最終更新日2018.05.11
痩田筋男痩田筋男

みなさんダイエットしてますか?たぶん多くの人はしていると思います。

TesTeeLab「6000人大調査」では半数近い人がダイエット中ですし、生活向上WEBの調査では、ダイエットが必要だと感じている人も、ダイエットを現在もしくは過去にした人も、ともに7割以上という結果がでています。

日本人の過半数は、ダイエットに関わったことがあるようです。

9割は失敗

ではそんな日本人の常識になったダイエットですが、いったいどのくらいの成功率なのでしょうか?ほとんどの人が成功するのでしょうか。半々くらいでしょうか。

それが何と、8~9割の失敗率らしいのです。つまり、ほとんどの人がトライするのに、ほとんどの人が失敗するのが、ダイエットというわけです。

ミュージシャンや芸能人やプロ野球やサッカー選手になりたい若者も、9割がなれないといいますが、ダイエット成功だって、かなり狭き門なのです。

ただ芸能人やプロ選手を目指すのは、ほんの数パーセントの人たちですが、ダイエット成功を目指すのは、半分以上の人たちなのです。母数が違います。

信じられないくらいの膨大な人数が成功を目指すのに、8,9割の人が失敗する、ダイエット。こんなことって、他にあるのでしょうか。

ダイエット産業に躍らされる人々

書籍、テレビ番組、サプリ、施設、教室、DVD、医療などなど、ダイエット関連の産業が廃れないのもうなずけます。

納豆、バナナ、サランラップ、痩せる石鹸、ビリーズブートキャンプ、EMS、カカオ、プロテイン、加圧トレーニング、コアリズム、豆乳クッキー、チョコレート、黒酢、マイクロダイエット、プチ断食、酵素、バランスボールなどなど、一部は過去に一世ブームとなり、いまではもう名前すら聞かないダイエットも少なくありません。

今後とも毎月のように新しいダイエットネタが登場しては、人々が夢中になり、それでも数ヶ月したら見向きもされなくなるのでしょう。

過去に起こった同じことが、未来永劫続くのではないでしょうか。遺伝子操作や、画期的な脂肪吸引や、特効薬などが開発されない限り、きっとわたしたちは、ダイエットブームに乗り遅れまいと、必死になって色々とトライして、失敗していくのでしょう。

リバウンドしなければブームにのってもいい

ただわたしは、色々とブームに飛び乗ってトライするのは、悪いことではないと思います。ただし、それはリバウンドしないという前提です。リバウンドというのは、ダイエットを止めた途端に、ダイエット前よりも体重が増えてしまうことです。

ダイエット前の食事量に戻しただけなのに、体がダイエットで飢餓体質になって、脂肪を溜め込もうとするので、以前の食事量でも、ダイエット前よりも余計に脂肪が増えてしまう体質になっているからです。

更に、ダイエットにより満腹を感じるホルモン分泌がおかしくなっているので、ダイエット後一ヶ月ほどは、満腹感を得にくいというハンデさえあります。だから、ダイエットを止めたら、多くの人が、リバウンドして、ダイエット前よりも太ってしまうのです。

ダイエットに成功する人

ダイエットに1~2割の人が成功しているのも事実です。芸能人やプロサッカー選手になるよりは、ずっと高い成功率です。

しかも、プロサッカー選手になるためには、幼稚園の頃からサッカーをはじめ、体もある程度大きくなければならず、何よりも努力ではカバーできない才能がなくてはいけません。

それに比べてダイエットはどうでしょう。思いついたら未経験でも始めるものだし、才能なんて関係ありません。痩せたら勝ちなのです。

ダイエットは精神論ではだめ

ではなぜ1,2割の人は成功するのでしょうか。意志が強いからでしょうか。もちろんそういうこともあると思いますが、わたしは精神論ではなく、物理的に、何が成功者と失敗者を分けているのか、考えてみたいと思います。

