最終更新日2018.05.11

ダイエットは太るためにする過酷な儀式

ダイエットとはいったい何でしょうか。もちろん痩せることをそういいますが、ダイエットとは太るためにする過酷な儀式ともいえます。

なぜなら、ダイエットの9割は成功しない(=持続しない)し、たいていはその後、一時的ですが、ダイエット前よりも少し太るからです。

つまり、ダイエット中に空腹と闘うという行いは、その後に太るための通過儀式にすぎないというわけです。太りたいがために、わざわざ何日も何週間もお腹をすかしておく。

客観的に見ると、とても愚かなことですが、これが多くの現実のダイエットでもあります。きっとこれを読んでいる人も経験したことのある人は多いでしょう。

食事制限の愚~世界で最もおいしいスパイスは空腹の忍耐

空腹は世界最高のスパイスといいます。さほどおいしくない食事でも、空腹という世界最高のスパイスを振り掛ければ、あら不思議。世の中でこんなにおいしいものがあったのかというくらい、おいしく感じます。

みなさんもきっと経験ありますよね。ものすごく高級な食事よりも、お腹ぺこぺこのときに食べたおにぎりの味が忘れられないといった経験が。

断食(ファスティング)は食べ物への欲求を最高に高める方法

断食(ファスティング)は、短期間で劇的に痩せるダイエット方法として有名です。芸能人が試したりしたことでニュースサイトにすら登場することもあります(ただしAKBのメンバーが栄養失調になったりしましたが)。

苦しさも数日ですむし、なにより効果は絶対にあるようだから、チャレンジしようかなと思う人も多いでしょう。しかし、ここにもリバウンドの罠が待ち受けています。

断食中は、普段からは考えられもしないくらい、食べ物のことばかり考えるといいます。それこそ一日中、食べ物のことで頭がいっぱいになるそうです。

人によっては、朝から晩までクックパッドをスマホで見ていたといいます。飽食の現代ではありえないほど、食べ物に対して飢えと願望がつもっていくわけです。

おあずけの効用

これは食欲に限らず、何でも同じですね。「おあずけ」をくうと、欲望が倍増するという。企業でも、待たせても売れると確信した製品は、生産を調整して、わざと、在庫切れや入荷待ち状態を作って、消費者を枯渇させるといいます。

男女間でも「おあずけ」テクを使った人はいるのではないでしょうか。限定品とか期間限定とかも、同じことです。人の欲望に枯渇というスパイスをふりかけているわけです。

あまり好きでもないのに、おあずけというスパイスが盛られると、好きになってしまうことすらあります。

このように一般的な欲望ですら、おあずけを食うと、より欲するという習性が人間にはあります。ましてや食欲となれば、心理的だけでなく、胃が物理的にも飢えるわけですから、強烈です。

食事を我慢することで積もっていく欲望の増大の仕方はものすごいことになります。ダイエットの9割は失敗する、そしてほとんどがリバウンドする、というのはむしろ自然といえるのではないでしょうか。

1日の暴飲暴食で台無し

しかもダイエットはたった、1日の暴飲暴食で、それまで何週間も制限してきたとしても、おじゃんになります。

ダイエットの最中ずっと、体がいまかいまかと、食べ物を脂肪に変えるために、待ち受けていたからです。食べた食物は、見事に脂肪となり、体から排出されることなく、あなたの体に残ることとなります。

リバウンドの仕組み

ちなみにリバウンドの仕組みはこうです。ダイエット中に、食事の量が減ることで、体が危機を感じて、体質を飢餓モードに変えます。飢餓モードとは、少ない食物で、体をマネージしていく仕様です。

具体的には、まずエネルギーを最も消費する筋肉を減らします(肝臓と脳もエネルギーを大量に使いますが、ここをいじると身体機能に障害が生じるため必要最低限しか減らしません)。

同時に、さらなる飢餓に準備するため、消費エネルギー以上の栄養は、脂肪として体内貯蓄する体質にします。こうすることで、体にとってはただの迷惑な飢餓状態(ダイエット)を、耐えしのごうとします。

