ダイエット時の空腹の口コミ7小腹が空くという言葉がありますが、ダイエット中の空腹は小さな可愛さなんてどこにもなく辛いもの。何が辛いかってお腹が減ったと感じるときに食べるものが何もなく、「我慢を強いられる」ことです。我慢した結果、暴飲暴食でリバウンド。よく耳にします、私もそうでした。

じゃあ我慢しなければ良いということで、コンビニでも簡単に手に入るような、ジップロック式のお菓子を常備するようにしました。茎わかめや、ドライフルーツ系。なるべく栄養価は高いもの。カロリーはある程度ありますが、どうせ自分の体に入るならビタミンやミネラルなど成分に注目した方が良いです。これは継続しました。しましたが、美味しいので短時間ですぐに食べきってしまうのです。ジップロック式の意味無しです。経験済みの方も多いのではと思います。

食べることを自分でストップできているなら初めからダイエットで苦労なんてしませんもんね。結局1日に2袋以上の消費になりコスパも高いしスナック一袋のカロリー摂取と変わらない結果に…。(お菓子から栄養価の高いものに変えたので肌荒れは改善されましたが)。食べる、食べないに固執した結果でした。でも食べたい。何か忘れてないかな。忘れていました。それが「水分」です。気をつけて小まめに取っているという方もいるかもしれませんが、何で取っているかが重要です。

眠気も誘う午後の休憩時間ってコーヒーや紅茶など、色付き味付きのものって飲みたくなりますよね。確かに水分は取れているかもしれませんが、経験談から水がオススメです。それもただの水ではなく「白湯」なんです。小腹が空いた時にはコンビニで買った栄養価の高いジップロック系お菓子と一緒に必ず常温の水か白湯を摂取するようにしました。

量は1回300mlを1日に3回の分量で。オススメは朝起きた直後の朝ごはんを食べる前と、お昼はすきなタイミングで、夜は食事をした後や寝る前に。これで便秘も改善され肌荒れも一気に消えました。常温の水や、特に「白湯」には日々の食事で食道や腸内にこびりついた食べかすや汚れを流してくれる効果があるのだそうです。

流石に一日中味無しのドリンクは飽きるので合間にコーヒーやジュースも挟みますが、水だけですでに1L近く摂取しているのでそこまで欲することもなく余計な出費も減りました。白湯だとお湯を沸かすだけなのでお茶を作るより簡単で時間のない朝も水筒に入れて職場に持って行っています。小腹が空いたら、食事と水分をバランスよく。基本的なことかもしれませんが内容を見直すだけで効果てきめんです。

管理人監修の「ダイエット時の空腹について」総括記事はこちら!