最終更新日2018.05.11
痩田筋男痩田筋男

ダイエットは現代多くのわたしたちの生活の一部となっています。調査によれば、現在ダイエット中と過去にダイエットをした人は7割にも及ぶといいます。

ダイエットはわたしたちの飽くなき欲求であり、特に妙齢の男女にとっては、痩せたい、お腹の脂肪を取りたい、脚を細くしたいというのは、強烈な欲望です。

ダイエット産業は2兆円規模といわれ、テレビ広告費全体、出版産業、ペット産業、ホテル産業、化粧品産業よりも大きなお金が、ダイエットに関する書籍・DVD・広告・エステ・教室・サプリなどで動いているのです。

わたしたちのダイエットに対する欲望というのは、とてつもなく巨大だということです。

一方、その巨大なダイエット欲に真正面から対抗する勢力は何かというと、食欲・空腹です。食欲は、ダイエット欲に対する、唯一であり、最大の敵といえるでしょう。ダイエット欲には食欲の他に敵なしといって過言ではありません。

ダイエットvs空腹の戦歴

ダイエットは9割が失敗するといわれます。ダイエット欲vs空腹の戦歴は、現代では、1勝9敗となるわけです。10戦のうち、ダイエット欲が9回負けて、1回だけ勝っている。10戦のうち、空腹が9回勝って、1回だけ負けているのです。ダイエット欲というのは、とても不利な戦況に常にあるわけですね。

食欲と性欲

ではなぜ、ダイエット欲というのは、食欲に対して、ここまで不利な状況にあるのでしょうか。それは、ダイエット欲は精神的なものオンリーだけど、食欲は、精神的プラス生理的なものだからです。

人には、食欲・性欲・睡眠欲という3大欲望があるといわれます。そのいずれも、身体と心の両方が持つ欲望です。性欲に関してはピンク産業は5兆円以上でブライダル市場の2倍近くあります。ダイエット産業と比較にならないくらい、性欲というのは強烈なわけです。

しかし、性欲は何とか押さえつけられますが、食欲は押さえつけると死んでしまいます。性欲よりも食欲の方が強いです。

食欲と睡眠欲

睡眠欲に関しては、ダイエットのように、睡眠時間を削ろうと反対する欲望は、みなさんほぼありません。もちろん、睡眠時間を削って他のことができたら、随分自由になる時間ができるのでありがたいことではありますが、ほとんどの人は、睡眠欲には戦う前に戦いを放棄しています。睡眠欲と食欲は匹敵するほど強いです。
睡眠欲と戦って眠る時間を削ったら、日常生活に影響がでるように、食欲と闘うと、やはり日常生活に影響がでます。

ダイエットと食欲

食欲は、視覚の刺激、胃の空腹感、血糖値の低下、空腹ホルモンなど、ありとあらゆる方法で、生理的に攻めてきます。一方のダイエット欲といえば、痩せたいとかお腹を細くしたいという、思いだけで成り立っているのです。これでは勝てるわけはありませんね。9敗1勝なわけです。空腹がモンスターだとすれば、ダイエット欲は、小人ですね。

世界一おいしい調味料~空腹は宝物

こうなると、空腹というモンスターは、ダイエット欲を完膚なまでに叩き潰す悪役のようですが、素晴らしい役目もします。生命を維持させるというのは当たり前ですが、食事もおいしくしてくれるのです。

世界一おいしいスパイスは、空腹だとはよくいわれることです。満腹のとき食べる高級食材よりも、空腹のときに食べる安い食事の方がずっとおいしいのは、誰もが経験するところです。

しかし、それは、ダイエットが、食欲というモンスターをさらに育てているということでもあります。我慢すればするほど、空腹は大きくなる一方ですから。

もともと勝てる見込みの少ない、ダイエット欲vs食欲の戦いなのに、試合中に、ダイエットは食欲という敵に塩を送っているわけです。愚かといえば愚かな構図です。勝てるわけありません。

ここまで読んでみて、空腹というモンスターに闘うのが、どれだけ無謀で愚かなことかと理解できたと思います。しかし、1割程度は勝つ見込みはあるのです。いったいどうやったら勝てるのでしょうか。真正面からの戦いを避けることです。

真正面からの衝突を避けるには

食欲と真正面から闘わないということは、どういうことでしょうか。それは、ダイエットという目標は動かさないけれど、食欲に随所で負けてしまえということです。試合で負けても、勝負に勝てば良いということです。