これがダイエット中に起こっている、わたしたちの体の状態です。そんなときに、必要以上のエネルギーが摂取されたら、どうなるでしょうか。

体は喜んで、せっせとそれらを、これから再び来るであろう飢餓に準備するため、脂肪として溜め込みます。まるで砂漠に久しぶりに雨が降ったように、体は勢い良く栄養を取り込み、喜々として脂肪にします。

体の本人がダイエットを止めたなんて、おかまいましに。これがリバウンドの仕組みです。

ダイエットは無駄か

では、ダイエットというのは、無駄なんでしょうか。無駄どころか、体重がやる前よりも増えるなんて、むしろやってはいけないものなのでしょうか。イエス。といってしまえば、身の蓋もありません。

わたしたちは、痩せたいのです。では解決策はあるのでしょうか。あります。唯一の解決策は、ダイエットを持続させること、もしくは、止めてもリバウンドしないことです。

ダイエットを持続させるのは難しい

ダイエットを持続させるのは、確率的にいっても、非常に難しいです。なにせ9割は失敗するのですから。しかしもし失敗しても、リバウンドさえしなければ、プラスマイナスゼロなので、損はしません。

ダイエット後のリバウンドの確率は9割よりは低いはずなので、リバウンドしない方法を考えていきましょう。

リバウンドさえしなければ、どれだけダイエットに失敗→挑戦を繰り返しても、怖くありません。

リバウンドに備える

リバウンドの原因は、体質がダイエット(飢餓)モードなのに、食事が通常の量だと、それが脂肪になることだと書きました。これは、ダイエット後、少しずつ食事の量を以前のように戻していけば済む話です。

ダイエットを止めた途端に食事の量を増やすから、体は急に脂肪に変えるわけですから、ゆっくりじっくり、体に飢餓モードから通常モードに変わっていってもらえば問題ないはずです。

むしろ問題なのは、ダイエットを止めた途端に、反動で、食事の量を増やしたがる、メンタルな部分です。前述した、積もりに積もった、増大した食欲です。

これを抑えることが、重要な点です。ではこれは、ダイエット後になんとかなる問題でしょうか。わたしはそう思いません。ダイエット後は、抑えに抑えた食欲が暴走した状態なので、既に事遅しです。

ダイエット後のリバウンドの原因となる増大した食欲は、すでにダイエット中に対策を練っておく必要があります。

リバウンドしないためには

では具体的にダイエット中に何ができるのでしょう。なるだけ空腹を感じないようにすることです。

少しでも食欲を感じたら、食前・食後に関わらず、おやつや間食をとってしまうことです。そうすれば、ダイエット中でも必要以上に食欲を高めることなく、ダイエット失敗後にも、反動で食べ過ぎるということもなくなります。

おやつや間食すれば、もっと太るですって?いえいえ。太らないものを食べたり飲んだりすればいいんです。

無糖ガム、するめ、あたりめ、煮干し、ナッツ類、こんぶ、大豆クッキー、お茶、水、無糖コーヒーなどなど、世の中には太らない食材であふれています。

これらを少しでもお腹がすいたら食べたり飲めばいいわけです。食事前にもおかまいなしに、これらを食べたり飲んだりすれば、食欲も減りますので、食事の量を減らすこともより簡単になります。

それでも○○を強烈に食べたいと思ったら、さっさと食べてしまうことです。ダイエット中にも適度に手を抜いて、欲望を高めないというのは、テクニックの1つです。

逆に、ダイエットに対し、完璧主義であったり、あまりにも綿密な計画を立てるタイプの人は、リバウンド赤信号です。ダイエット中にも適度にズルとして手を抜いて、欲望を高めすぎないように気をつけましょう。

足りない満腹感

もう1つ触れたいのが、ダイエットをした人なら経験したことがあるかもしれない、ダイエット後の満腹感の感じにくさです。

ダイエット前の食事の量に戻しても、感じるはずの満腹感を感じなくなっているのです。ダイエット後に食事の量が増える、リバウンドの原因の1つです。

これは、レプチンと呼ばれる、満腹中枢を刺激する、脳からの分泌物質が原因です。レプチンが脳から分泌されないと、いくら血糖値が上がっても、胃が一杯になっても、わたしたちは、満腹だと感じないのです。

