最終更新日2018.05.11
痩田筋男痩田筋男

会話の中で基礎代謝たる言葉が良くでてきますが、意外とおぼろげにわかったつもりで、流している人がいるようです。

ましてやそれが、ダイエットと深く関わっていることを、整然と説明できる方は、じつは多くはないのではないでしょうか。ここでは知っていることが当たり前となっている基礎代謝の基本知識と、それがどうやってダイエットに結びついていくのか、じっくり説明したいと思います。

基礎代謝とは何か

寝ていても、ぼけっと座っていても、使っているエネルギー(カロリー)です。わたしたちの体は、眠っていても、フル稼働しています。

呼吸をするために大きな横隔膜が上下運動をしていますし、血液をつま先から指先まで送り出すために心臓はポンプ運動を1秒たりとも止めませんし、身体中の肌は常に新陳代謝が行われていますし、無駄毛も含めてそこらの毛穴ではせっせと毛を製造し、20本の指先では爪も伸び続けています。

お腹の中には何らかの食べ物が常にありますから、胃も腸も24時間365日、休みナシ、残業ありありで、働きまくっています。脳だって寝ていても記憶の整理(その過程で夢を見るといいます)や体中の生命機能の管理など、休むことなく働いています。

これらの活動はすべて、当たり前ですが、エネルギーを使います。このエネルギーのことを、基礎代謝といいます。

基礎代謝ランキング

基礎代謝で消費エネルギーの多い人体の部位ランキングは以下です。

  • 1位|肝臓
  • 2位同着|脳、筋肉
  • 4位|腎臓
  • 5位|心臓

脳と筋肉は同じくらいの消費量ですが、一番多いのは、肝臓です。肝臓は沈黙の臓器といいますが、エネルギー消費から見ると、人体におけるもっとも多忙な働き者といえます。

肝臓は何千という酵素を使いこなして、500以上の化学反応を起こす、現代の最近技術でも、同じ機能をする設備を作れないといわれる、超高性能な内臓です。

消化液を作る、栄養を貯めたり変えたりする、解毒する、この3つが主な働きです。基礎代謝のうち4分の一が、この肝臓によって使われます。

次は、脳と筋肉です。脳は物理的に動かないのに、エネルギーの2割を消費することは、耳にされたことがあると思います。筋肉も同量を消費しますが、後述します。

基礎代謝の高低

大きい人の方が、その大きな体を運営するために、より多くのエネルギーを使います。象という大きな体を運営するためのエネルギーが、小さなねずみの体を運営するよりも、ずっと多いことは、想像に難しくありません。

これを、象の方がねずみより、基礎代謝が高いといいます。人間もこれと同じで、一般的には、体が大きくて重い人ほど、基礎代謝が高くなります。

基礎代謝は、高い方がいいのか、低いほうがいいのか

しかし同じくらいの身長と体型の人でも、基礎代謝に大きく差がでることがあります。性別、年齢、筋肉量、です。このあたりは後述しますが、基礎代謝は、高い方がいいのか、低いほうがいいのか、どっちなのかをまず考えてみます。

まず、飢餓地域などにおける生命維持という点では、基礎代謝は低いほうが良いです。エネルギー消費がより少ないわけですから、より長持ちします。

しかしわたしたちの生活ではいかがでしょう。基礎代謝が低いとエネルギー消費が少ないわけで、残った余計なエネルギーはすべて排泄物として体の外に出て行ってくれれば良いのですが、そうは問屋が卸さないのです。

体が脂肪としてたくわえてしまうのです。人類は誕生してから99.99%が飢餓との闘いであったわけで、現代のように捨てるほど食べ物があるという状態に、わたしたちの体はなっていないのです。

