糖質制限ダイエットの体験談・口コミ7糖質ダイエットはメリハリが必要になります。特にはじめの2週間は主食を完全にカットすることが成功への繋がります。

主食であるご飯やパン、麺などを抜いたその分は糖質の少ない食材で補う必要があります。いかに主食を抜いてもお腹を満たせるかが継続に繋がります。

そこでコンビニやファストフードでも糖質の少ない食品を覚えておくと糖質制限ダイエットの成功に近づくことができます。

・牛丼
ファーストフードの中で牛丼は本来避けるべきお店ですが、最近は糖質制限ダイエットに適したメニューが存在します。すき家ではご飯の代わりにお豆腐と野菜がのった牛丼ライトという商品があります。松屋では定食のご飯を湯豆腐に変えることができます。+50円かかってしまいますが炭水化物を排除することができます。

・肉類
糖質の代わりにタンパク質を多く摂取する事が糖質制限ダイエットでオススメされています。

ケンタッキーフライドチキンは本来のダイエットであれば避ける揚げ物ですが、オススメされています。カーネルクリスピーやチキンも糖質は10g以下であり、糖質制限ダイエットでは食べても問題ない商品になります。

マクドナルドはバーガー類にパンが含まれていますが、ベーコンレタスバーガーや朝マックのソーセージマフィンは糖質30g以下です。

立ち食いステーキ専門店のいきなりステーキのランチセットはご飯なしにすれば100円割引になります。さらに付け合わせのコーンをブロッコリーに変更すれば糖質は10g前後になる。もっと減らすのであれば、お肉の上にのっているガーリックバターもカットすると糖質を減らすことができます。

・コンビニ
時間のない時によく利用するコンビニでも糖質の少ない商品が多いです。チーズやゆで卵、サラダチキン、サラダなどが挙げられます。最近ではファミリーマートがライザップとコラボしてシュークリームやチーズケーキなど低糖質なデザートが売られています。

糖質制限ダイエットは食べる量を減らすのでは無く、糖質を減らすことが必要です。糖質を減らしてお腹を満たせるように糖質の少ない食品を覚えておいて損はないでしょう。

管理人監修の「糖質制限ダイエットの効果について」総括記事はこちら!