毎日色んなところで食欲に負けるけれど、最終的にはダイエットできた、という仕上げになればよいのです。具体的にはどういうことでしょう。

食欲には逆らわない

食事前に少しでも空腹を感じたら、間食をとってしまうのです。そうしておいて、食事のときの食欲がマックスにならないようにして、食事からは脂肪に直接繋がる食材をカットして、一日でのトータルな減量を目指すのです。

食事前でないときでも、空腹を感じたら、とっとと間食してしまえば、空腹モンスターが必要以上に大きくなることもありません。こう聞くと、間食を何回もとると、結局太るじゃんと感じるでしょう。

その解決策は簡単です。太らない間食をとればいいのです。太らない間食とは何でしょうか。

栄養素

その前に、最も太る栄養素について書きたいと思います。食材は、たんぱく質、脂質、糖質の3つの三大栄養素から成り立ちます。この中でもっとも体内脂肪になりやすいのは、どれでしょうか。答えは糖質です。

脂質は、脂肪っぽいから、それがそのまま体内脂肪になると思いがちですが、基本的に、食べたものが、そのままの形で身体の一部になるということはありません。

脂質を摂取しても、いったんは胃腸で粉々に細胞単位で分解されて、血液中に入り、体の各所に運ばれ、そこで体の一部に再合成されます。糖質も分解されて、ブトウ糖となり、それが主に体内脂肪の原因となるのです。

糖質食材とは

では糖質が最も含まれている食材は、なんでしょうか。スイーツでしょうか。半分正解で、半分はずれです。スイーツに大量の糖質が含まれているのは、ご存知の通りです。

しかし、ご飯やパンやパスタなどの炭水化物にも、大量の糖質が含まれているのです。例えば、ショートケーキとご飯一杯に含まれている糖質は、どちらも約50グラムと、同量なのです。

主食を毎日3回食べるということは、ショートケーキを毎日3個食べるのと、体脂肪的には同じなのです。ショートケーキからの糖質でも、パスタからの糖質でも、まったく同じブドウ糖として体は吸収していきます。

ですから、ダイエットで最もとっていけない食材は、主食とスイーツです。他にも、欧米で主食であるジャガイモも炭水化物のかたまりだし、小麦粉をふんだんに使った生地の厚いピザなども避けるべき食べ物です。

炭酸飲料

もちろん、糖質たっぷりのペットボトル飲料などもご法度です。500ml入りペットボトルの場合、ペプシやコーラやファンタには50g以上、三ツ矢サイダーは55g、キリンレモンは50g、CCレモンは43g、カルピスソーダは43gなど、それ一本でスイーツ一個分にも匹敵するくらいの、ものすごい量の糖質が入っています。それと紙パック入りの野菜ジュースやスポーツドリンクにも相当な糖質が入っていますから、念のため。

間食

間食にとっても良い食べ物といえば、その反対になります。炭水化物・糖質のほとんど入っていないものです。そうしたものをちょこちょこ食べたり飲んだりしておけば、空腹モンスターが大きくなることはありません。空腹と真正面から戦うことなく、一日の合計で、糖質の摂取を減らす事は、全然難しくありません。

間食の食材

では具体的には、どういったものを間食に飲み食いするべきでしょうか。
代表格は、水やお茶やブラックコーヒーです。職場でちょくちょくお茶を飲んでいたので、全然お腹がすかなかったという経験をした人もいると思います。食欲というのは多くの場合、少量でも何かをちょくちょく飲み食いしていると、感じなくなるものなのです。

水やお茶ではつまらない、コーヒーは飲む過ぎたくないというかたは、無糖の炭酸水がおすすめです。自動販売機などにはまだ普及していませんが、例えば、アサヒの「ウィルキンソン タンサン クリアジンジャ」ならネットで箱買いしておけば、一本100円以下であります。ペリエも古くから人気ですね。どちらも無糖ですが、フレーバーがありますので、味を楽しむこともできます。食前にこれらを少し飲むだけで、だいぶ食欲減退するのが実感できるでしょう。

嗜好品

キシリトールガムやノンシュガーガムも良いですね。キシリトールなら歯も丈夫にしてくれますから、一石二鳥です。ノンシュガーの飴もおすすめです。

ノーカロリーやノンシュガーの飴は、コンビニやスーパーよりも、ドラッグストアの方が種類が豊富で、濃厚なココア味のものなどは腹の足しにもなります。これらは職場や学校でも比較的簡単に(隠れて?)摂取できる食材だと思います。

痩田筋男痩田筋男

いかがでしたか。これらを味方にして、空腹モンスターとの正面衝突を避けながら、炭水化物を減らすことで、一日トータルの糖質量をカットし、ダイエットという目標を達成してください。

執筆者 痩田筋男について

当サイトで最も読まれている記事!