いずれくるであろう(と勝手に体が思っている)飢餓にそなえて、使わないエネルギーは、大事に脂肪として保管しておくように、人体がデザインされているのです。

基礎代謝が低いということは、より脂肪をためやすい体ということです。

基礎代謝が高い人

では反対に、基礎代謝が高い人はどうでしょう。まったく同じものを食べても飲んでも、肝臓、脳、心臓、腎臓その他の部位が、より多くのエネルギーとして使ってくれるので、脂肪としてたくわえられる分が、基礎代謝が低い人よりも、少なくなるのです。要するに、太りにくい体質なのです。

  • 基礎代謝が低い=太りやすい
  • 基礎代謝が高い=痩せやすい

このような理解でよいと思います。

こうなると、基礎代謝はぜひ高くしたいですよね。何が基礎代謝の高い低いの差をつくっているのかを見ていきましょう。まずは本人の努力ではどうしようもない要素から。

  • 身長|これはどうしようもないですね。
  • 性別|これもどうしようもありません。

参考までに、男性の方が基礎代謝量は多いです。男性の方が体が大きいですし、彼らが大食いなのは、これで納得(?)

基礎代謝と年齢

年齢を重ねれば重ねるほど、基礎代謝は低くなります。若い人はまだ体験していませんが、20代後半以降の人は、わかると思います。若いときと全く同じ活動と食事をしているのに太るのは、基礎代謝が低くなってきているからです。

ですから同じ体重を維持したければ、食事だけでも30近くになってきたら、年を重ねるごとに減らしていかないといかないのです。20代の人と、40代の人が、同じ定食を食べれば、40代がぷくぷく太っていくのは当たり前です。

年齢を重ねると基礎代謝が低くなり、良い意味でいうと省エネ体質になります。例えば、中年の人は、外の温度変化に敏感で、寒くなるとすぐに防寒したくなります(おばさんが、子供にやたら、何かを羽織らせたがるのを見たことがありませんか)。

あれは体温維持のために使っているエネルギー消費が少ないため、温度変化に対応できないからです。逆に若者はへっちゃらだったりします。若者は大量に体温維持のためのエネルギーを使っているので、外気の温度変化にも平気です。

若い頃にエネルギーがありあまっているのは、実際にエネルギーを大量に使って生きているからです。

筋肉と基礎代謝

ではここからは、本人の努力で何とかできる、基礎代謝を高める要素を探ります。基礎代謝が高いのは、より大きくてより重い人だといいました。身長はどうにもなりません。

重くなればいいのなら、太ればいいのでしょうが、やせるために基礎代謝を上げたいので、太ってしまっては意味がありません。では脂肪でもなく身長でもなく、体を大きく重くすることはできるのでしょうか。

それが筋肉です。筋トレをすると、筋肉が数キロ増えます。むきむきマッチョではありません。もともと筋肉は、平均的な成人男性なら、20キロ以上、女性でも15キロはあるのです。

それが1,2割程度増えても筋肉質にはなりません。むきむきマッチョな人は、筋肉だけで50キロという人もざらです。

局地的に一箇所だけを重点して筋トレするなら別ですが、普通にトレーニングをすれば、外見からは見えない、太ももや胸や腕に、うっすら筋肉がつくだけで、かなり体は重くなります(体重は増えても、体脂肪は減りますし、スリムに見えるので、ご安心を)。そして基礎代謝が上がるのです。

前述のように、基礎代謝の中で最もエネルギーを使う2位が、筋肉でした。もとから体についている10キロ以上ある筋肉は、寝ていても大量にカロリー(エネルギー)を消費してくれます。

それを少し増やすだけでも、基礎代謝をかなり上げてくれるはずです。

おすすめの筋肉トレーニング

ベストはジムに行って専門トレーナーに見てもらうことですが、いきなりそれではハードルが高すぎますよね。ここでは自宅でできる、基礎代謝を上げるための簡単な筋肉トレーニングを紹介します。

