ダイエットの停滞期の口コミ5ダイエットを経験したことがある方なら体重がどんどん減っていく時期を経て急に同じ生活をして頑張っているのに全然体重が減らなくなってしまったという事を体験したことがあると思います。

これが、ダイエットの停滞期なのです。人間の身体には元々防衛本能が備わっています、仮に栄養が摂れなくてもある程度は身体が調整して最低限のエネルギーで身体を動かし最低限のエネルギーからカロリーを最大限に摂取するように出来ているのです。

この機能をホメオスタシス機能というのですが、食事を摂った時のエネルギーの吸収率や運動した時のカロリー消費量までもが命の危機に陥らない様に調整されてしまいます。

本来ならば飢饉や飢餓から命の危機を守ってくれる大切で有り難い機能なのですが、ダイエット中の人からすればちょっと困った機能になります。

何より、人間は結果が見えないとやる気が出なくなる生き物で今までは数字で体重の減りが確認できていたから何とか辛いダイエット生活にも耐えていけたのですが、停滞期には体重の減りが確認できない事でやり方が間違っているのかなどと不安になったりこんなに食べていないのに痩せないなんてとイライラしたりしてダイエットを中止してしまうことになりがちです。

しかし、ここで諦めてしまっては最初に頑張った自分の努力が無駄になってしまいます。大丈夫、停滞期は必ず抜ける時が来るのです。停滞期がどのくらい続くのかという事についてはかなり個人差があり一概には言えないのですが平均して一か月程度と言われています。

意外に長いですよね、しかしこれは、あなたの身体がこの栄養量では足りないのではなくて正常の量でこの運動量でも私の身体は大丈夫なのだと判断するまでの時間なのです。身体を守るために慎重に考えてくれていると考えると少し有り難いですね。

停滞期中には、今まで続けてきた食事量をキープして栄養成分もたっぷり摂取しましょう。根気がいる時間になりますが、出来るだけ深刻に考えずそのうち停滞期を抜けられるかな位の気楽な気持ちでストレスを溜めない事が停滞期をうまく乗り越えるコツです。

管理人監修の「ダイエットと停滞期について」総括記事はこちら!