ながらダイエットの口コミ9何でも長く続かない、面倒臭がりな私が行っているながらダイエットは、テレビを見ながらのスクワットダイエットです。片手間で行える道具を使わずに済む運動法なら何でもよかったのですが、10代の頃に使用していたズボンが履けなくなるなど、最近下半身の太り具合が顕著にみられるようになってきたので、下半身のシェイプアップを目指してスクワットを選びました。

ダイエットを行うにあたり、スクワットのやり方を一通りネットで調べてみた所、今まで自分が行ってきたものが、実はスクワットではなかったのだと知りました。単純な動さに見えて存外奥が深いもので、ただしゃがんだりたったりを繰り返すだけでは、膝や腰を傷めるだけで、効果的な筋肉のトレーニングにはならないのだそうです。

足はつま先を前にして肩幅に開き、腕は肩の位置で前に伸ばして固定し、背筋を曲げないようにしながら、腰を落としていくというのがスクワットの基本形だとネットにはありました。膝を曲げる時に膝が前に出てしまうのはNGで、立ち上がる時には、膝まで完全に伸ばさないのが良いとのことです。

膝と腰の位置に注意しながらしゃがむようにすると、カエルに似た格好にはならず、ちょうど空気椅子のようなポーズになるのですが、これがなかなか辛いです。太ももとふくらはぎの辺りがビリビリときて、とても効いているなという感じがします。

体勢に慣れるまでは、自分の姿を鏡を見て確認しながら行い、しばらく続けてから、テレビを見ながらの運動に切り替えました。動作はゆっくりと行うのが良いそうなので、15秒や30秒といったCMを利用しながら、時間を測りつつ取り組むこともあります。

10回も繰り返せば大分足が疲れてくるので、だるいなと感じた時には無理をせず止めて、テレビを見ながら一休みするのが習慣です。テレビの方に気が集中すると、足の痛みが気にならなくなってくるので、そうしたらまたスクワットを再開したりもしています。3カ月ばかりそんな生活を続けた結果、なんとなくふくらはぎが締まってきたようだという手ごたえを感じ始めました。

管理人監修の「ながらダイエットの提案と考察。」総括記事はこちら!