

酵素ダイエットはまったくの無意味か

では酵素ダイエットがまったく意味のない行為かというと、わたしはそうは思いません。なぜなら、酵素ダイエットで推奨される食べ物や飲み物は、サプリメントを除けば、もともと体に良いものばかりだからです。

酵素を飲み食いして体の酵素の足しにするという、酵素ダイエットの本来の主張とはかけ離れますが、体に良いものを食べるという行為は、とてもいいことだと思います。

また、酵素ダイエットに含まれる、プチ断食(ファスティング)も、酵素は関係なしに、昔からデトックス作用があると言われています。

酵素ダイエットですすめられる食材

発酵物には酵素が多く含まれるので、納豆や乳製品などが、酵素ダイエットでは推奨されます。また生野菜や果物、もしくはそれらの手作りジュースもビタミンとミネラルの宝庫です。

これらは酵素ダイエットとして薦められなくても、ふつうに体に良いものです。

おススメは手作りドリンク

市販の酵素ドリンクではなく、手作りをおすすめします。酵素ダイエットでは、酵素を保護するために低速ジューサーが推奨されますが、これは酵素とは関係なしに、栄養にも良いことです。

通常のジューサーは歯が高速回転し、空気と野菜を混ぜ合わせて、ビタミンA,C,Eなど抗酸化力がある栄養素は、空気に触れるほど、酸化されてしまうからです。

また高速回転する刃が、野菜や果物を粉砕する際、摩擦熱が発生し、瞬間的に野菜や果物は50度近い温度になり、熱に弱いビタミンCやビタミンB1などはダメージを受けます。

酵素ドリンクが普通のジュースと違うのは、ここから保管して発酵させる作業が入ります。レシピは発酵ジュースで探せば、クックパッドや楽天レシピにたくさんあるので試して下さい。

プチ断食(ファスティング)の利点

もともと短期間の断食は、デトックスやメンタル面で、非常に良い効果があると、昔からいわれてきました。わたしの知り合いにも経験者がいますが、たしかに断食中はつらいが、終わったあとは、体が中から洗われた感じがして、すごいスッキリ感があるといいます。

プチ断食のメリットは以下です。ちなみに断食中はまったく飲み食いしないわけではなく、生活に支障のない程度で、水や自作スープなどを口にするのが普通です。

  1. デトックス
  2. 内臓を休める
  3. 基礎代謝を上げる

わたしたちの内臓は起きていても寝ていても、中に食べ物がある限り、常に動き働き続けています。

負担をかける食べ物がほとんどなければ、内臓はゆっくり休めるわけですし、普段はなかなか出てこない宿便も排出することができるのです。

すると腸の中がキレイになりますから、腸機能が回復し、栄養の吸収率が向上し、代謝が上がり、痩せやすい体を手に入れることができるのです。

酵素ダイエットの断食

酵素ダイエットで薦められる断食(ファスティング)も、普通の断食と同じ、たいてい3日間程度の断食です。

通常の断食は水と簡単なスープで3日間をすごしますが、酵素ダイエットのファスティングは、酵素ドリンクのみというところが異なります。

ネットにはファスティングドリンクと称した商品が溢れていますので、断食中に口にするスープなどを作るのが面倒だったり、栄養不足で倒れたりするのが心配な方は、それらの利用も考えてみて下さい。

断食のデメリット

リバウンドがかなりの確率でおこります。真相は定かではありませんが、歯が抜けた、栄養失調で入院、低血糖で昏睡状態などぶっそうな話もあるようです。専門家の指導の下でやることをおすすめします。
執筆者 痩田筋男について