お腹周りの脂肪の口コミ5お腹周りというのは一番脂肪がつきやすく落としにくい場所だと考えられています。特に年齢とともに大きくなりやすい場所でもあります。それは食生活や運動不足などの日常的な生活習慣も起因しています。特に女性に比べて男性の方がお腹周りの脂肪が目立つ印象があります。そこで効率よくお腹周りの脂肪を落とす方法を紹介したいと思います。

お腹周りの脂肪を落とす方法は二つで食事療法と運動療法です。まず食事療法ですが、自分の基礎代謝量に見合う量を一日三回に分けて摂取することです。なるべく脂肪分の少ないものを摂取することも心がけなければなりません。お腹周りに脂肪がつくということは余分なカロリー摂取があるということです。各自の基礎代謝量の数値よりも食べ過ぎなければ太ることはありません。ですからまず規則正しく三食をカロリー計算しながら摂取していくことが大切になってきます。

初めから無理をすると続かなくなってしまいます。初めのうちはカロリー計算をして自分が摂取できる量をわかることが大切です。徐々に慣れてきたら今度は太りにくい食生活を心がけます。太りにくい食事というのは血糖値をあげない食事です。いわゆる低GI値の食品を摂取することです。野菜は基本的に低GI値です。しかし人参やジャガイモ、カボチャに関しては高GI値に分類されますので注意が必要です。そしてそれに並行して運動療法を取り入れていきます。この運動こそが腹回りの脂肪を落とす上で欠かせない存在です。

運動療法でオススメなのはジョギングと腹筋です。ジョギングは全身運動です。走ってみるとわかりますが、体全体の肉が揺れます。この揺れることで脂肪を効率的に落とすことができます。そして走ってみると翌日に筋肉痛になるのは手足だけではなく腹筋です。意外にも走っている時は腹筋を使っているのです。腹筋は走る上で軸になるものです。意識しなくても腹筋を支えるのがジョギングの良いところです。それに加えて腹筋をするとさらに効果は倍増です。

管理人監修の「お腹周りの脂肪を落とすには?について」総括記事はこちら!