スロージョギングダイエット効果口コミ6私は40歳代なかばの元運動不足サラリーマンです。スロージョギングのおかげで20kgほど半年間でやせることができましたのでその話をしたいと思います。

私は健康診断でかならずいくつかの項目が引っかかる、いわゆる超メタボ体形のデブでした。身長は180cmくらいあるのですが、体重も120kgをやや超えるほどありました。それでもスポーツマンのように筋肉があればよいのですが、あいにく子供のころから運動が苦手でまったく筋肉はありません。贅肉たっぷりです。しかしまだ独身のため、結婚願望をかなえるためにはダイエットするところから始めなめれば!と思い立ちました。

そこでジョギングでも始めよう、と思いジャージやランニングシューズを購入、さっそく初めてみました。ところが体が重すぎたのか、運動不足がたたったのか、走り始めてほどなくして膝に激痛がはしり、とてもではありませんが1キロも走ることができませんでした。

ジョギングに詳しい友人に相談したところ、私くらいの体系だといきなり通常の速さでジョギングするのは体への負担が大きくオススメできない、といわれました。ではどうすればよいのか聞いたところ、「スロージョギングだよ」との回答。詳しく聞くと、ジョギングほど速く走らず、ウォーキングよりも速いくらいのペースでジョギングするのが良いのだそうです。この場合、ウォーキングよりも効果が高くジョギングよりも体への負担が小さくなるとのこと。また、ペースは苦しくない程度で走ること、歩幅は小さくとり、前に進むというより上に少し跳ねるような気持ちで走るのがポイントだそうです。距離も最初は無理せず30分程度から初めてみれば?とのことでした。

これは良い話を聞いたと思った私は、早速膝の痛みが治まった一週間後にスロージョギングを始めてみました。するとたしかに膝や腰が痛くなるようなことなく、しっかり30分走りきることができたのです。何年かぶりの心地よい汗をかくことができ、これならば私にも続けられる!とうれしかったことを覚えています。

そこから毎週末の午前中と、仕事が早く終わる水曜日と金曜日の夜の合計週3日のペースで各30分から1時間、スロージョギングを続けていきました。幸い始めたのが3月くらいの気持ちの良い季節だったこともあり、無事に2か月3か月と続けることができました。そのころには体重が落ち始めていることを実感、さらにやる気がでてきてもぼ毎日のように走ることができるようになっていました。そして半年が過ぎたころ、とうとう体重100kgの大台を切ることができたのです!

走るときの姿勢にも気を付けていたので、普段の姿勢も良くなったような気がします。

同じように体への負担からジョギングをためらっている方には、ぜひスロージョギングをおすすめしたいと思っています。

管理人監修の「スロージョギングダイエットの効果」総括記事はこちら!