だって、「ダイエットに失敗するのは意志が弱いから」といわれたって、なす術はありませんよね。性格ほど変えるのが難しいものはありませんから。

ダイエットの敵は、食欲というモンスター

ダイエットとは自分自身の戦いだとよく言います。しかしダイエットの敵が自分自身だと設定してしまうと、構図が見えにくくなります。

ダイエットをしているとき、何がツライでしょうか。どこか痛くなるでしょうか。違いますよね。食べたくなるんですよね。食欲ですよね。ダイエットの敵は、食欲です。

食欲と闘うのがダイエットです。食欲と自分自身を、一度切り離して考えましょう。

食欲はナンバーワン

食欲に意志で勝てるのでしょうか。わたしは無理だと思います。食欲というのは、人に備わった本能です。物欲とか権力欲とか金銭欲とかも相当強い欲ですが、それらは精神面のみです。

それらが満たされなくても、生物的には困りませんし、死にません。しかし食欲は、食べたいという精神的な欲プラス、物理的に体が食べ物を要求します。欲の中でも、食欲は、ナンバーワンといって良いくらいのパワーを持っています。

欲の特性

更にダイエット中は、食欲を押さえつけます。人間の欲の特性として、押さえつけると増大する傾向があります。ちょっと見たいと思ったものがあって、見るなといわれると、余計に見たくなります。

見たいという欲が、押さえつけられることで、更に増大します。ちょっと欲しいかな、くらいだったのに、邪魔されたために、猛烈に欲しくなった経験ありませんか?

欲にはこのような特性があります。逆にいえば、欲を高めたければ、押さえつければ良いのです。

ダイエットでは愚かにも、食欲という人間なら100%持っている欲を、高める行為でもあるのです。コレに本当に意志だけで対抗できるのでしょうか。

必要なのは知識と情報

わたしはダイエットに必要なのは、知識と情報だと思っています。ダイエットの情報戦を制したものが成功する。痩せられる。情報戦というと大げさのようですが、ネットでも本屋でも、ダイエット情報は膨大でまさに星の数。

企業は自分たちの商品を売るために、自社に優位なダイエット情報をまきちらしています。ネットだって、果たしてどれだけ本当の情報があるのでしょう。

体験談や口コミやレビューだって、企業がお金を払って書かせているものが、膨大な量で、ネットやチラシを満たしています。

しかもネットではSEO対策をしているので、そういった企業の息のかかったサイトがトップページに表示されるので、本当の体験談やレビューが見つからないことも多々。そんな中から、必要な知識と情報を得るのは、まさに情報戦だと思います。

1つのこと

わたしはここで、ダイエットに本当に必要な知識と情報を、簡潔に1つだけ述べたいと思います。
食事で気にするべき数値は1つだけです。糖質の量です。たんぱく質、脂質、糖質の三大栄養素のうち、もっとも太る原因となるのは、糖質です。ですから、食べるときは、糖質量だけを、とりあえずは気にしてください。

隠れモンスター

周りにある食品の栄養表示を見ていただくと気づくと思いますが、たいていは糖質量の表示はありません。エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウムの5項目だと思います。

糖質の表示はどこにもありません。しかし実は、隠れているのです。炭水化物に隠れているのです。炭水化物は、糖質と食物繊維の合計です。

つまり食物繊維のない食物(ほとんどの食べ物に食物繊維はありません。だからこそ、食物繊維を摂取することをよく推奨されます)は、炭水化物の数値=糖質の量 なのです。

カロリーは

ではカロリーの数値は無視してよいのでしょうか。良いと思います。どうしても気になるようでしたら、参考程度に見ても良いと思いますが、あくまで糖質の量(炭水化物)がメインです。

なぜなら、同じ数値のカロリーにも、太るカロリーと太らないカロリーがあるからです。

全く同じカロリー数値を示している、糖質(炭水化物)が多くてたんぱく質の少ない食物と、糖質(炭水化物)が少なくてたんぱく質が多い食物があったならば、後者の方が、圧倒的に太りにくいのです。

なぜならば、カロリー測定でポピュラーが手法は、食材をペースト状にして、それを特殊な装置の中で燃やして、その熱で水を温めるエネルギーを測っているからです。

装置の中で燃えて生じるエネルギーの度合いと、その食物が体の中で脂肪に変わる度合いは、必ずしも一致しません。

よくしたり顔で「摂取カロリーと消費カロリーが一緒なら太らない」という、カロリー至上主義な人がいますが、まったくの間違いです。同カロリーでも、太りやすい食物もあれば、そうでない食物もあるのです。

