最終更新日2018.05.11
痩田筋男痩田筋男

EMS腹筋マシンをご存知でしょうか?お腹にあてて、プルプルさせる、TV通販やCMでよく見るアレです。アレって、運動いらずで、腹筋がバキバキに割れるって感じですが、本当にそうなのでしょうか?

EMSマシンの理屈としては、電気により腹筋をプルプルさせることで、動いた腹筋が鍛えられるだけではなく、その周辺の脂肪も熱で燃やされる、というものですが、さてさて。。。

流行が来ては去り、また流行っている、EMS

EMSは今から15年ほど前に流行しはじめました。その頃、東京の雑誌編集プロダクションでは、いくつものEMSマシンを買って、自分の腹筋がプルプルいうのを記事にしていたそうです。筋肉が自分の意思ではなく勝手に動いている体験は、衝撃だったといいます。

最も初期の家庭用EMSマシンは、プルプルというよりも、ピリピリして、痛かったといいますが。そうこうしていると、アブトロニックという製品が登場し、藤原紀香さんなどをCMに起用し、爆発的に売れ、社会現象にまでなりました。その後下火になり、世間的には消えたことになったEMSマシンですが、最近また見るようになりました。

これは実は奇特なことです。たわしダイエット、痩せる石鹸、ビリーズブートキャンプ、コアリズムなどなど、過去に特定の製品を使ったさまざまなダイエットブームが起こりましたが、ブームのあとは人に見向きもされないのが常です。再浮上することは、まずありえません。

しかしEMSマシンだけは、見事に社会復帰に成功しました。そしてそれなりに売れているのです。これはただ単に、会社が宣伝にお金をかけているからとか、ラクして効果がある宣伝文句が魅力的だとか、そういう理由だけでしょうか。そのあたりを調べてみました。

EMSってそもそも何?

EMSは Electric Muscle Stimulationの略です。直訳すると、筋肉への電気的な刺激ということになります。

実際の意味に意訳すると、筋肉に電気的な他動運動をさせる、ということになります。

死んだカエルに電気を流すと、ピクピク動くという実験を、昔の学校では理科の授業でやっていたみたいですが、そんな感じですね。EMSの目的は、ただ筋肉をピクピク動かせるのではなく、そうすることにより、筋を訓練し強化させることです。

電気と細胞

もう少し掘り下げると、わたしたちの細胞は、じつは弱い電気を発生させることで、生命を維持しています。

脳が微弱な電気を発生させているのは、聞いたことがあると思いますが、脳みそだけでなく、身体中の細胞も、電気を発しているのです。そしてここが肝なのですが、筋肉を動かすのも、やはり、運動神経を伝ってくる、電気信号なのです。

ですから筋肉を電気で刺激すると、脳みそから命令されたように、筋肉も動くわけです。筋肉は脳みそからの命令だと間違えて、機械からの電気によって、動いてしまうわけです。脳みそのかわりに、外部からの電気でだまして筋肉を動かしてしまうなんて、ちょっと怖いというかSFちっくですね。

でもこの原理を使って、VR(仮想現実)のゲーム業界などでは、触ってもいないゲーム中の物体に実際に触っているように感じたりする、電気信号を発する手袋などを開発していますから、今後どんどん広がっていく技術だと思います。

話がそれましたが、ようはこれらのことを利用して、筋肉を訓練して強化する方法が、EMSなのです。

EMSは本来は病院の医療機器だった

EMSを原理とした機器は、病院などで、医療機器として使われていましたし、現在も使われ続けています。

その主な用途は、4つです。

  1. 痛み止め
  2. 代謝促進
  3. 筋肉トレーニング
  4. 体のスリム化

痛み止めとしては、ある電気の波形が神経に作用し、鎮痛効果を生むとして、関節痛や神経痛の痛みの治療として使われています。

代謝促進では、四十肩や五十肩など、運動不足が原因で起こる予防や治療などに使われています。

筋肉トレーニングとしては、ウォーミングアップや、鍛えるのが比較的難しい深層部にある筋肉の強化などです。欧米ではオリンピック選手の筋力強化に使用されているようです。