それはずばり、スクワットです。おすすめする理由は以下です。

  • ヒップアップ
  • 下半身が引きしまる
  • テレビを見ながらできる
  • 短時間で終わる
  • 初心者から上級者までカバーする
  • 歩いたり動き回るのが楽になる
  • 器具がいらない
  • 姿勢が良くなる
  • 腹筋もきたえられる

太ももの筋肉が主に鍛えられますが、太ももの筋肉は大腿四頭筋といわれ、非常に大きな筋肉で、しかも豊かな脂肪に覆われているので、増量しても目立ちにくい部分です。

次に鍛えられるのが、大臀筋、いわゆるお尻の筋肉ですが、スクワットを続けると、ぷるっとした形に変わっていきます。

またスクワットを背筋を伸ばした正しい姿勢で行うと、姿勢維持の背中の筋肉(脊柱起立筋)が強くなりますので、普段の生活でも背筋が伸びてきます。同時に姿勢を保つために腹筋も鍛えられます。

スクワットを実践してみましょう

  • 普通に立ちます
  • お腹は締めて、胸を張り、背筋を伸ばします
  • その姿勢を保ちながら、膝を曲げながら、腰を下ろしていきます
  • 太ももと床が平行になるまで曲げます
  • 姿勢を変えないで、膝を伸ばします

コツは、一連の動作を、ゆっくりやること。下に行くときも上に戻るときも、背筋を伸ばして、上体がなるだけ前にかがまないこと(両手を前に伸ばしていくと、前かがみになるのを防げます)。

膝を曲げるときに、お尻を後ろにツンと張ること。お尻が下に下がるのではなく、斜め後ろに下がること。

そうしないと、ただの膝曲げ運動になってしまいますので、効果は全然ありません。初めての人は、正しい姿勢だと、3回もできないはずです。

正しい姿勢であれば、太ももと背中がきついのを感じるはずです。スクワットで検索すれば動画はたくさんでてきますので、スマホで自撮りして、比較するとよいかもしれません。

執筆者 痩田筋男について

こちらもチェック!よく読まれているコンテンツ!

基礎代謝とダイエットに関する口コミ・体験談

基礎代謝とダイエットの深い関係性

基礎代謝とダイエットの口コミ1ダイエット計画を立てるのに基礎代謝を無視することはできません。基礎代謝とは人間が生命を維持するために最低限必要なエネルギー量のことで、体を全く動かさないような場合でも基礎代謝分のエネルギーは消費しています。ダイエット計画のカロリー計算でまず考えなければならないの基礎代謝量です。

基礎代謝量は年齢が大きく影響します。例えば、体重が大人とは比べ物にならないような子供が大人と同じくらいの食事量をとっても太ることがないのは運動量の多さと同時の基礎代謝量が多いからです。加齢によって基礎代謝量は減っていきますので、年齢を重ねていけばいくほどダイエットで痩せにくくなるというのは基礎代謝量の減少が大きな要因となっていることが考えられます。もう一つ基礎代謝量に影響しているのが体重です。体重が多いと基礎代謝量が多くなります。

これから考えると年齢と体重がわかれば自分の基礎代謝量を計算することがでますが、インターネットで簡易的に計算できるサイトがあるので利用すれば良いでしょう。基礎代謝量に運動や仕事などのよるカロリー消費量をプラスしたものが一日の消費カロリーとなります。この一日の消費カロリーと同じカロリー量を食事で摂取すれば体重は増減しないということになります。

ダイエットは一日の消費カロリーを増やすことか一日の消費カロリーよりも摂取カロリーを減らすことによって実行しますが。基礎代謝量を増やすことが出来れば、ダイエットもより効率的になりますし、ダイエット後もリバウンドしにくい体質となります。

基礎代謝量を上げるためには筋肉がたくさんの代謝量があるとされてきましたので、筋トレによる筋肉量の増加や維持が有効とされてきました。しかし最近の研究では肝臓の代謝量が最も多く、次いで脳の代謝量、3位に筋肉の代謝量となっています。このことから考えると筋トレなども有効であることに代わりありませんが、内蔵(特に肝臓)機能を高めることで基礎代謝量があがり、太りにくい体質を作ることができるのです。

