太ももを細くする方法の口コミ5話によると、太ももの脂肪は付きやすく、落としにくいだそうです。女性の場合は特にそうです。私自身も下半身太りで冷え性と言った、女性にありがちな体質です。しかし、二年ぐらい前からどうにかして足、特に足を細くできないかを色々と考えた結果、自分が良いと思った三つのことを組み合わせて取り組んでみました。さすがに元の体質のこともありモデル並みの足になれたわけではありませんが、何もやっていなかったときに比べて、明らかに目に見える結果は出ていると思っています。

テレビで以前、太ももの筋肉を家の中で簡単に鍛えるための筋トレが紹介されていたのを覚えています。それはスクワットに似ているのですが、バレーの「二番」、つまり肩幅ぐらいに両脚を床の上で開き、床についている足はできるだけ外に向けます。無理に180度開く必要はありません。そしてゆっくり、最初はバランスをとるためにテーブルやソファの端にでも手を軽く添えながらプリエ、つまり脚を曲げて行きます。このときは息を吐いて行きます。フルに曲げきった後はまたゆっくり息を吸いながら上に戻って行きます。これを私は一日に30回ぐらいやるようにしています。

そして、時間があるときには公園で軽いジョギングを三十分から一時間ぐらいします。最初のうちは苦しいので、必要なときには休んで歩きながらで大丈夫です。筋トレの後に有酸素運動をすることにより、身体の乳酸が発散されて、疲れにくく、痩せやすくなるそうです。走り終わった後は脚の筋肉を伸ばすためのストレッチをやり、その後に両手で太ももを片方ずつ丁寧にマッサージしていきます。マッサージの仕方にそこまでこだわりはないのですが、私の場合はとくに両手の親指に重心を置いて膝から脚の付け根の方向へウニウニと太ももを押すようにしてマッサージしています。気持ち良いですし、ランニングの後には筋肉がほぐれて良いものです。ランニングをする時間がない場合は先ほど話したバレー風のプリエの後にマッサージをします。

実際第三者から見てどれぐらい太ももが細くなったかは不明ですが、自分ではそれなりに細くなったと自覚が持ててはいるので、今までよりもう少し短いスカートに挑戦することができています。もしかしたら自分の脚と毎日見合っているうちに自分の太い脚を見慣れてしまったから細くなった錯覚に陥ってしまっているのかもしれませんが(笑)。少なくても脚の健康のためには大いに役立っていると思います。これからもバレリーナになった後マラソン選手になり、セルフマッサージで太ももの手入れをして行きたいと思います。

管理人監修の「太ももを細くする方法について」総括記事はこちら!