体をスリムにするEMS

体のスリム化としては、お腹とおしりが典型的な対象となります。電気信号による筋肉の収縮が、糖や脂肪を消費させ、筋繊維も太くなり、基礎代謝も上がるので、お腹やおしりが引き締まるという効果があるようです。

通常の腹筋運動によるお腹の引き締めと違う点は、普通は疲労がたまると、脳からの電気信号が止まり、トレーニングを続けることができません。脳が体に休めと命令するからです。

しかし、この脳から出る電気信号と同じ電気信号を体の外から与え続ければ、限界を超えて腹筋運動などを続けられるということです。脳のストッパーをはずして、ニセの電気信号を、筋肉に与え続けるわけですね。

じつに怖い発想ですが、だからこそ短期間で効果がでるし、医療用EMSは、的確な医師の指導のもとでのみ、使用することができる機器なのです(ですからエステでは法律的に使用不可です)。

このあたりは、ドイツのシーメンズ社が開発した、「ステレオダイネーター」という何百万円とする製品の名前で検索するとたくさんの症例がでてきます。

家庭のEMSも医療で使われるEMSも原理は同じ

もちろん、医療用のものは、通販で買えるようなEMSマシンと違って、数百万円という桁違いの値段がしますし、整体院でもエステでも、薬事法により、利用はできません。

個人が自宅で使えるようなものではありません。しかしながら、筋肉を電気によって刺激するという原理は、医療用も家庭用も同じです。

家庭用EMSと医療用EMSは何が違うのか

では、家庭用EMSと医療用EMSは何が違うのでしょうか。単純に言うと、最大出力値が違います。電気パルスの周波数が全く異なるのです。家庭用EMSは、1~90Hz程度。

いわゆる低周波といわれる範囲です。皮膚の下数ミリで大半が分散して、残ったものが筋肉に届きます。痛みを感じやすい周波数帯でもあります。

いっぽう、30分で○千円を払って使わせてもらう医療用のものは、1~10000Hzと、まったく桁外れです。ちなみに1000~2000Hzは中周波といわれ、皮膚の下3~4cmまで浸透し、筋肉に刺激を与えることが出来ます。

この帯域の場合、むしろ筋肉の動きを感じにくいようです。それ以上の周波数は高周波といわれ、皮下10センチ以上まで届き、深層部の筋肉まで届き鍛えることが可能です。

家庭用EMSは効かないのか?

では低周波の家庭用EMSは効かないのでしょうか?結論からいえば、医療用と比べたら効かないが、効く可能性はゼロではない、といったところでしょうか。

もし家庭用EMSをつけてみて、本当に腹筋がぴくぴくするようであれば、それはちゃんと電気信号が届いており、あなたの腹筋が、それを脳からの電気信号命令だと勘違いして動いているという、EMSの原理にのっとって機能しているわけです。

また筋肉がぴくぴくしているということは、あきらかに収縮運動を腹筋がしているわけですから、エネルギーもある程度は消費されているはずです。

医療用と比べたら、筋肉の収縮刺激は、とてつもなく少ないですが、少なくともゼロではないわけです。やらないよりはマシかもしれませんし、根気よく続けていけば、何らかの効果が見られる可能性すらあります。

そしてなによりも、もしあなたがこれまでお腹のへこませるために、何もやってこなかったのであれば、何かをやったという、記念すべき第一歩になります。一番いいのは運動。最も悪いのは、何もしない。EMSはその中間でしょうか。

EMSトップ製品

どの製品が人気なのか調べました。

シックスパッド

リアルマドリッドのロナウドが広告塔になっているやつですね。わたしも広告は見たことがあります。これまでの家庭用EMSと違って、腹筋のシックスパッドに合わせたデザインで、斬新さはありますね。

