ダイエットと食事の体験談・口コミ4ダイエットをしたいと願う人は多いです。何回もチャレンジしている方もたくさんいます。しかし、結局のところ失敗を繰り返してしまう。

減量できたと思い、気を抜いてしまったら、いつの間にかリバウンドしてしまった。こんな方もまた多いのではないでしょうか。どうして何回も失敗してしまうのでしょうか。

原因はどこにあるのでしょうか。失敗を繰り返している方は真剣になってこれまで原因はどこにあるのか考えたことはあるでしょうか。結局のところ食べる量の多さ、少なさが原因のすべてではないでしょうか。

ダイエットに大きな効果があるサプリメントを飲んでも、食べ過ぎ、飽食の習慣を改めなければダイエットはなかなかできません。

では、具体的に食べる量をどのように減らしていくのが一番ダイエット成功への近道なのでしょうか。ちょっとだけ私の体験を紹介します。現在51歳の中年男性です。

49歳の時、睡眠時無呼吸症候群と診断されました。医師から減量するよう言われました。睡眠時無呼吸症候群は放置していれば、それ自体こわい病気です。そのうえ、糖尿病や脳卒中など合併症もあります。

生死を左右する病気になってしまいました。真剣にダイエットに取り組まなければいけません。そこで、日頃の食事量の見直しから始めました。間食、夜食を結構していました。

仕事で忙しい毎日を過ごしている中年男性はどうしても間食や夜食を食べてしまうものです。その間食や夜食で何を食べていますか。間食にスイーツのような甘いもの。コーヒーや紅茶に白砂糖をどっさり入れていませんか。

深夜まで仕事をしなくてはいけない。夕食に店屋物を頼んだけど、また腹が減ってしまった。会社の近くのコンビニでカップラーメンを買ってきて食べる。よくありがちな光景です。

私もそうでした。スイーツ、白砂糖、店屋物、カップラーメン。共通するものがあります。糖質ですね。

糖質制限食についてはいろいろ言われているのでご承知の方も多いでしょう。間食や夜食で何を食べていますか。糖質をたくさん含んでいるならそこから始めてみてください。

一気に食べるのをやめるのではなく、ゆっくり確実に減らしていくことを継続してください。お金をかけずだれでも食事量を減らしていくことができ、ダイエットできます。私の場合2年で15キロ減量できました。

睡眠時無呼吸症候群の症状も軽くなりました。日頃何を食べているかを再検討することがダイエット成功のすべての鍵であるといえます。是非、調べてください。

管理人監修の「食事とダイエットについて」総括記事はこちら!