コンプレッションウェア口コミ4私が初めてコンプレッションウェアを利用したのは5年ほど前になります。私はウォーキングやハイキング、登山などの歩くアウトドアを趣味の一つにしていますが、いわゆるアウトドア仲間の一人からコンプレッションウェアの優位性を聞いてから、自分でも使ってみようと思ったのがコンプレッションウェアを使い始めた動機です。最近ではかなり広範囲のスポーツの分野で利用されているコンプレッションウェアですが、今のようなブームになる前にはジョギングや登山をする人を中心に利用されていたくらいでした。

私もある程度の年齢になってからはウォーキングや登山の後にヒザや股関節などにダメージが残ることがありましたので、コンプレッションウェアを使う前から、ヒザのサポーターや股関節を保護するタイプのサポーターなどを利用することがあったので、コンプレッションウェアに対する違和感は初めからあまり持っていませんでした。

初めのうちは効果に疑問を感じながら使用していました。しかし、使ってみると使っている最中にはあまり効果を感じることはありませんが、ヒザや股関節はもちろんのことふくらはぎや太ももの筋肉などの少し後でダメージを感じる個所のダメージが明らかに軽減されていることがわかりました。もちろん、ウォーキングや登山時のコンディションも影響している可能性は否定できませんが、コンプレッションウェアを使用してからの方が全体的にダメージが小さくなったと思います。

最近ではコンプレッションウェアのブームとなっているようで、ウォーキングや登山ではコンプレッションウェアを利用していない人が少ないくらいになりましたし、さらに高機能のコンプレッションウェアも発売されています。コンプレッションウェアをずっと使い続けていますが、以前は圧力の弱いタイプのコンプレッションウェアでしたが、最近では圧力の強い目でテーピング効果もあるタイプのコンプレッションウェアを利用しています。私にとってはすでにコンプレッションウェアは欠かせないものになっています。

管理人監修の「コンプレッションウェア」総括記事はこちら!