1つのことだけを大切に

糖質の量(炭水化物)に気をつける。この1つのことだけを肝に銘じるだけで、成功する1,2割にぐっと近づくはずです。膨大なノイズに惑わされないでください。これを知っておけば、食欲というモンスターに真正面から挑む必要もなくなります。

執筆者 痩田筋男について

ダイエット成功・失敗に関する口コミ・体験談

ダイエットサプリを利用したダイエットの顛末記

ダイエット成功の口コミ1ダイエットに成功しても、いつも不満が残る結果になっていました。それは、体重は減少するものの体脂肪率があまり少なくならないことです。食事制限を中心としたダイエットでは脂肪と筋肉が3:1の割合で減少すると言われていますから、体重が減少することは筋肉もある程度減少することは仕方のないことかもしれません。しかし、ダイエットの目的としては体重を減らして健康になるということはもちろんですが、カッコイイ体型になるということも重要です。カッコイイ体型になるためには筋肉をなるべく減らさずに脂肪を大幅に減らすことが必要となります。

そこで、利用したのが脂肪燃焼に効果があるというダイエットサプリです。最近ではたくさんの脂肪燃焼に効果があるとされているサプリが販売されていますが、選択したのは古くから使われている防風通聖散という漢方薬をベースと作られているダイエットサプリでした。サプリメントいうよりは漢方薬と言ったほうがいいのかもしれません。ただし、ダイエットサプリを使うからにはじっくりと脂肪減少を目指すために半年間は続けるために一括で半年間分のダイエットサプリを購入しました。はっきりいいますとかなりの出費になりました。これで、少なくともダイエット効果を上げないとこの出費は無駄になるというプレッシャーを自分に課したということにもなります。もちろん、この脂肪燃焼サプリメントだけではなく、筋肉を落とさないためにあまりハードではないものの筋トレもはじめました。

自分で自分にかけたプレッシャーが効いたのかどうかはわかりませんが、なんとか半年間続けることができました。半年間で10キログラム程度の体重減少を目指していましたが、それは達成することができました。しかし、このダイエットでは体重減少イコールダイエット成功ではありませんから、体脂肪の減少が問題でした。実際に体脂肪計によって測った結果はある程度の体脂肪率の減少はありました。しかし、期待したほどの体脂肪率の減少はありませんでした。脂肪燃焼サプリメントの効いたのか、ただダイエットの効果で体脂肪率が減ったのか判断が難しいのですが、少なくとも失敗ではなかったが成功とも言い難いという結果となったのです。

筋トレと炭水化物ダイエットで大幅体重減

ダイエット成功の口コミ2ダイエットを成功させるためには、身体の中の脂肪を燃やすことと貯めないことが、成功の秘訣です。まずは、脂肪も燃えやすくする体質改善です。

脂肪燃焼の運動というと、ジョギングやウォーキングと言った有酸素運動が効果的とされているのですが、より高い効果を出すのが、筋力トレーニングです。

筋力を高めると、それだけで基礎代謝力が上がってくるからです。基礎代謝とは、身体を動かさなくても、生命を維持させるために必要最低限のエネルギーの消費を意味しています。