ダイエットするとレプチンが分泌されにくい体質になってしまっています。このレプチン分泌が変になっている状態は、ダイエットにもよりますが、ダイエットを止めても、一ヶ月くらいは続くといいます。

この間の対策としては、ゆっくり食べることと、よく噛む事です。しかしこれが難しい人は、これが適量だと思う分食べたら、箸をいったん置いて、ガムをしばらく噛んでみましょう。

それでもだめなら、歯をみがきましょう。歯を磨くのが困難なら、歯磨き粉を歯に塗りましょう。

こうすれば、きっと食欲は消えるはずです。強引に食欲を消すことになりますが、あなたの体は、充分な栄養素を摂取したはずですから、ご心配なく。

執筆者 痩田筋男について

よく読まれているコンテンツ!こちらもチェック!

ダイエットのリバウンドに関する口コミ・体験談

食べるのが好きな人にはストレスが溜まる置き換えダイエット

ダイエットのリバウンドの体験談・口コミ1食べ歩きが趣味と断言できるくらいに食べるのが好きなのですが、30歳を越えたあたりから食べたら食べた分だけ身についてしまうようになり、内蔵脂肪が少しずつ増えてきたので人生で初めて本気でダイエットをしました。

運動は苦手なので、置き換えるだけで体重が減るという手軽さに惹かれて、酵素のはいったドリンクを夕飯の代わりにするという置き換えダイエットを始めたのです。

確かに味は甘酸っぱくて女性が好きそうな味だし、更に飲みやすくなるというのでソーダ割りにしたり、豆乳やヨーグルトに混ぜたりして飽きないように置き換えましたが、飽きました!

食べるのが大好きな私からすれば、噛まないのが凄くストレスで全くお腹が満たされないのです。

そして、誘惑にも弱いので置き換えダイエットをしているから大丈夫!と、ちょこちょことお菓子を間食したりしてしまい、結果的に体重は減りませんでした。

むしろ、大好きな夕飯を食べることができないストレスが朝食と昼食に現れてしまい、普段以上に食べていたのです。

そして体重計に乗ると、日によってはダイエット前よりも増えていたりして、完全にリバウンドをしていました。

そして、子供がいると置き換えダイエットをするのはなかなか難しいと感じました。

平日は小学校へ登校するので時間の流れも早く、自分だけが夕飯を置き換えていても何とかなるのですが、土日は家族で過ごすので、外出先で夕飯となると自分だけ酵素のドリンクを飲むわけにもいかず続かないのです。

毎日続けていれば身体も慣れてくるとは思いますが、平日だけ置き換えて土日に食べ過ぎてリバウンドしてしまうので、自分の生活には合わないなと思いました。

やはり、飲むだけでは限界がありますし、食べるのが趣味レベルだと食べない時間があまりに辛くて翌朝の反動が酷くなります。

その後、ファスティングダイエットを試してみたのですが、置き換えダイエットよりも強く反動が出てしまい、食べられる時に食べなきゃ!と必死になってしまったので、食事を抜くダイエットは自分には合わないようです。

リバウンドしてからの、ダイエット!

ダイエットのリバウンドの体験談・口コミ2少しずつ暑くなってきて、気持ちも太陽みたいにキラキラしてるアラサーの私です!(笑)

夏といえばダイエットですよね!いや、今時の素敵女子たるもの、ダイエットは年中が当たり前ですかね。まあそんな一年の中でも、私の経験上やっぱり夏が一番痩せやすいし、薄着になるから頑張らなきゃ、っていう気になるので、夏といえばダイエット!ということで。

みなさんはリバウンドしたことありますか?ダイエットについて回る、恐怖のリバウンドです。私も一番太ってた時期から今10キロ痩せた状態なので、本当にリバウンドが怖くて、太らないように太らないように、日々メンテナンスしています。

