腹筋を割る口コミ3引き締まった体の中でも、特に腹筋が六つに分かれたシックスパックは憧れますよね。

そんな、日々トレーニングに励む方達が憧れる理想のシックスパックはどうすれば手に入るのでしょうか?

僕が実践しているトレーニング方法を交えながら述べていきます。

シックスパックとはどういうものか?

まず、そもそも腹筋というのは元々六つに分かれていて、シックスパックは誰もが備えているものなんです。

では、シックスパックが見えるようにするにはどうすればいいか?

方法は大きく分けて二つあり『腹筋を大きくして浮き立たせる』か『お腹の脂肪を減らして腹筋を浮かせる』かのどちらかなんです。

理論としては簡単で、この二点を意識しながらトレーニングを行うのが効果的です。

トレーニングメニュー

僕が行っているトレーニングメニューは‥。

・腹筋を大きくするトレーニング
『スクワット50回×3セット』
『サイドクランチ30回×3セット』
『腹筋ローラー20回×3セット』

・脂肪を燃焼させるトレーニング
『ランニング10㎞』です。

これらを週5日行っていて、週2日はトレーニングを休んでいます。

また、あまり調子が乗らない時は、スクワットとサイドクランチだけやって切り上げたりしています。

ランニングも調子が出ないと5㎞程度で切り上げます。

どれだけ数をこなしても、気持ちが入っていないとフォームが乱れていたり適当になってしまい、しっかりした効果が得られません。

数よりも内容を重視しています。

これらは全て自宅にいながらでも行えます。

腹筋ローラー

僕が腹筋を鍛えるのに、唯一使ってる道具が腹筋ローラー(正式名は分かりませんが‥)です。

四つん這いでコロコロ転がしているんですが、見た目以上にキツイです。

最初のうちは、膝をついた状態で10回転がしただけでも、翌日腹筋が痛くなりました。

慣れてくると、膝をつかずにつま先立ちの状態で20回3セットできるようになりました。

おすすめです。

腹筋は体の中心となる筋肉で、他の部位よりもトレーニングの効果がなかなか現われにくい場所です。

できれば、腹筋ピンポイントで鍛えるよりも他の部分と一緒に総合的に鍛えた方が良いです。

重要なのは、やはり毎日の継続ですね。

日々のトレーニングの繰り返しの成果が、美しいシックスパックになります。

管理人監修の「腹筋を割る」総括記事はこちら!