ダイエット時の空腹に関する口コミ・体験談

ダイエット時の空腹に活用した豆腐と水は個人的におすすめですね

ダイエット時の空腹の口コミ1ダイエット時の空腹って本当に辛いですよね。特に運動をした後などは身体が栄養を要求してきますので、とにかく胃袋がグーグーと鳴って食べ物を要求してくると思います。その辛い試練に耐え抜ければ良いのですが、やはり人間の本能にはなかなか抗うことも出来ず、結局はその要求のままに食べ物を食べてしまうことも多いですよね。

私もダイエットをしている最中は、とにかく空腹との戦いでした。ダイエット経験者であれば誰しもが体験していると思いますが、ダイエット中は普段何とも思わないような食べ物であってもとにかく「食べたい」という欲求に襲われるんですよね。そして一方で、これを食べたらまた太るという理性も働くわけです。この間で苦しめられるわけでして、多くの人が結局は欲求に負けてしまうわけですね。まぁ私も幾度となくこの欲求と戦い敗れていったわけですが、ある食材を活用することでその欲求からも解放されることになりました。その食材とは、豆腐と水です。

豆腐はダイエット食材としても知られていると思うのですが、空腹の際に食べるとこれが効果テキメンなんですよ。というのも、豆腐は隙間の無いどっしりと中身の詰まった食材ですので、食べたら食べた分だけお腹の中に溜まります。まぁ大半が水分ですのですぐに消化はされるのですが、一時的とはいえかなりの満腹感に包まれるんですよ。ちなみに、豆腐を食べる際には醤油は使用しません。美味しく食べるのが目的ではなく、あくまでも胃が要求してくる内容に応えることが目的なのです。つまり、胃の中に何かを放り込むということですね。ですから醤油は不要で、どうしてもという場合は鰹節を少々かける程度にしてください。

それから最高の空腹解消のお供は水です。水はカロリーゼロで、どんなに摂取をしても太ることはありません。そもそもダイエット中は様々な物を減らしていますので、意外と便秘にもなりやすいんですよ。しかし空腹時に水を500㏄ほど飲むことによって水分は補われますし、何よりも空腹が解消されます。

なお、豆腐はカロリーが100g中50キロカロリー程度で、糖質はほぼゼロです。水は言わずもがなですよね。ですから、これを中心に摂取していれば、空腹を満たせるだけでなくダイエットにも効果があると思いますよ。少なくても、私はこの二つの食材を空腹時に活用することによって感触をせずに済み、半年間で10㎏以上の減量に成功しました。まぁ参考にしてみてください。

空腹とダイエットと健康

ダイエット時の空腹の口コミ2食事を我慢して空腹に耐えてそれだけでは痩せませんでした。確かに体重は減少しました。同時に筋肉量が低下して痩せにくい体まで手に入れる事になったのです。

その時は運動は取り入れてなかったので最悪な状態です。筋肉量が落ちたという事は運動能力も落ちてしまい、仕事や運動した時の体力に関わってきたのです。

運動をしてダイエットをすると確かにバランス良く痩せる事が出来ますが、空腹になるのも早くなるように感じました。

ダイエット中だからと言って食べないと集中力が低下して良い事がなかったです。

マイナス面ばかり並べて来ましたがプラス面も少しはあります。

それは、空腹に耐えた先には体重が落ちたと言う成果だけがあります。健康的に痩せたとか健康的ではないとか別にしてです。

そんな私が空腹に耐えていた時の方法ですが水分は多めに摂るようにしてました。

私のオススメはルイボスティーと言う飲み物です。ノンカフェインでとても健康に良いと聞いていたお茶なのでダイエット中は好んで飲んでいました。しかし、1日に500ml程度しか飲んだら良くないと聞いてあとは水を買って飲んでいました。食事は鳥のささみと豆腐でした。