しかし、リバウンドって悪いことだけじゃないと思うんです。というか、それもひとつのダイエット法の1つというか。私も、今回のダイエットで実は最高14キロ痩せたんです!!そこから4キロぐらいリバウンドした、キープしやすい体重が、10キロ痩せている今の状態です。その方法というか、プロセスについて少しお話させてください。

私はむくみがとてもひどくて、脚なんて誰に見られてもすぐ「あぁ、むくんでるね」と言われるほどの状態でした。それを自分では気付いていなかったんですが、最初はジムに通って、そのむくみを落としました。ウォーキングマシンで最初は歩くのが精一杯でした。でも、できるだけ毎日通いました。プールも、全身のむくみが取れるのでオススメです!

で、半年も経たないうちに6キロぐらい落ちました。私6キロ分もむくんでたんですね(笑)ひどい!食生活も、一応野菜を多めに、とか気をつけていましたが、最初のほうはその程度でした。ジム終わりに焼肉食べ放題とかも行っちゃいましたね。でも、毎日運動したら、6キロは落ちました。で、そこでスランプというか、体重が減らなくなったので、食事制限に入りました。もともと朝ごはんは食べてなかったんですが、昼ごはんもたまに抜くようにしました。朝ココナッツオイル入りのコーヒーを飲むと、夜ご飯まで何も食べなくてもお腹がもつようになったんです。

そうして過ごしていたら、あっという間に4キロ更に落ちました。それで10キロ減。で、そのあと3日間の断食に挑戦したんです。それで3キロぐらい減って、また夜ご飯だけの生活をしていたら、1キロ減って14キロ減の状態になりました!しかし、やっぱりお菓子を食べたくなる日が来たりして、でも反省してスープだけにして、みたいなことを繰り返していたら、10キロ減の状態が一番キープしやすいことがわかりました。

なので、私は4キロリバウンドしたことになるのですが、トータルで見ると10キロマイナスです。つまり、断食で落とせるだけ落として、多少リバウンドしても、トータルがマイナスならダイエットは成功なわけです。地道にコツコツ痩せるのが苦手な方には、この方法もオススメです!

リバウンドを味方につけたダイエット法、いかがでしょうか?夏までもう少しなので、切羽詰まってる方はぜひ試してみてください!

私のダイエットに頑張った一年間がリバウンドで水の泡に…

ダイエットのリバウンドの体験談・口コミ3毎日少しずつ暑くなってきて、夏の訪れを感じますね。ダイエットが趣味の私には、嬉しい季節です!やっぱり夏の方が痩せやすいんですよね!今年の夏も頑張りたいところです!

ちなみに私、去年の1月から1年足らずで10キロも体重を落としたんです!なかなかの快挙です!本当に自分頑張ったなあ、と思います(笑)知り合いに会うたびに痩せたね、変わったね、可愛くなったね、と言われて、本当に嬉しかったです。可愛い服やかっこいい服も今までより似合うようになったし、自分に自信が持てました!

3〜5キロぐらいだと痩せたことを認めてくれない人もいましたが、10キロ痩せた時にはその人達も痩せた方法を聞きにきて、清々しさも感じました(笑)そして、1年近くかけて痩せたので、リバウンドしたらまた1年頑張らないといけないんだ…と思うと、太ることが怖くなり、定期的に断食をしたりしてメンテナンスし、体重を保つことができてました。…今年の冬までは……。

そう、なんと、1年かけて頑張って落とした10キロ。まさかのリバウンドしてしまったのです…!!

