ウエストを細くする方法口コミ1部分ダイエットは、該当の部分をピンポイントで動かすことで果たせます。ウエストサイズのダウンも、ウエスト部分を動かすことで行えるのです。ウエストを細くしたいと思うのなら、積極的に腰の運動を行っていきましょう。

腰部分だけを動かすというのは、慣れない内には難しいことなので、まずはフラフープを用いて、フラフープを上手に回せるように練習することから始めてみましょう。フラフープの上達には腰の滑らかな動きが必要不可欠であり、その動きはウエストサイズのダウンのためにも求められます。

フラフープを回すといっても腰を大きく回していては、輪は反動で二、三回回った後落下するばかりで、綺麗な回転を見せてはくれません。フラフープが回る動きに必要なのは、腰の回転ではなく、前後左右いずれかの単純な動さとなります。

フラフープが右に行った時に左に引く、左に行った時に右に引くとしていけば、輪の回転にあわせてぐるぐると回していなくても、輪はバランスよく回り続けます。前後の場合も同じく、フラフープが前に出た時に後に、後ろに回った時に前にと動かしていくだけです。輪の回転の向きに合わせてタイミングよく腰を動かすことを覚えれば、フラフープをあっという間にうまく回せるようになるでしょう。

フラフープの上達に合わせて、ウエストは確実に細くなります。毎日五分から十分程度のフラフープを続けていけば、ウエストサイズのダウンは待ったなしです。腰を動かすという雰囲気を掴めているなら、フラフープを使わなくても、エアフラフープ状態で運動を行っても構いません。

ただし腰は繊細な部分ですので、酷使のし過ぎには注意です。腰の痛みが慢性化し、腰痛を抱えるようになっては、ウエストが細くなっても結果としてマイナスですから、腰を痛めない範囲で運動に励んでいきましょう。筋がつったような感覚があったり、腰が重いと感じるようなときは無理に動かさず、安静にして違和感が引くまで様子を見るようにして下さい。

管理人監修の「ウエストを細くする方法」総括記事はこちら!