したがって、寝ている間も脂肪を燃焼させているのです。

基礎代謝は1日の全エネルギー消費の6割を占めていることから、この代謝力をアップさせることで、大幅なダイエットが可能なのです。

そのために筋トレをすることによって、日頃からエネルギーを大量に活発に燃やす体質に変えていく訳です。

これは有酸素運動をするよりも、高い効果を示してくれます。次は炭水化物の摂取を控えることです。炭水化物の食事というと、ごはん類、麺類があります。

これらを食べることにより、炭水化物が体内で脂肪として蓄積されていきます。そのために、可能な限り炭水化物を控えることです。

但し、1日盧必要最低限のエネルギーを確保することも必要なので、朝や昼間は積極的に炭水化物を摂ることは必要です。

昼間の間は身体を、動きしていますので、エネルギーの元もなる炭水化物は必須です。

大事なことは炭水化物を控えるタイミングです。それは夜の食事メニューから炭水化物類を控えることなのです。

夜は身体を動かさないために、夜はごはん類を摂らずに、他の食材に切り替えることです。野菜類、肉類を中心にした食事にして、ごはん類、麺類は一切摂らないのです。

肉類は肥る原因になりそうなイメージがあるのですが、筋力を高めるためには、必須の食材なので、筋トレと組み合わせた食事として、ダイエットには効果的なのです。

日頃のダイエットでは、カロリー制限に重点を置きがちですが、正しい理解の下に食事の見直しの必要なのです。

ダイエットに成功に必要なもの、それは動機と志。

ダイエット成功の口コミ3ダイエットを成功させるために必要なもの、それは「なぜダイエットをすることになったのか」その動機を何度も頭の中に叩きこむことです。

なぜダイエットをすることになったのか、その動機はひとそれぞれですが、その動機こそが、ダイエットを進める上でもっとも必要なものです。

動機そのものは、健康維持のためであろうが、美しくなりたいからであろうが、別にかまいません。大切なのはその志を忘れないことなのです。

私の場合、中年太りをしてきた腹を少しでも引っこめることが、ダイエットの動機でした。だからダイエットが辛くなってくると、何度も腹を確認して、この腹を引っこめようという決意を新たにしたのです。

結果的に、この太ったお腹をモデルのような体形にすることは出来ませんでしたが、それでも、10キロ近く体重を落とすことができましたし、どかっと出ていた腹をそこそこ出ている腹にすることができました。

なので、ダイエットは完璧ではないにせよ成功だったと言えます。それを可能にしたのは小手先のテクニックではなく、痩せようという強い志だったのです。

これらのことを考えると、ダイエットの成功にもっとも必要なのは、痩せようとする意志そのものだと言えます。

もちろん、いくら意思があっても効果的なダイエット法を知らないと、なかなか痩せられず結果的には挫折してしまうので、そういう知識も必要なのですが、いくらダイエット知識があっても根気がなければどうにもなりません。

だからダイエットが辛くなったら、なぜ自分がダイエットをしているのか、その志を思い出しましょう。

このお腹を引っこめたい、美しくなって周囲を驚かせたい、健康診断の結果が悪かったので痩せて健康になりたい、そういうことを、心が折れそうになるたびに思い出せば、人間は何度でも立ち上がることができます。

なので、ダイエットを成功させたいなら、それを成功させるための強い意志と動機を持ちましょう。そうすれば、10キロでも20キロでも痩せることができるでしょう。

48キロから42キロへ。私のダイエット成功談。

ダイエット成功の口コミ4私がダイエットを行い成功した時の体験談です。身長156cm48キロから42キロと、元々かなり太っていたわけではありませんが、かなり体重を減らすことに成功しました。

この成功の秘訣はカロリー管理にあります。まずダイエットを始めるにあたり目標体重を決めて、そこから毎日体重と体脂肪を携帯のアプリで記録しました。

あわせて一緒に記録したのが食事内容とそのカロリー計算です。1日に自分が何をどのくらい食べたのか記録をしたのです。それを見て、間食を減らしたり炭水化物を減らしたりするようになりました。

記録をつけることにより、なんとなく食事をする際に食べ過ぎることを防止出来る様になったのです。この食事のカロリー計算だけでかなり体重は減らす事が出来ました。

しかし、途中から一向に減らなくなります。そこで適度な運動をして、その消費カロリーも計算するようになりました。

そうすれば自分が食べ過ぎた分のカロリー調整も出来るようになりますし、やはり消費カロリーが高くないと一定の体重からは減りにくいのです。

適度な運動を続けるうちに体脂肪がグッと減っていきました。この体脂肪が減るにあたり体重も落ちやすくなったのです。

体脂肪が減ってからは割と食べても太りにくくなりましたし、運動をしない日でも体重が大きく変わらなくなりました。

やはり体脂肪はダイエットにとって重要なものなのです。体脂肪率が下がれば太りにくい体質を作り出す事が出来ます。そうすればダイエットのリバウンドも防ぎやすくなるのです。

私は目標体重になってからカロリー計算は辞めてしまい、毎日の体重チェックのみをするようになりました。もちろん適度な運動はたまに挟んでいます。

しかし一度落ちた体脂肪率はなかなか上がらないですし、体重も大きく変わる事なく現状維持出来ています。ダイエットになかなか成功しない方は一度カロリー管理をしながら体脂肪率をチェックしてみてください。

きっとダイエットに成功出来るはずです。

置き換え&有酸素運動効果で酵素ドリンクダイエットが大成功した!