基礎代謝を上げてダイエットを試みるために行っていること

基礎代謝とダイエットの口コミ2若い頃は運動が好きでしたが、最近では加齢や忙しさが原因となり、以前のように運動する機会がなくなってしまいました。それに伴って身体が徐々に太ってしまい、現在ダイエットを行っています。主な方法は糖質をカットする糖質ダイエットです。しかしせっかくなら太りにくい体を作ろうと思い、基礎代謝をアップさせることにも励んでいます。基礎代謝をアップさせれば脂肪が燃焼しやすくなるために、肥満を気にすることなく生活できます。そして基礎代謝のアップに欠かすことができないのが筋肉量の増加です。

筋肉が多いと脂肪が燃焼しやすくなります。その結果、肥満が解消されるのです。先にも述べたように、現在の自分には以前のように運動するための時間も体力もありません。しかし唯一定期的に行えている運動があります。それは筋トレです。筋トレといっても自分が行っているのは簡単な腕立て伏せや腹筋運動などです。このような運動はフリーな時間帯に自宅で行えるために、続けることができています。そしてこうした運動であっても、筋肉が発達していく様子が実感できています。

また筋肉の発達には細胞分裂が関係しています。人の体は全て細胞でできているために、細胞がスムーズに作られる環境を整えることが必要です。人の細胞は22時から2時の間に活発に分裂を行います。そしてこの時間帯にしっかりと睡眠を取るならその活動はさらに活発になるのです。このことを知ってからというもの、自分は早寝早起きを心がけるようにしています。最初のうちはこのような生活になかなか慣れることができませんでした。しかし今では前の日に行えなかったことを次の日の朝に行うようにすることで、予定を調整することができています。

糖質ダイエットの効果もあり、身体は少しずつ細くなっています。また筋トレや生活習慣を正したことで健康的なダイエットを行うことができています。ブヨブヨしていた体が、徐々に締まってきたことにも喜びを感じています。

基礎代謝上げてダイエットする秘訣

基礎代謝とダイエットの口コミ3ダイエットをすることは、体内に溜まり過ぎでいる脂肪を減らすことです。脂肪燃焼により、体重も減っていき身体が楽になってきます。

ただ、最近の効果的なダイエット法は、基礎代謝力を上げることにフォーカスが当てられています。基礎代謝とは、人が生命を維持するための必要最低限のエネルギー消費を指しています。

その基礎代謝を上げることで、日頃からの脂肪燃焼を促進させるのです。今までのダイエット法として、食事はカロリー制限を意識した食事制限。

運動は、ジョギングやウォーキング等の有酸素運動が主流でした。

確かに有酸素運動は、一定時間、運動し続けることで脂肪燃焼が促されるのですが、1日の代謝量からすると、4割程度の割合しかありませんでした。

これと比べて基礎代謝は、6割もしめています。したがって、基礎代謝をアップさせることが、一番、ダイエットの近道と言えるのです。

代謝力を上げる具体的な方法は筋力トレーニングです。腹部、下半身、上半身をまんべんなく鍛えて、全体的な筋力をつけることで、代謝力が上がり脂肪燃焼が加速されてきます。

寝ている間でも、脂肪は燃えていますから、身体を動かさずともダイエットが可能なわけです。また、これに加えて食事の内容も見直す必要があります。特に炭水化物です。

これは脂肪となり体内にエネルギーを蓄積することになるのですが、夕食や就寝前の炭水化物類の食事は、単純に脂肪を増やすだけになりますので、夜の食事はできるだけ野菜類や肉系中心の食事にすべきなのです。

