ダイエット時の空腹の口コミ4ダイエット時に起きる空腹をしのぐ手段は、たったひとつしかありません。それはよく食べることです。と言っても、肉や魚、お米をたくさん食べると空腹は解消出来ますが、太ってしまうのでダイエットをする意味がなくなります。ではどうするのか、答えは簡単です。

たくさん食べても太らない物を食べればいいのです。そんな都合のいい食べ物があるのか、そう思われる方もいるでしょう。

実は、探せばこの手の食べ物はいっぱいあります。その代表と言える食べ物が、こんにゃくです。こんにゃくはカロリーが非常に低いので、いくら食べてもほとんど太ることがありません。

その上、こんにゃくそのものには味がないので、煮たり炊いたりする時に、いくらでも好みの味をつけることができます。

こんにゃくそのものも、固まっている板のこんにゃく、すきやきなどに使う糸のこんにゃく、ぺらぺらのさしみこんにゃくなど、色々な種類のこんにゃくがあるので、なかなか食べ飽きることがありません。

なので、空腹に苦しむならこんにゃくを食べて空腹をごまかすといいでしょう。私がダイエットをした時も、こんにゃくにはお世話になりました。

私は夜型の人間なので、どうしても夜中になると空腹を感じます。

夜間に何かを食べると、昼間何かを食べるより太りやすいので、何も食べずに我慢するのが一番いいのですが、意志の弱い私はついついこんにゃくを食べてしまいます。

主にさしみこんにゃくやそうめんこんにゃくなど、生で食べられる上にカロリーの低い物を食べていたので、夜に食べても太ることはなく、順調にダイエットをすることができました。

もし、夜に高カロリーの物を食べていたら、こうは上手くいかなかったでしょう。なので、私の経験から言わせてもらいますが、夜中に空腹を感じたら我慢して何も口にしないのではなく、こんにゃくを食べて空腹をしのいたほうがいいです。

別に低カロリーであればこんにゃく以外のものを食べてもいいのですが、特にこだわりの低カロリー食品がないなら、身近な食べ物であるこんにゃくを選んだ方がいいでしょう。

管理人監修の「ダイエット時の空腹について」総括記事はこちら!