短期間ダイエットの口コミ2ダイエットを体重を減少させることと定義すれば、消費カロリーを増やすことか摂取カロリーを減少させることが必要です。体重は一日に必要なカロリー以上に消費するか、カロリー以下の摂取にするかしないと減ることはありません。ただし、短期間ダイエットで効果を出すためには消費カロリーを増やすよりも摂取カロリーを減少させることを中心としてダイエット計画を立てなければなりません。それは消費カロリーを増やすことは簡単にはできないからです。

消費カロリーを増やすためには運動を取り入れる必要がありますが、運動では消費カロリーを大きく増加させることはかなりハードで長時間の運動が必要になります。例えば、ダイエットに有効と言われている有酸素運動の代表格と言ってもいいウォーキングなどでは普段のスピードよりも速い速度でウォーキングをしても体重70キロの人では一時間で200から250キロカロリーの消費しかしません。つまり、一時間のウォーキングはおにぎり一個分より少し多いカロリー分しか消費しないということです。

それに比べると摂取カロリーを減少させることは容易であると言えます。体重70キロの男性ですと一日の摂取カロリーは2500キロカロリー前後のなっていますが、一日の摂取カロリーを1500キロカロリーに制限すれば一日あたりに1000キロカロリーを減少させることができます。これは一日にウォーキングの4時間から5時間分に当たります。

もちろん、ダイエット計画の長期間にするならば、食事制限中心の摂取カロリーを減らすダイットよりも運動して消費カロリーを増やすダイエットの方が健康的にダイエットできるのは間違いありません。ただし、いくら短期間ダイエットであっても体調不良になったりすれば、ダイエットの意味は全くありません。食事制限を中心は据えますが、できるだけ有酸素運動も取り入れて摂取カロリーを減らしながら、消費カロリーを増やすハイブリッドなダイエットがオススメです。

管理人監修の「短期間ダイエットについて」総括記事はこちら!