ダイエット成功の口コミ5私はダイエットに燃えて酵素ドリンクを入手しました。ネットで買える酵素ドリンクがあって、それを使って痩せることにしたのです。酵素ドリンクによるダイエットはやるのが初めてで、最初はどうしたらいいか分かりませんでした。それで、ただ飲んでいたのですが数日間あまりに効き目がなかったので、いろいろと自分なりに調べてみたのです。そこで自分のダイエット方法に問題があることを知りました。酵素ドリンクは飲むだけではダイエット効果が現れないダイエット法だったのです。

私は酵素ドリンクダイエットのやり方を一からネットで調べて、熟読しました。そして酵素ドリンクで痩せるためには二つポイントがあることを知ったのです。一つは置き換えダイエットですね。朝食か夕食を酵素ドリンクに置き換えて飲むことが必要だと知って、急遽朝食を酵素ドリンクに変えました。それから運動をコンスタントにやるべきと書いてあってそれも試しました。どうやら酵素ドリンクの酵素は代謝に使われるらしくって、脂肪を燃焼するためには運動をするしかないのです。しかも無酸素運動よりも有酸素運動が良いと書いてあって、私は有酸素運動であるウォーキングとジョギングを交互に始めました。そうやって毎日のように運動も取り入れたのです。

そうすることでダイエット効果が日に日に出てくるようになって、気づいたら4キロものダイエットに成功していました。久々に50キロ代に戻って泣きたいくらいに嬉しかったです。酵素ドリンクを使ってダイエットをするならこういう二つのポイントに注意してダイエットすることが大事です。ダイエット効果が出ない人は食事を抜いて酵素ドリンクに置き換える方法と適度に有酸素運動して脂肪を燃焼することをやってみてください。そうやってダイエットを一生懸命頑張れば痩せることはできます。

私は今回のダイエットで、酵素ドリンクの「ダイエットする力」を実感しました。確かに正しいやり方でやれば酵素ドリンクダイエット効果は出るでしょう。

しっかり食べる!身体あっためダイエット

ダイエット成功の口コミ610代の頃から様々なダイエットに挑んだ私。運動も食事制限もストイックに頑張った結果、10代当時はかなり筋肉質で引き締まったやせ形体系を維持していました。・・・それから10数年。

当時頑張った成果がまさかの裏目に出ることになったのです。とにかく痩せない。食べなくても運動しても痩せない。

そう。これまでダイエットではカロリー摂取をとにかく控えて運動することで痩せていた私は、ちょっとやそっとの食事制限や運動では痩せなくなっていたのです。

基礎代謝も低く、常に身体の中は冷えた状態でした。どうしようか。どうしたら痩せるのか。

考えた結果、行き着いたのが食事のバランスと身体作りの見直しでした。身体が冷えているのなら暖めて基礎代謝をあげることを目指そう!

ダイエットの天敵とも言えるお米を1日3食必ず食べました。そのかわり身体を冷やす小麦、パンや麺類は週に1回程度。お肉も意識的食べる。できるだけ冷たいものは控え、野菜も炒めたりスープなどにして熱を入れ、身体を温めることを意識した食事に変えました。ちなみに毎食必ずお腹いっぱい満足になるまで食べました。

そんな食事を1ヶ月ほど続けたある日、体重計に乗ってみると・・・減ってる・・!!毎日お腹いっぱい食べているのに体重が減っていたんです。

週に1〜2回はストレッチやウォーキングをしていましたが、運動はそれくらいです。ですが、身体を温める食事で何年も減ることのなかった私の体重がついに右肩下がりになったのです!

その後、そんな食事を3ヶ月続けたところ3キロのマイナスに成功。

私の身体はこれまでどれだけ冷えていたんだと思わなくもありませんが、しかし1ヶ月に1キロずつ減っていくのは健康的にもよさそうなゆっくりペースで私的には理想的な気がします。何より何も我慢していないので、ダイエットをしている窮屈さというか、ストレスは何もありません。

色んなダイエット食品や食べ方などあるけれど、一通りチャレンジしたひえひえ体質の人には逆にちゃんと食べるダイエットというのも成果があるのかもしれません。

糖質制限ダイエットで2ヶ月で6キロのダイエットに成功しました

ダイエット成功の口コミ740代になってからは、今までと食事量が変わっていないはずなのに、体重がジリジリと増加し始めました。もともと運動もあまり好きではないインドアタイプなのでそれも体重増加の原因になったのだと思います。ですが一番の原因は40代になったことで基礎代謝量が落ちて脂肪燃焼をする力が落ちたことだと思っています。

