下っ腹ダイエット口コミ2下腹部ダイエットは、筋肉をつけることと、体脂肪を減らすことを意識して、運動しています。人は運動する時、息を吸いながら動かすと、筋肉がついて、吐きながら動かすと脂肪を燃焼するという話をスポーツインストラクターの方から聞いて、実践しています。

ここで、私が実践していた、筋トレ方法をお教えします。まず、床に座って、足を伸ばします。足が曲がらないようにゆっくりと上げていきます。そのまま90度になるまであげたら、ゆっくり下げていきます。コツは呼吸を止めないことです。運動しながら、吸ったり吐いたりすることで、筋肉をつけ、体脂肪を減らすという両方の効果が得られるのです。そもそもなぜ下腹部がポッコリでてくるのかというと、内臓を支える筋力が落ちているからなのです。また、下腹部についた脂肪を減らすことも大切です。支える筋力を鍛えるには、横腹筋を鍛えることが大切です。

これは日ごろから意識することが、もっとも重要で、歩くときや座っているときに、おなかをへっこます方法です。つぎに、低カロリーで高たんぱく質の食事をすることです。筋肉がつきやすいので本当に食べるものには気を付けたほうがいいと思います。話は変わりますが、私の父の話です。私の父は、スタイルがよく、まったく太っていません。しかし、お腹だけはポッコリでていました。運動もしているのに、年かな。なんて話をしていました。そんな父は昨今の禁煙ブームにのり、喫煙を控えるようになりました。

すると、固く張っていたお腹がみるみるへこんでいきました。そして、お腹が柔らかくなったのです。筋肉でなく、お腹が張っていて、固い場合は生活習慣を見直してみると、いいかもしれません。次に、それでもお腹がへっこまないときは骨盤が原因かもしれません。骨盤が歪んでいると正常に下腹部が機能しないことがあります。

ベルトをつかうと簡単ですが、なくても運動で改善できます。まず、床に仰向けに寝ます。足をまげて、90度にします。そして、足を曲げたまま左右に足を振ります。これらの方法ぜひ試して見てください。

管理人監修の「下っ腹ダイエット」総括記事はこちら!