但し、1日最低1500kcalの食事量はキープしながら、朝昼晩の食事にも工夫を凝らすことが大事です。

筋力トレーニングによる基礎代謝力アップのダイエット法は、今まであまりクローズアップされることが少なかったのですが、この頃流行りのダイエットジムでも、メインのダイエット法として取り組まれているメニューです。

この方法により体質的にも太りにくい状態を作れますから、これからダイエットを行おうとする人は実行すべき方法です。 

ダイエットを成功させるためには基礎代謝を上げる!リバウンドしない身体作りを

基礎代謝とダイエットの口コミ4ダイエットを成功させるには、基礎代謝を上げることって聞きました。確かに年々基礎代謝が下がってきているなぁと実感します。年をとれば誰もが基礎代謝が落ちてしまいますよね。努力をして基礎代謝を上げないとダイエットをしてもなかなか成功できないんです。基礎代謝って何だろうって思ったのですが、ジっと動かずにいるのに消費されるカロリーのことなんですよね。心臓が動いたり呼吸をしたりしてエネルギーが消費されるってすごいですよね。

若い頃は基礎代謝が高いので痩せやすいですが、30歳を過ぎてからはどんどん基礎代謝が下がってきて痩せにくくなってしまいました。若い頃と同じようにダイエットをしても痩せないのはこのためなんですね。だからダイエットをする時には、同時に基礎代謝を上げるように努力をしないといけないんです。私の場合はまず朝起きたらストレッチをしました。ストレッチをすることでリンパ液、そして血液の流れが良くなり新陳代謝が活発になるんです。その結果代謝がアップして脂肪が燃焼しやすくなります。また、入浴後のストレッチもとても良いと聞いたのでやっています。

最近はスクワットもやっているんですよね。基礎代謝を上げる為には有酸素運動と無酸素運動をするのが良いと聞いたので、ウォーキングをしたり軽く筋トレもしています。やはり運動をしないと基礎代謝を上げるのは難しいのかなと思っているので頑張っています。いきなりではなくて徐々に運動量を増やしていくと良いですね。基礎代謝が高くなるとリバウンドをしないんです。せっかく頑張ってダイエットをしてもリバウンドしたらその時間を返せって泣きたくなりますよね。

だから基礎代謝を上げることってとても大切なことだと思います。食事で基礎代謝を上げる方法もあります。バランスのとれた食事をするんです。特にたんぱく質、野菜、果物は積極的に毎日しっかりと食べるようにしています。そうすることでどんどん体重が減るようになりましたし、ダイエットをやめたあとも体重維持しています。

基礎代謝を上げていくことが自然なダイエットになる

基礎代謝とダイエットの口コミ5運動をして体を動かす、あるいは食べる量を減らすなど、ダイエットにはいろいろな方法や考え方があります。しかし、ダイエットの方法はそれらだけではありません。それら以外にも「基礎代謝を意識したダイエット」があります。基礎代謝は、意外かもしれませんが思った以上にカロリーを消費します。つまり、基礎代謝を上げていけば、とても効率的にダイエットをしていくことができます。

基礎代謝に影響があるとされているのは、体全体の筋肉量です。筋肉量が多ければ基礎代謝は上がりやすくなり、必然的にダイエットも上手くいきやすいです。基礎代謝を上げるために筋肉を増やしたければ、こまめに筋トレをしていくのが一番です。ただ、筋肉ムキムキになる必要はありませんので、適度に筋肉をつけるぐらいの意識で良いです。腕立て伏せや腹筋運動や背筋運動、あるいはスクワット、さらにウォーキングなどは、回数や程度さえ配慮していれば体にあまり負荷をかけることなく筋肉量を増加させられます。私の場合、腹筋運動と背筋運動、さらにはウォーキングを定期的に行うことで、筋肉量の維持をしています。そのおかげで基礎代謝が上がったのか、ここ何年かは体重が増え過ぎていないです。前に筋トレをしていなかったときから始めて今の体重になっているので、基礎代謝を上げたことは間違いではなかったと実感しています。

