縄跳びダイエットの口コミ3最近、私は長年やろうと思っていた禁煙をやっとの思いで実現し、3ヶ月が経過しました。タバコを吸いたいとの欲求に打ち勝ち、最近では吸いたいとも思うことがないほどタバコ離れに成功することができて満足しています。

が、その反面で悪いことも。毎日の食事が非常に美味しく感じるようになり、必要以上に食べ過ぎてしまうような日々が続き、見る見るうちにふっくら体系に変身してしまいました。体重計はその現実を冷ややかに数値化してくれる怖いマシンであり、禁煙をする前に比べて10キロアップという事実のみを突き付けてきました。

見かねた妻がインターネットで得た知識をもとに、100円ショップで購入した縄跳びを手に「これで痩せなさい!」とのお達しがくだり縄跳びダイエットがスタートしました。

「縄跳びくらい簡単にできる」と子供のころのイメージで考えていましたが、40歳になり体重も増え、脚力も衰えた体でひたすらにジャンプするのは思った以上にできるものではありませんでした。飛ぶたびにお腹の肉が揺れ、それが飛びにくさを増長します。

昔だったらいつまででも飛べていたはずなのに、50回も飛ぶとふくらはぎの筋肉が悲鳴をあげ、膝の関節に痛みを感じる始末・・・始めた当初は毎日つづけることができませんでした。一日縄跳びをすると次の日は体の痛みを治すため療養するという日々を繰り返し1ヶ月程度経過したころ体が痛くならないようになりました。体の痛みがなく長く飛べるようになるといろいろな飛び方を試してみるようになり、だんだん縄跳びが楽しく感じるようになりました。

結果わずか3ヶ月で8キロ減と非常に良い効果をえることができました。縄跳びの有酸素運動が脂肪の燃焼に効果を示したこともあるかと思いますが、同時に「これほど苦しい思いをするのだから少しくらい食事も我慢しなくては。」という食事制限に対する意識も高まったことも相乗効果として数字に反映したのではないかと感じます。

ランニングやウォーキングは家から離れた距離だけ帰ってくる手間がありますが、縄跳びは「今日はこのへんでやめたいな」と思ったらすぐにやめることができます。その手軽さが気持ちを楽にしてくれるため続けやすいです。縄跳び1本あればすぐに始められるこのダイエット、おすすめです。

管理人監修の「縄跳びのダイエット効果について」総括記事はこちら!