代謝量が落ちると、とにかく痩せにくい体質になります。若い頃は体重を落とすのはものすごく簡単でした。2、3日食事制限をすればストンと2、3キロを落とすことができたのですが40代ともなるとそうはいきません。とにかく日頃の生活習慣をしっかり見直す頃から始める必要がありました。

ネットでさまざまなダイエット方法を調べたところ糖質制限ダイエットというのが今最も人気を集めているダイエット方法だということを知りました。糖質摂取を制限することで、痩せにくい身体から痩せやすい体へと変えることが可能だということでした。

糖質制限ダイエットの基本は、糖質に変わる穀物を摂取しないことが基本になります。でもご飯やパスタ、パンなどを一切口にしないというのはちょっと無理があるとおもい、長く続けることができないと思ったので自分的には少し緩めの糖質制限を行うことにしたのです。

私流の糖質制限ダイエットは、まずご飯は白米を一切やめて玄米に変えました。そしてパンは白いパンを一切やめて全粒粉パンにしました。そしてあとは魚や野菜、卵などを中心とした食生活にしたのです。大好きな果物も一応は一定期間は摂取しないように努力しました。そして低糖質の玄米や全粒粉パンは、朝か昼のみということにして、夜は一切玄米やパスタ類をとらず、野菜や豆腐、少しのお肉類でバランスのとれたおかずを作り、おかずだけを食べるということを徹底したのです。

すると1ヶ月で、すぐに4キロのダイエットに成功したのです。糖質制限ダイエットは、最初の1、2習慣は慣れるまでが結構大変で、夜も主食の玄米食を口にできないということで満足感があまり得られず苦労しました。ですが、最初の1週間をなんとか超えられると体が急に慣れてきて、ご飯がなくてもおかずだけを味わえるようになってきたのです。

しかも完全な糖質制限ダイエットではないので、案外ラクにダイエットを継続することができています。緩めの糖質制限でもしっかり体重は落ちていき、現在は6キロ減の状態をキープしています。

眉唾?ダイエットサプリメントの効果のほどは…

ダイエット成功の口コミ8自分はもともとはダイエットなんて言う事とは遠藤い体でした。腹筋が割れているとまではいきませんでしたが、充分痩せていました。大学生の時身長と体重があのオリンピックメダリストの池谷幸雄さんの弟でブレイクモンキーズの池谷直樹さんと全く同じ値だったこともありました。

身長が1メートル68センチで、体重が58キログラムでした。女性ではありますけど佐々木久子さん(北斗晶さん)とも体重も身長も同じでした。それでいて大食い大会とかに出ても成績を残せましたし、それでも太りませんでした。

でもそれはしょせん「若いから、代謝がいいから」だったんです。大学のころの身長と体重はその後就職してしまったら見えない所からガタが出てきてしまったんです。更に言えば、就職して仕事をしているとストレスが出てきちゃうんです。そうなったとき、最初に福岡にいた時はパブとかバーでカクテルを飲んでたこともありますけど、メチャクチャ安い金額で遊べるゲームセンターがありそこで体を動かすゲームをやっていたりとかをしてもいました。

しかし東京に言った辺りから上司とのそりが合わなくなり、暴飲暴食をしていました。結果としてあれ程自慢だった58キログラムの体重が83キログラムまで太ってしまいました。

でも、実家に帰ってきてからは親が心配してくれて、食事の事とかサプリメントを調べたりしてくれていました。そんな中で知り合ったのが福岡にある「ハーブ健康本舗社」さんの「シボヘール」というサプリメントでした。自暴自棄になっていた自分に母が「これを飲みなさい。いやだというなら当てを見つけて出ていきなさい」と言われました。その時は「サプリメントだろうがそんなもの効かねえだろ。だけど家を出て行って、当てもなく暮らすのも嫌だな」と思って服用し始めました。そうしたらあれほど増えるのに絞れなかった体重が83キログラムから72キログラムまで11キログラムも落ちたのです。これは事実です。嘘だと思うんであれば「ハーブ健康本舗社」さんの「シボヘール」について調べてみてください。

それ以上に「ハーブ健康本舗社」さんの「シボヘール」は2~3キログラムを落とすものだそうです。11キログラムもの減量は信じられないと言っていました。

今は体を動かしたり、食事に気を付けたりしてあと2キログラム位落として見せたいと思ってダイエットをしています。

信じて、ダイエットを皆さんで頑張りましょう。

プチ断食ダイエットで10kgの減量に成功!