今年の初めから、旦那の仕事の都合で旦那の実家にしばらく住むことになりました。そこで生活のリズムや食事などが自由にできなくなり、だんだんと体重が増え、気付いたら元の体重になっていたのです…。

もともと私は1日1食か2食しか食べませんでした。昼ご飯を食べるか食べないかで、あとは基本夜だけです。夜に、野菜をメインにいっぱい摂って、お腹いっぱい食べる、という感じです。お酒は弱いので基本飲みません。というか、お酒に弱いので、飲んだら食べずにいられなくなってしまうんです。

で、旦那の両親が毎日晩酌するほどのお酒好きなのです…できるだけ断ってはいたのですが、やっぱり旦那と2人の時よりは飲む回数が増えました。しかも、実家にはお菓子のストックが腐るほどあるのです。お菓子って、特に食べたくない時でも見ると食べたくなっちゃいますよね!カップラーメンもストックしてあって、みんなで飲むとそれが出てくるんですよ…。本当にもう、ダイエットできる環境ではなく、私の大切な、全力で頑張った1年が、たった数ヶ月で元どおりになってしまいました…。本当にがっかりというか悲しくて、そのことが原因で旦那と離婚スレスレのケンカもしました(笑)

今はまた2人で暮らし始めたので、また地道に頑張っているところです!

夏までもう少し!

リバウンドしたことがある方も、リバウンドして今まさにテンションだだ下がりな方も、みんなで一緒にもう一度頑張りましょう!

次は前より痩せれるかもしれませんよ!

リバウンド知らずの一生続けられるダイエットのすすめ

ダイエットのリバウンドの体験談・口コミ4ダイエットのリバウンドは、ダイエットを止めた時に起こります。食事制限や筋トレの効果は、あくまでも一時的な結果で、永遠に続くものではないからです。特に食事制限をメインに行う減量法などは、ダイエット中の体はとにかく飢えている状態にあるので、カロリーを貯め込みやすく、制限するのを止めて普通の食事をしだすと瞬く間に体重を増やしてしまうことになります。

私は十代の頃、そうしたリバウンドの仕組みを知らずに、何度もダイエットを試みては、逆に太ってしまうということを繰り返していました。目標体重になるまでは、おいしいおやつもご飯も全て我慢してようやっとそれを達成するのに、その後少し食事を元に戻しただけで、あっという間に戻ってしまう体重を憎みながらも不思議に思っていたものです。

大人になってリバウンドの理由を知って、体重の逆戻りを避けるためには、食事制限も筋トレも一生続けなければならないという事実を理解し、絶望しました。ダイエットは私にとって、理想の体型を目指すための一時的な手段であって、永遠に取り組んでいけるようなものではなかったからです。

早く痩せられる辛いダイエットほど、やめた時の反動も大きく、リバウンドも早くなるということがわかってから、私はダイエットに覿面な効果を求めることを止めるようになりました。減量の目標を一ヵ月二キロから、何グラムでもいいから痩せることという緩いものに変えて、食事も抜かず走り込みも行わず、今は野菜多めの食卓を囲みながら夜はラジオ体操に励むだけのダイエットを行っています。毎日続けるのに辛くない分、体重はなかなか落ちませんが、増えはせず僅かずつでも減量はできているので、今後もこの調子で一生続けられるダイエットに励んでいこうと思っています。

自分にとって楽なダイエットを実践するようになって、リバウンドを恐れずに済むようになりました。ダイエットをしつつ、リバウンドに悩んでいるという人も多いと思いますが、どうしても辛い時には結果ばかりを見ず、楽に続けられる方法を探してみるのがおすすめです。

無理なダイエットはリバウンドを引き起こす

ダイエットのリバウンドの体験談・口コミ5ダイエットを始めると、多くの体重が減ることがうれしくて頑張れるようになります。ダイエットを始めたころは、意外と大きな変化がみられることが多いものです。しかし、体重の減少が緩やかになっていくと、なんとか前のように多くの体重を落としたいと思い、頑張りすぎてしまうことになります。そうすると体に無理がたたって、どこかを痛めたり体調を崩してしまったりということになりがちです。そうして、頑張ろうと思っていたダイエットも断念してしまうことになります。

これだけでも大きなダメージといえますが、実は怖いのはこの後のリバウンドです。ダイエットのためにやっていた運動や食事制限をやめた途端、どんどん太ってきます。元に戻るというだけではなく、大幅に体重が増えてしまう事もあるのです。これがダイエットのリバウンドです。特に太るような生活をしているつもりはなくてもどんどん太っていきます。ダイエットに励んでいた時の栄養不足状態を体が覚えていて、体に脂肪を貯めこもうとしてしまうのでしょう。

