腹筋を割る口コミ7腹筋を割るには、本格的に筋トレするのが1番です。特にシックスパックを作るなら、ダラダラと筋トレしていても無理があります。私は腹筋が割れていた時は、毎晩100回近く腹筋をしていました。

元々、腹筋を割るのが目的ではなかったのですが、体型維持の為に始めたダンスで、筋トレが必須であったのと、毎日やらないとすぐに筋肉が衰えてしまう感覚があったからです。ダンスでは腹筋に力を入れる場面が多々あります。腹筋が鍛えられていないと、軸がしっかりしないので、ターンするにも綺麗に回れないし、だらしない印象になります。腹筋が鍛えられてこそ、ダンスも美しく見えるのです。単に振りだけ踊れても、必要な筋肉がついていなければ、全く違うものが出来上がってしまうのです。

その為にも腹筋を鍛える事が必要だったわけですが、腹筋を割る為に効果的な筋トレのやり方は、まず通常通り両足の膝を折って立て、8回腹筋をします。次に両足を揃えて膝下が地面に平行になるようにあげて8回行います。そのあと、両足を揃えて天井に向けて伸ばし、8回腹筋します。そして、両足を天井に向けたまま開脚状態にし、8回腹筋をします。ここまできたら、あとは足を戻していきながら、8回づつ腹筋を行い、合計72回の腹筋を行います。

次は静かに腹筋を鍛えます。両足をまっすぐ前に伸ばした状態から腹筋を使って、両足を少しづつ地面から上げていきます。この時、上体は後ろに少し倒れても問題ありません。お尻の一点でバランスを取るような体勢ができたら、ここから両手を前に伸ばし、その両手を上下に振ります。これを8×4セット行います。静かな腹筋ですが、腹筋によく力が入るので、思っている以上に鍛えられます。

さらに、ここからもっと厳しい腹筋を追加したければ、両手を頭の後ろに置き、両足は膝下を曲げた状態から地面から離し、上体を左右に捻る腹筋を行います。ここまでくると、かなり腹筋がヒクヒクしてきますので、体全体が無駄に大きく動かないよう、腹筋だけに気を配った筋トレをする事で、効率よく腹筋を割る事ができます。

管理人監修の「腹筋を割る」総括記事はこちら!