私は男性ですが、女性の場合は基礎代謝を上げるのに苦労するかもしれません。女性はもともと筋肉量が少ないですし、美容の観点からみるとあまり筋肉をつけすぎるのは良くないとどこか遠慮してしまいがちです。しかし、実際のところ体の引き締まった女性は適度に筋肉がついていますし、ある程度までは基礎代謝を上げるための筋トレが功を奏すはずです。筋トレで基礎代謝を上げることによって余計な脂肪が削ぎ落とされれば、自然なダイエットで体重を落とせます。基礎代謝とダイエットはそうした関連性がありますので、少し意識してみるだけでも違うはずです。

基礎代謝を上げることで、無理なくダイエットができる

基礎代謝とダイエットの口コミ6私が今までいろいろなダイエットを行ってきて感じたことがあります。それは必ずしも苦しくて辛いダイエットの方が効果があるとは限らないということです。

むしろそれは逆なのではないかと思っています。辛くて苦しいダイエットはそれだけでストレスがかかってしまいます。できるだけストレスの少ない楽なダイエットが、私には向いていると思いました。

ストレスの少ないダイエットを行うためには、まずは痩せやすい体作りが大切です。痩せやすい体を作っていくことは基礎代謝を上げることにも繋がります。基礎代謝を上げるということは、極端に言うと、寝ていても痩せることができます。

基礎代謝を上げるためには、筋肉量を増やしていくことが重要です。筋肉量を増やすためには運動が欠かせません。しかし、中には運動が苦手な人や時間がなくて運動ができない人もいるかもしれません。

そのような場合は巻くだけ、付けるだけで筋トレと同じ効果が得られるような器具を使うのも効果的だと思います。私もこのような器具を使ったことがありますが、確かに運動しなくてもお腹周りがスッキリしてきました。

私はできるだけ楽にダイエットを行うために、早寝早起きをすることにしました。早く寝るためには夕食を軽くする必要があります。夕食を軽めにして夜食を食べない生活をつづけたらすぐにダイエット効果が出てきました。

その分、朝食や昼食で調整したので、1日の摂取カロリー自体はそれほど変わりませんでした。しかし、それでもお腹周りからスッキリしてきて、徐々に体重も落とすことができました。

運動だけ、食事制限だけのダイエットは限界がきてしまいます。どちらの効果も相乗的に上げていくのが、無理なく楽に痩せるダイエットなのではないかと思っています。

以前は夕食がメインで、お腹いっぱいになるまで食べ、時にはそのままうたた寝をしてしまうのが何よりの幸せでした。しかし、今では夕食を食べ過ぎるとかえって胃腸の調子が悪くなり、次の日の朝まで続くこともあります。

無理なく楽にダイエットができる生活習慣を身につけることで、辛くて苦しいダイエットとはサヨナラをすることができました。

基礎代謝を上げるために冷え性を治してダイエット成功!

基礎代謝とダイエットの口コミ7ダイエットを成功させるためには、体の代謝を上げることが大切ですね。しかし、そのことは運動をしないと上げることができないと思ってしまいます。