しかも、このリバウンドは元のようなダイエットを行おうとしてもなかなか体重が減らなくなるという面でも非常に怖いものです。私は短期間で6キロ程度痩せた後、一度病気をしてダイエットをやめていたところ、30キロ太ってしまいました。しかも運動などをしてもやせなくなってしまい、とても健康とは言えない状態になってしまっています。

ダイエットは無理なく行う、という事はこうしたリバウンドによる問題を防ぐためのポイントといえるでしょう。確かに急に体重が落ちるとやったことが目に見えてうれしいものですが、それによって体調を崩したり体を壊しては、続けられなくなってしまいます。急に強い運動や食事制限をするのではなく、少しずつ生活を整えていき、無理なく継続してできるようなダイエットをするのが、その後を考えたうえで最も効果的なダイエット方法ではないかと思っています。

糖質制限ダイエット後にドカ食いでリバウンド

ダイエットのリバウンドの体験談・口コミ6私は、糖質制限ダイエットをしていてリバウンドしてしまったことがあります。

糖質制限ダイエットをする前にも色々なダイエットに挑戦してきました。一日のうちの一食を特定の食べ物に置き換える、置き換えダイエットでは、りんごやスムージー、バナナなどを試しましたが、その食べ物なら大丈夫だと思いついつい食べ過ぎてしまい、結果に繋がりませんでした。

また、有酸素運動もしてみたのですが、体重の減少が遅くて不安になってしまい、私には向いていないように思い、やめてしまいました。そして、結果が早く出ることで人気の糖質制限ダイエットをしてみることにしたのです。同じ食べ物を食べ続けたり、美味しくないし高額なダイエット食品を食べるより飽きにくくお金もかからないのではということも期待していました。

そして実際に糖質制限生活を始めてみると、思った以上に精神的に苦しいものでした。糖質制限ダイエットではあらゆる糖質の高いものを我慢するのですが、お米やうどん、パスタ、パン、ケーキなどを全く食べない生活は、炭水化物大好きな私にとってとても辛いものでした。

しかし、ここで諦めてはいけないと自分にムチ打って、全ての食事からそれらの炭水化物を抜き、間食に甘いものを食べるのもやめました。甘いものがどうしても欲しい時には少しならフルーツを食べるのも良いかと思いましたが、それも我慢しました。

その努力の結果、1ヶ月で5キロの減量に成功したのです。効果が早く出たことが本当に嬉しく、ここまで出来たのなら少しは自分にご褒美をと思い、その頃丁度年末だったこともあり、年末年始の飲み会に参加しました。そこで、お酒を飲んでいると酔った勢いもあり、ついつい食べ過ぎてしまいました。そこでも糖質制限を意識すればよかったものの、酔っていたのであまり意識せず、炭水化物や油の多いものも結構食べてしまっていました。

そんなことが5回ほど続き、その度に自分へのご褒美と自分を甘やかした結果、あっという間にリバウンドし、1ヶ月でまた5キロ増えてしまいました。本当に油断や自分への甘さは禁物です。また、ダイエット中のストレスも多く、このような結果を招いたようにも思うので、ダイエット中は我慢し過ぎも良くなかったのかと、今となっては思います。

食事制限は続かない…!ちょっぴり成功した方法は?

ダイエットのリバウンドの体験談・口コミ7もともと食べるのが大好きな私。それまではあまり体重を気にしたことはなかったけれど、去年の夏に好きな人と海に行くことになって、このままではまずいと思いダイエットを決意しました!