鳥のささみは茹でるだけで味は付けませんでした。豆腐は少し醤油をかけるだけで食べてました。食事は1食〜2食にしてました。食べる時間もも6〜7時間空けるように心掛けてました。時間が空けれない場合は食べないようにしてました。なので1食の時は空腹の時間が長く辛い思いをしました。

本当に辛かった時はノンシュガーのガムを噛んで空腹を誤魔化していました。

空腹の誤魔化し方は人それぞれだとは思いますが私がしたガムを噛む、そして水分は効率的に痩せる事が出来たと思っています。

前文で話した通り健康的にかは分かりませんが、1つ言えるのはダイエットをする時は我慢をしないと痩せる事が出来ないと言う事だと思います。後、食事を我慢していると人付き合いが出来なくなる事が体験の中にありました。

ダイエットの時の空腹感を抑える方法について

ダイエット時の空腹の口コミ3ダイエット中は常に口寂しい状態が続いていることが多かったです。特にある程度の食事制限を徹底して行なっている場合には、一日中空腹感に悩まされるのが辛くて、ダイエットを途中で挫折してしまうということに繋がることが多いように感じています。このダイエット中の空腹感さえ乗り切ることができれば、それはダイエットに成功したのも同じだと言えるでしょう。

私がダイエット中の空腹感を抑えるために行なった方法はいくつかありますが、その中で効果があったのは、お腹が空いたと思ったらミント味の強い歯磨き粉で歯を磨くことでした。歯を磨くとミントの味を舌が感知することでなんとなく食べ物が体に入ってきたと脳が認識するのではないかと思っています。これはダイエットサイトや雑誌でも同じようなアドバイスがあったので実際に効果があるのだと思います。

他には、お腹が空いたら炭酸水を飲むことも効果がありました。炭酸水はもちろん砂糖も何も入っていないタイプです。オレンジやレモンのフレーバーが付いている炭酸水を飲むと、さらに満足感が高くなります。こうした炭酸水は普通のミネラルウォーターに炭酸が加えられているだけなのでカロリーはゼロですし、しかも炭酸のおかげで満腹感が得られるのでかなりオススメの方法です。

他には、自分で寒天ゼリーを作って冷蔵庫に常備して置くと良いでしょう。寒天ゼリーはベースはカロリーが無いのでダイエットにもってこいの食材です。しかも満腹感が得られますし、甘みが欲しければカロリーゼロの甘味料などを入れて作れば満足度もアップします。例えばコーヒーを入れればコーヒーゼリーになり、甘味料でほんのり甘さを加えれば空腹感を抑えるおやつの出来上がりです。

こうした方法をうまく組み合わせながらダイエット時の空腹感を上手にやり過ごしていくことでダイエットのモチベーションを維持したまま長続きさせることができるのでとてもおすすめです。空腹感を我慢したままでダイエットを維持することはほぼ不可能だと思って間違いないでしょう。

お腹がすいたら各種こんにゃくを食べて空腹をしのぐ

ダイエット時の空腹の口コミ4ダイエット時に起きる空腹をしのぐ手段は、たったひとつしかありません。それはよく食べることです。と言っても、肉や魚、お米をたくさん食べると空腹は解消出来ますが、太ってしまうのでダイエットをする意味がなくなります。ではどうするのか、答えは簡単です。

たくさん食べても太らない物を食べればいいのです。そんな都合のいい食べ物があるのか、そう思われる方もいるでしょう。

実は、探せばこの手の食べ物はいっぱいあります。その代表と言える食べ物が、こんにゃくです。こんにゃくはカロリーが非常に低いので、いくら食べてもほとんど太ることがありません。

その上、こんにゃくそのものには味がないので、煮たり炊いたりする時に、いくらでも好みの味をつけることができます。

こんにゃくそのものも、固まっている板のこんにゃく、すきやきなどに使う糸のこんにゃく、ぺらぺらのさしみこんにゃくなど、色々な種類のこんにゃくがあるので、なかなか食べ飽きることがありません。

なので、空腹に苦しむならこんにゃくを食べて空腹をごまかすといいでしょう。私がダイエットをした時も、こんにゃくにはお世話になりました。

私は夜型の人間なので、どうしても夜中になると空腹を感じます。

夜間に何かを食べると、昼間何かを食べるより太りやすいので、何も食べずに我慢するのが一番いいのですが、意志の弱い私はついついこんにゃくを食べてしまいます。

主にさしみこんにゃくやそうめんこんにゃくなど、生で食べられる上にカロリーの低い物を食べていたので、夜に食べても太ることはなく、順調にダイエットをすることができました。