その時、運動をしなくてもどんどん汗をかくことが出来る人は、体の代謝が上がっているという人ですね。

そんな人になりたいと思いました。すると、基礎代謝を上げることが出来るので、自然に痩せやすくなると思うからです。

しかし、そのことは無理と思ったことがあります。それは、私が冷え性だったからです。冷え性の人は、ほかの人よりも代謝が低いと感じます。

その結果、痩せにくいということになりますね。とてもひどい冷え性だったので、そのためにダイエットをしても無理なんだと思っていました。

そんな時、同じ冷え症の友人が冷え性を改善させることが出来たと聞きました。そしてその後に、ちょっと運動をするだけで痩せることが出来たと聞いたのです。

その時、冷え性だった私は、とても羨ましいと思ったのです。そしてその冷え性を克服させた方法について、聞くことにしました。

その友人は、ヨガをして体温を上げることに成功したようです。しかし、友人のように体が硬い私は、そのヨガをする気持ちになれなかったのです。

ヨガをしたいと思っても、極端に体が硬い人は、無理と感じます。無理と感じることをしても、長続きをさせることができないのです。

そのため、私なりの体温をあげて基礎代謝を上げることができる方法を、考えて見たのです。その結果、毎日ランニングをすることにしました。

時間は10分と決めて行うことにしたのです。すると、いい感じで体がポカポカします。そのことを1ヶ月続けた結果、冷え性が楽になりました。

そしてランニングをしたあとは、しばらく体が温かいことに気づいたのです。その後、いつもと同じように食事をして、体重がちょっとづつ減っていっていることに気づいたのです。

その時、やっぱり冷え症はダイエットの敵であると思ったことでした。

基礎代謝が低下!ダイエットをするため、基礎代謝アップを目指したけど上手くいかなかった

基礎代謝とダイエットの口コミ8私は、ダイエットをしたいと思っていたけれど、年齢とともに、基礎代謝が下がっていると思っていました。年々痩せにくい体になっていましたし、ちょっとしたことで太ってしまいます。このため、太りやすくなったと言うことで、かなり悩んでいました。そこで、基礎代謝を上げるために、ダイエットと同じに基礎代謝アップを目指したいと思いました。

そこで、基礎代謝を高めるには努力が必要ですし、色々と考えなければいけません。闇雲にやるのではなくて、運動、そしてバランスの取れた食生活を心がけるなどをして、痩せやすい体にする必要があると聞きました。

そこで、私はスポーツジムに通い始めることにして、基礎代謝量を上げることが出来るような、有酸素運動をしてみることにしました。

また、普段から減塩のレシピなどを心がけて、さらには健康的に痩せることが出来るように、ダイエットサプリメントなどを購入して、試すようにしていました。

また、インターネットのホームページなどで、自分に足りない基礎代謝がどれぐらいなのか、基礎代謝量などをチェックしてみたりしていました。

そのようにして、ダイエットと同時に、基礎代謝量をアップさせるように頑張っていました。

しかし、最初にダイエットで1~2キロは痩せたけれど、そのあとはなかなか痩せません。

大体3キロぐらい落ちたところで、運動をするのが疲れてしまって、少しサボりがちになってしまいました。ちょうどその頃は、お仕事も忙しくて、なかなかスポーツジムに通う時間が取れなかったりして、さらには食事を作るのもなかなか忙しいときが続いてしまい、今日はいいやという気持ちで、コンビニで購入をして、ご飯を済ませてしまうと言うことも多かったです。