とりあえず、運動する時間もあまりないし、入るカロリーより使うカロリーが多ければ痩せるはずだ!という安易な考えのもと、始めたのは食事制限でした。大好きな揚げ物や甘い物をいきなり全部禁止したのです。多くの人は経験があると思いますが、これはとても辛く、テレビや雑誌やSNSで美味しそうな食べ物の写真を見るたび泣きたいような気持ちになりました…。

そして自分に甘くなり、ご飯は禁止してないし…とわけのわからない言い訳をして、毎日白米をおかわりしてそれまで以上に食べてしまう始末。その結果、大事な海水浴当日まで大して痩せられず、その日は水着の上にTシャツを着たまま一日過ごしました。スレンダーな友人のビキニ姿が眩しかった。

さらに悪いことに、その日以降、制限した反動で、唐揚げやスイーツを貪るように食べてしまったのです。もちろん体重は右肩上がりになってしまいました。

そしてある日、体重計に乗ってさすがに危機感を感じた私は、考えを改めました。自分は自分に甘いのだ、食べるのが大好きなのだ、無理な我慢は続かないどころか逆効果だ!そこでインターネットなどを使って自分に合う方法を探し、以下の方法にトライしてみました。

  1. 水をたくさん飲んで不要物の排出を促す。
  2. スキマ時間に軽い運動をする。ただし、運動が嫌だというイメージを持たないためにも無理はしない!
  3. 食べたい時は揚げ物もスイーツも食べて良い。ただし、あと一口だけ食べたいというところでやめる!
  4. 毎日、体重計に乗る。

簡単そうに思えるかもしれませんが、ぐうたらな私にとって以上のことに気をつけて過ごすのはなかなか骨でした。でも食事制限はしないので、ストレスありません。おかげでこの方法は半年以上続けることができました。

その結果、見違えるように痩せた!とまではいきませんが、食事制限前に比べてまあまあ痩せた、くらいの成果は得られました。何より、好きな物を食べているのでとても気分はいいです!

成功というには小さすぎる成果ですが、参考にしてみてください。

ダイエット後のリバウンド、一番ひどかったのは失恋後のそれでした。

ダイエットのリバウンドの体験談・口コミ8ダイエットをしたことのある人で、リバウンドをしたことのない人はいないと思います。私もしっかりダイエットをし、しっかりリバウンドをしてきました。一番ひどいリバウンドをしたのは、大学2年生の時です。洋服のサイズがSからLに変わり、なんと靴のサイズも23では小さく23.5ではちょっとゆるい状態だったところから24に変わったので、かなりのことだと思います。

なぜこんなにリバウンドしてしまったのか、答えは単純です。失恋しました。私は他大学のいわゆる飲みサークルに入っていたのですが、その中の数人と仲良くなってグループで遊びに行くようになりました。その中の1人を私は好きになりました。好きという気持ちは不思議なものです。彼と出会ってから1年、ダイエットはかなり順調に進んでいるかのようでした。実際、160センチで47キロにまでなり、高校時代まではぽっちゃりだったので、悪くないスタイルになったと自分では思っていました。

でも、その彼のことを好きな子はもう一人いました。奥手の私とは違って、その子は私は彼のこと好きを公言していて、抜き打ちで行ってきたとか言って、彼の家に食事を届けに行ったりしているようでした。当初は困っていた彼も、ぐいぐい来る彼女に魅力を感じ始めていることは気づいていました。そんなある日、彼女から電話が来ました。今、彼の家からの帰り、うちら付き合うことになったとのことでした。イヤ~誰かに言いたくて、キスもしちゃったよと言ってきました。そう、良かったねと言いましたが、失恋したことを知りました。

電話が来た日は私はぼーっとして何も食べられませんでした。彼女からは翌日も電話がかかって来て、彼は付き合っているのは秘密にしようと言われているんだけど、どうしてだろう?でも、付き合っているんだから、言っちゃっていいよねとか聞かされました。その後もその子から電話が続き、しばらくして、私はこれまでダイエットして来た反動からか食べるのが止められなくなりました。過食症の子が冷蔵庫の中のものを全部食べると言いますが、それに近い食べ方をして、3か月くらいで60キロ近くまでになりました。正直、当時のことは思い出したくないです。

彼に恋をしている時、実のところ、かなりの食事制限をしていました。でも、失恋をして、我慢する理由がなくなった途端、リバウンドしました。はっきり言って、リバウンド中よりも、リバウンド後のダイエットの方がつらかったです。恋をしている時でも、制限の上に制限を重ねるようなダイエットはしないようにしましょう。

