お腹周りの脂肪の口コミ3お腹周りの脂肪を落とすには腹筋するのが一番です。しかしお腹周りの脂肪が増えた状態では腹筋運動が難しいことがありました。そこでベッドで仰向けになり、脚を上下させると言う腹筋運動を行っています。

無理に重たい身体を上下させなくて良いため、続けやすいのが良いところです。脚の上下運動50回を1セットにし、それを4回繰り返します。お腹が筋肉痛にならない場合は、セット数を増やします。

筋肉痛になった時は2日ほど休んでからまた腹筋運動を始めます。いったん休ませることで筋肉の超回復を狙うと言う訳です。慣れてきたらセット数を少しずつ増やすと言う腹筋運動を1か月続けてみました。

しかしお腹周りを計測してみたらマイナス2cmほどしか減りませんでした。そこで腹筋運動とともに実践してみたのがコーヒーです。

コーヒーには眠気冷ましに良いカフェインが含まれています。私たち人には交感神経と副交感神経があります。運動中など活発な時に優位になるのが交感神経、就寝中などリラックスしている時に優位になるのが副交感神経です。

交感神経が優位になっている方がエネルギーを消費しやすくなります。カフェインには交感神経を活性化させる働きがあるため、ダイエットにも良いと言われている成分です。

このカフェインはインスタントコーヒーにも含まれています。そこで毎日朝昼晩と3回インスタントコーヒーを飲むようにしました。

腹筋運動は食事とコーヒーを飲んだ後の晩に行います。腹筋運動とコーヒーを3か月続けた結果、マイナス6cmお腹周りのサイズが減ったのです。

思っていた以上のダイエット効果が出ました。ただしコーヒーの飲みすぎには注意が必要です。カフェインには依存性がある上に、過度な摂取を行うと副作用が出る恐れがあります。

特に妊娠中の女性はカフェイン量には注意して下さい。就寝前にコーヒーを飲むと眠れなくなる恐れがあるため、遅い時間には飲まない方が良いです。腹筋運動も無理のし過ぎは筋肉を傷めてしまうことがあるために注意が必要です。

管理人監修の「お腹周りの脂肪を落とすには?について」総括記事はこちら!