ネットで探してみましたが、さすがにSEO対策されたばかりのサイトで、どれが本当の口コミかサクラかわからない(^^ゞ。ちなみに周波数は20Hzのようです。

スレンダートーン

シックスパッドよりも周波数は高めのようです。値段はシックスパッドより少し安めのようです。持ち運びはより面倒なようです。シックスパッドもこの製品も機能としては五十歩百歩といったところです。

せっかく鍛えた腹筋も、脂肪が邪魔だと見えない

最後に付け加えたいと思います。仮にもし、あなたがEMSによって、鋼のような腹筋を鍛えられたとします。しかしそれとはまったく別に、問題が生じるでしょう。それはお腹周りの脂肪です。

どんなに立派な腹筋でも、その上に脂肪がたっぷりのっていれば、それはただの、ぽっこりお腹です。

お相撲さんは、あのすごいブチかましに耐えるため、常人離れした強靭な腹筋を有しています。でも力士の見事なシックスパックを見ることはできるでしょうか。
執筆者 痩田筋男について

こちらも合わせてお読みください!人気コンテンツ!

EMS腹筋マシンのダイエット効果に関する口コミ・体験談

とある腹筋マシンを使った感想

ems腹筋マシンの体験談・口コミ1あれはもう10年近く前のことです。当時は運動不足で太っていたのですが、何とか楽して痩せる方法はないかなぁと考えていました。そんなある日、テレビでお腹にまくだけで腹筋を鍛えることができるマシンの紹介がされていました。

お腹にまいて電気を流すことで腹筋を動かして鍛えるとのことでした。いつでもどこでも何をしていても同時に腹筋を鍛えることができるからとても便利そうだと思いました。ただ値段が高かったのでその商品を買うことはできませんでした。後日似たような製品が5000円程度で売っていたのですぐに購入しました。これで楽に痩せられるとすごく喜んだのを覚えています。

購入後さっそく使ってみることにしました。まずお腹にジェルを塗り、その上に大きなベルトのような形のマシンを巻きます。そして強度をとりあえず中くらいに設定してさっそくスイッチオン。すると…い、痛い。お腹にびりびりとした痛みが走ります。電気を流しているのだから当たり前ですが、これは想像以上の痛みでした。しばらくしたらなれるかと思って我慢していましたが、どうにもなれる気配がありません。あまりに痛いので5分ともたずにスイッチを切ってしまいました。そして次は強度を最小に設定しなおしてもう一度試してみました。今度はなんとか耐えられる程度の痛みでした。これなら大丈夫だと思ってそれを付けたまま過ごすようにしました。

それからそれなりの時間が経過しました。ジェルの使用量が結構多かったり、電池を頻繁に充電しないといけなかったりと不便な点はいろいろありましたがとりあえず2か月ほど使ってみました。しかし、正直大した効果は得られませんでした。少しだけお腹周りがすっきりしたような気がしないでもない、といった程度の効果です。強度を少し上げてみても結果は同じでした。痛みもあるし、結構不便な割にほとんど効果がないのでそれからしばらくして使わなくなってしまいました。

安物だから駄目だったのか、強度が低すぎただけなのかはわかりませんが、なんにしても僕の場合腹筋マシンは効果がありませんでした。あれから10年近くがたちましたし、マシンの性能も上がっているでしょうから新型を使えば効果を得られるかもしれませんが、以前の経験からどうにも手を出す気になれません。体を鍛えるには地道に努力する方がいいんだろうと思っています。

運動不足のメタボ腹からスレンダートーンでスマート体型に挑戦

ems腹筋マシンの体験談・口コミ2日頃の運動不足のため、肥満体となった私は「さすがに何とかしよう」と思うものの怠惰な生活を続けていました。ある日驚いたことがあって、何とお腹が出っ張り過ぎて足元が見えなかったのです。