ダイエットしてもリバウンド

ダイエットのリバウンドの体験談・口コミ9どうして私だけがと思っていました。友人三人で一緒にダイエットをしました。それなのに成功したのに、なぜか私だけがリバウンドしてしまったのです。たったの一か月で元通りになってしまったのです。ありえません。

三か月間でなんと五キロも痩せる事ができました。若い時のように、スリムになれたのです。ジョギングをしていました。毎日一時間欠かさずジョギングをしていました。だからダイエットできたのです。

体重計に乗った時、この結果を見た時はとても嬉しかったです。それなのに、その一か月後にはきれいに元通りになったのです。ありえません。

友人二人は私よりも痩せる事ができました。なんと七キロも痩せる事ができたのです。腕も足もほっそりして、とてもきれいになったのです。もちろん今も変わりはありません。ちゃんと維持しているのです。

もちろん秘訣があったのです。それが持続しているという事だったのです。それなのに私だけがやめました。ジョギングをやめる事にしたのです。結果に満足した私は、これまでの努力がきつくてやめてしまったのです。

すると自然とみるみる体重は戻ってきたのです。ウエストも細くなって、履けなくなっていたスカートが入るようになったのです。でも今ではやはり入らなくなってきたのです。リバウンドしたからです。

まさかここまで簡単にリバウンドするなんて思いもしなかったのです。とても健康的に痩せる事ができたと、自分で自分を褒めていたのです。それなのにまた戻ってしまった私はとても後悔しています。

やはり維持する事って大事だと思いました。体重でも体型でも良い状態を、ずっと維持するって難しい事ではないのです。これまでしてきた努力を、まだ続けるという事なのです。これは難しい事ではありません。

でもきれいにリバウンドしてしまった私には、また努力が必要だという事がわかったのです。また三か月間頑張ったジョギングを続けてみようと思います。きっとできるでしょう。

無理な食事制限は逆効果?

ダイエットのリバウンドの体験談・口コミ10学生時代はバレーボールをしており、我ながらいい体をしていました。しかし、今となっては過去の栄光で、会社勤めで体を動かす頻度が減った事に加えてお酒の付き合いも増えたこともあってかなりだらしない体になってしまいました。さすがにこのまま年をとるわけにもいかないので、ダイエットを始める事にしました。とは言うもののスポーツジムに通う時間も無ければお金もありません。原始的な方法ですが、とにかく食べる量を減らしてカロリー調整をしようと決めました。元々かなり食べる量が多く、社会人になってからも運動をしていた頃と同じようにドカ食いしていました。もちろん標準的な摂取カロリーをはるかにオーバーしており、それが太った原因ではないかと考えたのです。

昼ごはんは基本コンビニで弁当プラスαでしたが、それを春雨スープのみに抑え、夕飯は必ずご飯2杯食べていたのを、豆腐のみに変えました。最初は面白いように体重が減った為、苦痛に感じつつもなんとか頑張れていましたが、疲れが抜けずらくなったり、イライラすることが増えてきました。その為、2カ月で体重が5キロ減った時点で、きっぱりとやめることにしました。すると、ストレスによる反動なのか、食べる量がダイエット開始前より増えたような気がしました。そして、ダイエット終了後2カ月にして元の体重にもどり、さらに2カ月が経ったころには2キロ増量してしまいました。

科学的な根拠は全く分かりませんか、食べ物を減らしたことにより、以前より栄養の吸収効率が高まり同じ量でも太りやすくなったのではないかと思います。さらに、食事を減らすことまたは食べないことは思っていたよりもずっとストレスが溜まり、反動により大食いに拍車がかかってしまったように感じます。とは言うものの、ずっと大食いを続けると健康に影響を与える可能性もある為、大げさに量を減らすのではなく、おかわりを減らすなどで、標準的な摂取カロリーに近づけるように心がけています。今は、体重の現状維持から緩やかな減量ができるように奮闘中です。