もし、夜に高カロリーの物を食べていたら、こうは上手くいかなかったでしょう。なので、私の経験から言わせてもらいますが、夜中に空腹を感じたら我慢して何も口にしないのではなく、こんにゃくを食べて空腹をしのいたほうがいいです。

別に低カロリーであればこんにゃく以外のものを食べてもいいのですが、特にこだわりの低カロリー食品がないなら、身近な食べ物であるこんにゃくを選んだ方がいいでしょう。

空腹の時に行っている事と最悪それでももたない時に行っているもう一つの事

ダイエット時の空腹の口コミ5私はダイエットをする時に一番苦労するのが空腹です。やはり痩せる為には食事量を大幅に減らさないといけません。

その為いつも以上に空腹が襲ってくるものでもあります。またそうなるとここでもまた一番困るのが夜中々寝付けなかったり体力的に落ちてしまったりする事で本当空腹は何より私のストレスでもありました。

それでなのですがその空腹を抑える為にダイエット中でもあるのでカロリーのある物は絶対に控えたいと思いそこで思いついたのが炭酸水です。

よくダイエットの時にも使われたりする事が多い炭酸水、こちら食事をする前にコップ一杯分を飲むとお腹が膨張し更に水分でその分お腹が大分満たされる為いつもの食事量を半分位に抑える事が出来ます。

これは以前試した事がありましてそれなりに効果が得られた事もありこれならダイエット中に飲んでも太る事はないので良いかなと思い試してみる事にしました。

そうしたところ意外と効果はありましたね、やはり炭酸が入っているのでお腹が膨れる分大分空腹を抑えてくれるものがありました。ただしいて言うのであれば全く味のしない炭酸水な訳なので飲みなれていないときつく感じでしまうところもあります。

実際のダイエットでこちらを試した時も正直中々飲めないと言いますか飲みきるまでに少し時間がかかりました。

ですので私は水以上に飲みずらいものではありますね、でもお腹を満たす意味では炭酸が入っている物の方がもちはいいような感じがします。

これが言えるのも先に水の方を試したところ結構早めにまた空腹がやってきたからです。

それで炭酸入りに替えたらと言う感じで、もし空腹の為に水を飲んでいる方がおられましたら炭酸水の方が私はお勧めかなと思います。

いちをどれ位もつかは人によって個人差は出てくると思いますが一度試してみるのも良いかもしれません。それから最後にもう一つ、それでも最悪もたない場合は蒟蒻ゼリーこちらを食べると腹持ちが凄く良いです。

食べ過ぎは注意ですが程々に食べるのでしたらこちらもお勧めです。

ダイエット時の空腹は水分をとって乗り切る!

ダイエット時の空腹の口コミ6ダイエットをしている時、どうしても困ることとして空腹があります。これは、ダイエットをしている時に避けることができない課題となっています。

この空腹があるので、やっぱりやめたということが多くなります。その時点で、お腹がすいてしまい、思考回路が止まるためにダイエットもやめてしまいたいと思うのです。

しかし、その時にやめてしまうとダイエット失敗となります。そのことから、この空腹を乗り切ることが出来る方法を見つけることが大事なんです。

その一つとして、水分を摂ることをおすすめします。お腹が空いたときは、お腹の中になにもない状態です。そのため、何かを入れて上げると、ちょっと気持ちを落ち着かせることができるのです。

そしてその落ち着かせることが出来るものとして、水分があります。水を飲むことによって、胃の中の胃液が薄まり、その結果空腹感も少しましになるようです。

私も何度も水を飲んでいました。最初は、とにかく水がいいと思って飲んでいたのです。ところが、水だとからだをとても冷やすことが分かりました。

この体を冷やすと言うことは、ダイエットをしている時に気をつけることの一つなんです。それは、ダイエットを妨げになってしまうということです。

体の代謝を上げることが大事なので、出来るだけ体を冷やさないことが重要です。また、トイレ回数も増える事になるので、そのことについても悩んでいました。

そんな時、白湯にすることにしたのです。白湯で少し温かい感じのものを、ポットに入れて持ち歩いていました。そして、少しお腹が空いたと思ったときには飲む事にしていたんです。

これは、案外と効果があります。最初は、無理と思ったこともありましたが行っていると、案外といいかもと思うことがあったのです。

そのため、温めた白湯を飲むのはおすすめです。トイレ回数が多くなるので、これは昼間のみの方法となります。夜間は、度々トイレに行くことになるので、控えるようにしましょう。

