酵素ダイエットの体験談・口コミ1030代初めで妊娠・出産をした際、一挙に便秘体質になってしまいました。それまでは割と快調だったのですが、数日に一度くらいの頻度になってしまい、お腹はガスの膨張感でいつも不快にポッコリしていました。

出産を機に便秘になってしまう女性は多いと聞いたのですが、どうやって改善したらいいものかと授乳をしながら悩みました。そしてある時、親戚に「生の野菜や果物を食べてる?身体の中に、酵素が足りていないんじゃないの」という指摘を受けたのです。

そういえば…妊娠中に、トクソプラズマ症感染回避の視点から、生の食物は極力避けるように、と産婦人科医に言われ、温野菜ばかり食べるのが普通になっていました。果物はほとんど興味がなかったくらいで、私の食生活は「よくよく加熱されたもの」だけだったのです。

生野菜ならもう食べても大丈夫だろう、と久しぶりに作ったサラダがとても美味しかったのを覚えています。その勢いで、ベビーカーを押して近所の産直市場に繰り出すようになり、旬の野菜や果物を少しずつ食生活に取り入れていきました。

その頃は青汁や、酵素サプリなどのブームが出始めだったと思うのですが、私の場合は食材で酵素を取り入れはじめたのです。

ようやく体内に再供給されるようになった酵素が効いたのか、あるいは頻繁な散歩での運動が効いたのか。少しずつお腹の調子が戻って行き、最後のトドメでお茶や水をたくさん飲むように心掛けると、毎日のお通じ習慣が復活しました。

悩まされていたポッコリお腹も次第にすんなりと平らになって行き、だいたい産後半年ほどで、自分で納得できる体型を回復できたのです。さほど意識したわけではないのですが、長期間をかけてゆるやかに酵素ダイエットに成功できた例、と言えるでしょう。

その後も生の農産物を食べる習慣は私の生活に定着し、お通じに関してはほぼ問題なく過ごせています。コールスローやにんじんサラダなど、作り置きのきく生野菜料理のレパートリーを増やしておくと、とても効率よく献立に組み入れることができるのでオススメです。

管理人監修の「酵素ダイエットの効果は?」総括記事はこちら!