ダイエット成功の口コミ9数多くあるダイエット方法の中で特に効果があったのは、プチ断食ダイエットです。最低12時間は断食するというシンプルなものです。例えば、夜の19時夕飯を食べたとします。12時間断食をします。次の食事ができるのは、次の日の朝7時以降になります。ですので、1日3食の考え方は関係なくなります。特に、夜型の人で、遅い時間にご飯を食べている人に向いているダイエット方法だと思います。当時、わたしは接客業でした。出勤は遅めの10時です。

退勤は、21時頃でした。そうなると、夕飯は22時過ぎになってしまいます。偏った食生活やホルモンバランスが乱れて、1年間で10kgも太ってしまいました。このままでは、身体に悪いのでダイエットを決心したのです。私の場合、22時に食事をとり、そこから12時間断食します。翌朝10時以降から食事がとれます。

もし、12時間以内で空腹を感じた場合は、白湯やヨーグルト等を口にします。断食後の食事は、軽めの物をといわれますが、食事制限はないので、好きな物を好きなだけ食べれます。平日は12時間断食を行い、休日はカロリーの少ない物や身体に優しい物を摂り入れるようにします。

この方法を、まず3ヶ月行いました。結果、3kgの減量に成功しました。半年後には、5kg減量し、1年後には、7kgの減量をすることができました。このダイエットは、12時間断食することを守ればよいので、食べれない物があるとか、運動をしないといけないといった制限がないのでストレスなく続けることができます。

12時間断食ダイエットをはじめて2年半が過ぎましたが、無理なく続けられています。あれから、13kgの減量に成功しました。これといって特別な運動もしていませんし、食事の量も変わらず、脂っこいもの食べ外食もしていますが、断食をすることで胃をしっかり休ませることができ消化も良くなっています。むくみもとれ身体が軽くなり、健康的になったと感じます。

走り切った3か月、地道な減量

ダイエット成功の口コミ10学生の頃の話ですが、不規則な生活や甘いものの食べ過ぎで結構太っていました。BMIで24くらいだったと思います。僕は結構見た目を気にするほうだったのでダイエットを決意しました。

なかなかしんどいだろうな、とは思ったのですが、身近な友達で成功した人がいたので励みになりました。そしてあまり急激にダイエットするとリバウンドすると聞いたので1か月で1kg、3か月で3kgを目標としました。

ダイエットのメニューとしてはジョギングをしました。やはりジョギングは手軽にできますし、僕の町ではよくジョギングしている人を見かけたので「僕もやってみようかな」と思ったからです。

そして毎日の実績を数値化しようと思ったのですが、距離だと正確にわかりません。そこでストップウォッチで時間を測ってそれを記録することにしました。また、付き合いなどでジョギングできない日もあると想定し、Ⅰ種間単位で、1日平均1時間走ることを目標としました。そうすることで、ジョギングできない日を他の日のジョギングで補えると思ったのです。

実際やってみると気分が乗っている日はどんどん走れます。1時間どころか2,3時間走れるような気分になります。しかし気分が乗っていなかったり辛いことがあって落ち込んでいる日などはなかなかやる気が出ず、走り始めるまでダラダラと体操をしてしまったりしていました。やはり精神面が大切なんだとわかりました。

雨の日はやはり走れないのでやきもきしました。また降水確率30%くらいのときがいちばんモチベーション面で微妙でした。走り始めて雨が降ってきそうだ、それなら最初から走らないでおこうか、と葛藤がありました。

そのほかポイントとなったのは音楽でした。走りながら音楽を聴いているとやる気がでます。なので走る前にお気に入りリストというか曲を聴く順番を設定していました。しんどくなってくる時間にいちばんお気に入りの曲を聞けるような設定をしていたのです。

結局、なんとか3か月で3.5kgダイエットに成功しました。周りにも褒められうれしかったです。