空腹をキャンセルしちゃうという方法。

ダイエット時の空腹の口コミ7小腹が空くという言葉がありますが、ダイエット中の空腹は小さな可愛さなんてどこにもなく辛いもの。何が辛いかってお腹が減ったと感じるときに食べるものが何もなく、「我慢を強いられる」ことです。我慢した結果、暴飲暴食でリバウンド。よく耳にします、私もそうでした。

じゃあ我慢しなければ良いということで、コンビニでも簡単に手に入るような、ジップロック式のお菓子を常備するようにしました。茎わかめや、ドライフルーツ系。なるべく栄養価は高いもの。カロリーはある程度ありますが、どうせ自分の体に入るならビタミンやミネラルなど成分に注目した方が良いです。これは継続しました。しましたが、美味しいので短時間ですぐに食べきってしまうのです。ジップロック式の意味無しです。経験済みの方も多いのではと思います。

食べることを自分でストップできているなら初めからダイエットで苦労なんてしませんもんね。結局1日に2袋以上の消費になりコスパも高いしスナック一袋のカロリー摂取と変わらない結果に…。(お菓子から栄養価の高いものに変えたので肌荒れは改善されましたが)。食べる、食べないに固執した結果でした。でも食べたい。何か忘れてないかな。忘れていました。それが「水分」です。気をつけて小まめに取っているという方もいるかもしれませんが、何で取っているかが重要です。

眠気も誘う午後の休憩時間ってコーヒーや紅茶など、色付き味付きのものって飲みたくなりますよね。確かに水分は取れているかもしれませんが、経験談から水がオススメです。それもただの水ではなく「白湯」なんです。小腹が空いた時にはコンビニで買った栄養価の高いジップロック系お菓子と一緒に必ず常温の水か白湯を摂取するようにしました。

量は1回300mlを1日に3回の分量で。オススメは朝起きた直後の朝ごはんを食べる前と、お昼はすきなタイミングで、夜は食事をした後や寝る前に。これで便秘も改善され肌荒れも一気に消えました。常温の水や、特に「白湯」には日々の食事で食道や腸内にこびりついた食べかすや汚れを流してくれる効果があるのだそうです。

流石に一日中味無しのドリンクは飽きるので合間にコーヒーやジュースも挟みますが、水だけですでに1L近く摂取しているのでそこまで欲することもなく余計な出費も減りました。白湯だとお湯を沸かすだけなのでお茶を作るより簡単で時間のない朝も水筒に入れて職場に持って行っています。小腹が空いたら、食事と水分をバランスよく。基本的なことかもしれませんが内容を見直すだけで効果てきめんです。

辛いダイエット時の空腹!乗り切るにはまずは運動してみませんか

ダイエット時の空腹の口コミ8私は食べることが好きなので、ダイエット中に空腹を感じた時がとても辛いです。どんなダイエットでもやはり食事の量は減らすようにしていますし、空腹を感じたからといってパクパクと食べるわけにはいきません。ダイエット中にお腹がすいたからとすぐに食べていたら、どんなダイエットも成功するわけないですよね。ダイエットを成功させるためには、ダイエット時の空腹をなんとかしなくてはと思いました。

友人から聞いたのですが、お腹がすいた時には運動をすることで食欲が抑えられると知ったのです。ちょっとびっくりですね。お腹がすいているのに運動をしたらさらにお腹がすくのではないかと疑問に思ったのですが、実際にダイエット中にやってみたのです。するとすごく不思議なのですが、確かにお腹がすいたという気持ちが薄れてきて我慢できたのです!友人が言うには、運動をすると血糖値が上がるとのことです。

食事をする前には必ず運動をするようにすると、食べ過ぎ防止になりますし食べ物が少量でも満足することができるようになりました。友人から良いことを教えてもらい、ダイエットをスムーズに行うことができるようになりました。以前はダイエット時の空腹に負けてしまい、高カロリーの物を食べてしまってダイエット失敗することが多かったのですが、この方法でダイエット時の空腹を克服することができるようになったのです。