頑張って基礎代謝を上げるために、土日など休みの日や、出来るときなどは続けてきましたが、次第に負担になってしまい、少し休むと、一気にリバウンドしてしまいました。

結果的に基礎代謝アップが出来なかった…という結果になりました。

基礎代謝は下がるもの、沢山食べたいのであれば筋肉を増やすしかありません

基礎代謝とダイエットの口コミ9ダイエットといえば、カロリー計算が必須です。自分の基礎代謝プラス一日の運動量を足したカロリーをまずは大体計算します。

つまり基礎代謝が1200キロカロリー、運動が大体400キロカロリーという場合は一日の摂取カロリーを1600キロカロリー内に収めれば太らない、

もしくは痩せるということになります。なので、速く痩せようと思って、一日の摂取カロリーを1000キロカロリーにすればいいかといえばそれはどうかと思います。

摂るカロリーを控えれば確かに短期間で体重を落とすことは可能かもしれません。でも、基礎代謝も下がってしまいます。

つまり、元の食生活に戻せばすぐに太ってしまうし、基礎代謝が下がっているのでさらに痩せにくい体質になってしまうというリスクがあります。

年々、年を重ねれば自然と基礎代謝は低くなり、筋肉の量も減っていくので、中年太りになりやすいのです。

ダイエットするならば、上手に痩せなくてはいけませんし、痩せた後の維持こそが本当のダイエットといっても過言ではないのです。

維持することが難しいからこそ、一時的に痩せただけですぐに戻ってしまう人が多いのです。痩せた体を維持することができる人がダイエットの成功者です。

ちなみに痩せた後5年ほど保つことができれば成功だと考えていいのではないかと個人的には思っています。

私自身はダイエットは痩せることを考えて食事量をコントロールすることも大事ですが、それ以上に基礎代謝を上げることに集中した方が結果的に楽にダイエットができると思います。

基礎代謝を上げるために必要なことは筋肉を増やすことです。筋肉が増えれば、消費カロリーが増えるんですね。つまり同じことをしていても、筋肉の多い人の方が消費カロリーが多いということ。

沢山食べたいという人は筋肉を増やせばいいのです。簡単に言いましたけど、筋肉を増やすのはそう簡単なことではなく、日々の努力が必要です。

よく、歩くこと、ちょっとしたエクササイズを習慣づけること、時には筋トレをすることなど、継続することが鍵です。

ダイエットはお祭りではありません、例えて言うならば、日々の家事のようなもの。お風呂に入る、歯磨きをするような感覚で運動することも日常の習慣としてしまえばダイエットは成功します。

嫌になって数日で止める、太る、また頑張る・・・これらを繰り返せばリバウンド、太りやすい体を自ら作っているのと同じこと。

特に絶食や置き換えダイエットなどで大幅に摂取カロリーを制限するような方法では基礎代謝を下げる活動をしているようなものですからダイエット中は必要なカロリーは摂ることは大事です。

基礎代謝が低い…するとダイエットが無駄になってしまう…

基礎代謝とダイエットの口コミ10「年をとると痩せにくくなるる」、これはよく耳にします。確かに以前と同じような運動をしていても、疲れは出るのにあまりダイエット効果はないと感じる事がよくあります。

これは基礎代謝が大きく関係しているようです。人によって同じ運動をしていても、消費するカロリーは違います。その消費カロリーの事を基礎代謝と言います。

年をとってしまうと、色々なものが衰えていきます。コラーゲンなどの美肌成分もそうですが、この基礎代謝も落ちていってしまうのです。すると、若い頃と同じ運動ではカロリーを消費しなくなってしまうのです。

かと言って、若い頃より運動するのは、更に大変です。そこで、ダイエットを成功させる近道は基礎代謝をあげる事がポイントとなるのです。

では、基礎代謝をあげるには何がいいのでしょう。体を温めてあげる。筋肉量を増やす。有酸素運動を行うなどがあります。この中で一番手軽に出来そうなのは…。

恐らく体を温める事が手軽に出来そうです。体の冷えは基礎代謝を落とす原因となります。若い人でも冷え性の人は基礎代謝が低いようです。

冷えを改善するために、出来るだけ冷たい食べ物は避ける。そして、ストレッチなどをして血流を良くする。バスタイムに時間をかけるなどがおすすめです。

私もこれらの努力をしてみたところ、徐々に冷えが解消されていきました。そして、実際に基礎代謝が上がっている事を実感できました。それは、汗が出やすくなった事、更に体重も自然と減っていたのです。

特に運動といったものはしていませんが、周りからも「痩せた」と言われるようになりました。実際に体重もなんと3キロ減っていました。

基礎代謝が上がれば、毎日の積み重ねでかなりの違いが出ます。いくら頑張ってダイエットしても、基礎代謝が低ければ無駄になってしまうのです。

ダイエットしてもなかなか効果が出ないという人は、基礎代謝に注目してみると良いかもしれません。基礎代謝が上がれば、みるみるうちにダイエットが成功するかもしれません。