体重はそこまででも無いのですが、とりあえずこのメタボ腹をどうにかすることに決めました。ジムに通っている会社の同僚がいたのですが、どうやら家でもトレーニング器具を使っているそうです。

その器具は「スレンダートーン」という、いわゆる腹筋ベルトですがそれ単体での効果はあまり分からないとのことでした。確かに他にもジムの器具やサプリも飲んでいるらしいので、それも無理はありません。

しかし使っていて気持ちが良いようで、ずっと続けていると言っていました。私はそこに惹かれて、自分でも試してみることにしました。自宅に届いて、箱から出してみると何だか立派なベルトという感じのものが出てきました。

しかしそこまで重くは感じませんし、でも正直に言うと期待感はそこまで高く感じませんでした。私のメタボ腹に巻いてみると、ちょっとしたフィット感はありました。最初なので怖かったため、最弱にしてオンにしてみました。

それでも割とプルプルするので、「おおっ」と声が出てしまいました。初日に使ってみた感想は、何かよく分からないけど肉が動いてる、運動しているという感じでした。手足を運動させた後の、疲労感のような充実感に似た何かです。

運動時には疲労感を感じる乳酸が出るという話ですので、そのせいかもしれませんね。ともあれその後はもっと強い振動で、強くプルプルさせながらお腹を運動させました。

1ヶ月もしてくると、何だか皮というか肉が滑らかな肌触りになっていました。そこまで劇的な痩せ方では無かったですが、鏡を見てみると確かに少しスマートにはなっていました。

少し停滞期を挟んで、もうすぐ3ヶ月という所でウエスト10cmは痩せて来てたと思います。私の場合はそこまで効果が早い方では無さそうですが、結果的にスマートになっていたので満足です。

確かにやっている時は気持ちが良いので、そのためにやる時もありますね。今ではたまに体型維持のために使う程度ですが、結構気に入っていますよ。

シックスパッドのおかげで腹筋が6つに分かれた

腹筋マシンの体験談・口コミ520代の頃に筋トレにハマった私。毎日、腕立て、腹筋、背筋、スクワット・・などなど、自分なりにプランを立てて、それを忠実に実践しております。食生活にも気を遣っていますし、時間に余裕のある日にはジムを訪れて普段できないようなトレーニングにも精を出しています。とまあ、こんな感じで筋トレが中心の生活を続けてきたこともあって、かなり筋肉質な体が出来上がりました。

が、悲しいかな、私が最も重視している腹筋が思うように培われません。私としてはですよ、アスリートのような、6つに分かれた腹筋を目指しているのですが、どんなにトレーニングを頑張っても4つが限界だったんですよね。そんななか、友人に勧められてシックスパッドを購入してみることになったのですが・・。

おかげさまで人生で初めて6つに分かれた腹筋を手に入れることが出来、やっと理想的な体型を造り上げることに成功しました。シックスパッドといえば、あのサッカー界の超スーパースター・ロナウド選手が広告塔を務める大人気商品ですが、マジで彼のようなバッキバキの腹筋を手に入れることが出来ていますよ。

さて、その使い方ですが、これがねえ、ただただ腹部に装着し、電源を入れるだけでいいので、使う方としては全くストレスがありません。筋トレマニアの私からすれば、少々物足りなかったりするのですが・・。でもまあ、ある種のリラックス効果が得られていまして、シックスパッドを使っている間は、横になってテレビを見たり、音楽を聴いたりしながら、のんびり過ごさせてもらっています。

なので、筋トレ初心者の方はもちろんのこと、女性をはじめとしたこれまで全く筋トレをやってこなかった方にもオススメのツールだと思いますよ。腹筋が鍛えられれば、全身が引き締まって見えますからね、ダイエット効果も得られますし、単なる筋トレ用の器具を通り越して、ダイエットや美容などにも優れた効果が有ると言えるでしょう。なので、今後は女性の利用者も急増していくような予感がしています。