太りにくい身体の口コミ6私は現在40代を越え、一時期はかなりお腹周りが気になるような体型をしていました。仕事に関しては結構夜遅くまで残業があり、夕食が遅くなることもしばしばありました。

自分の体を太りにくい体質にするためには、やはり食事の取り方に気をつけることが一番であると思います。ダイエットをする為に、継続的に運動、例えばウォーキングやランニングなどは非常に効果的であると思います。

しかしながら、こういった運動をすると、筋肉が付き出し体が締まっていく傾向にある反面、運動を辞めてしまうと一気にリバウンドという傾向にもあるのです。

筋肉は鍛え続けるからこそいいのであって、それを辞めてしまうと脂肪に変わっていくものなのです。こういったことを考えますと、食事による自然な療法が長い目で見ると効果があると思います。

まず、自分の太った体はどれくらいの年月をかけて今に至っているのかを考えてみましょう。恐らく、急激に体重が増えたということはあまり例としてはないでしょう。

そう考えますと、減量していくのも、急激ではなくて時間をかけ、無理のないようにしていくことが大切であると考えます。

食事に気をつけていくということは、まず暴飲暴食を止めることが第一です。食事は朝昼晩と、きっちり適量を取るようにし、極力間食を辞めて、常に少し空腹でいる状態がベストであると思います。

この状態を継続すると、自然と胃の大きさが変わってきて、適量で満腹感を得ることができるでしょう。

あとは、やはり食べ合わせになってくると思います。どうしても、炭水化物を多く取ってしまうと顕著に体重に表れてくるようです。

お勧めは、高タンパク低カロリーの食材、例えば鳥のムネ肉などはおすすめです。私もほぼ毎日、鶏胸肉は食べているのですが、非常に満腹感を得ることができます。サラダなどと合わせて食するのもおすすめですね。

みなさんの体に合わせた食生活をすることがおすすめなのですが、焦らずゆっくりと時間をかけていくことも大切であると思います。

管理人監修の「太りにくい身体について」総括記事はこちら!