他にも方法があります。私の場合は雑誌のキレイなモデルさんなどを見ることで、今食べ物を食べたらこんなに素敵な人になれないぞって自分を叱るんです。太っている自分の写真を見ることもあります。このままは嫌だなと思います。あとはスポーツやホラーなどドキドキするような内容の映画を観ることで、血統を上げることができると知り実践しています。ダイエット中に空腹を感じる人は多いでしょうが、なんとか工夫をして乗り切ることが大切ですよね。どうしても食べたくなったら、チョコレートを一口だけ、飴玉を一個だけなど食べるようにしています。

ダイエット時の空腹感をなくすために工夫したこと

ダイエット時の空腹の口コミ9ダイエットをする際、空腹感との戦いにほとんどの人が苦しみます。しかし、ここを上手く工夫して乗り切れば、ダイエットはたいてい成功します。私自身も以前、ダイエットに成功した大きな原因の一つは、空腹感をうまくやり過ごすことができたからです。

では、空腹感をあまり感じずに食事を減らすにはどうしたらいいか、といえば、私の場合はまず、肉を毎日しっかりと食べて満腹感を味わうことを続けました。そして、低カロリーなものもたくさん食べて、腹を満たすことにしました、まず、一番よく食べた低カロリー食品はこんにゃくでした。こんにゃくはほとんどカロリーが無いのですが、味もあまり無くて、しょっちゅう食べていると飽きてしまいます。そこで、肉と一緒に煮て、肉の味を染み込ませるようにして食べていました。

もう一つの低カロリー食材としては、野菜もよく食べました。キャベツの刻んだものを皿に山盛りにして食べたり、白菜を煮たものを丼一杯食べたり、肉を煮込んだ汁にもやしやキャベツをどっさり入れて、麺のないラーメン二郎みたいな肉野菜汁を作ってよく食べていました。

そして、ご飯の量を極端に減らしましたが、健康のために毎日少しは食べるようにしていました。

それと、空腹感との戦いでよく食べたのにあまり効果が良くなかったのは豆腐でした。豆腐は値段も安くて満腹感もあるところはいいのですが、カロリーが意外に高く、豆腐ばかり食べていてもあまり痩せない、ということにしばらくして気がついたので、それ以来、ダイエットのメニューからは外しました。

あと、精神面で気をつけたこととして、食べログなどグルメ系のWebサイトやそういったジャンルの雑誌、テレビ番組なども極力見ないようにしました。そういうものを見ると、必ず食欲が湧いてきて、ダイエットの努力が無になってしまうからです。

ダイエットが軌道に乗ってくれば、だんだん空腹感を感じなくなってきて、特に苦もなくどんどん痩せていくようになりました。

仕事中の空腹にはガムを噛んで紛らわせていました

ダイエット時の空腹の口コミ10ダイエットは、自分の意思が強くないと無理と思うことがあります。それは、ダイエットをしている時には誘惑がたくさんあるからです。

匂いもその一つですね。いい匂いがしてきたら、その時にどうしても食べたくなってしまうのです。そんな時に、友人に誘われたりしたら、つい食べてしまうことがあります。

そのため意思が弱いと、結局食べてしまってダイエット失敗ということになってしまいます。しかし、人間は意思が変わることもあるんです。

そのため、その気持ちを変えることが大事と思っています。そして、ダイエットをしている時にとても良い方法としてガムがあります。ガムを、お腹がすいたと思った時に、噛むことにしています。

すると、なんとなくそのことを忘れて大丈夫となることがありました。ガムを噛むと言うことは、気持ちを落ち着かすためにもいいといいますね。

野球選手なども、ガムを試合中に噛んでいる姿をよく見ます。そのことも、気分をリラックスさせたいと思ってしていると感じるのです。

そして私も実際に、お腹が空いた時に行っていました。職場でよくお腹がすくことがありました。その時、仕事に集中できなくなるんですね。

そのため、これはいけないと思ったのです。そして私が考えたことは、ガムを噛むということです。ちょっとした時間に噛むことによって、とてもお腹が満足します。

それは、噛むと言うこと自体が満腹中枢を刺激して満腹感を感じることができるからです。これは、とても良い方法と思っています。

また空腹の時に気になることとして、口臭がありますね。空腹になると、口臭がきつくなるのです。そのことを防止するためにも、ガムを噛むと言うことが有効と感じます。

ガムを噛むと、唾液が分泌されるのでその結果、口腔内をキレイにできるのです。そしてそれは、口臭を予防することにつながります。

ガムは、リフレッシュできる味がいいです。どうしてもお腹が空いた時には、甘い味のガムを噛んでいました。