最終更新日2018.05.11

コンプレッションウェアとは

トライアスロンコンプレッションは圧迫という意味です。

コンプレッションウェアは、体の各部に圧力を加えることで、パフォーマンス向上、疲労軽減、けが防止などを目的としてデザインされたウェアです。

圧力を加えるといえば、最近は加圧シャツを思い浮かべる人が多いかと思いますが、身体への負荷を高める加圧シャツとコンプレッションウェアでは目的は真逆です。

コンプレッションウェアを着用して、マラソン大会、サイクリング大会に挑んでいる人を見たことがあるでしょう。

あれは、記録を良くするために、コンプレッションウェアを着用しています。加圧シャツを着て、記録を狙いに行く人がいないことからもその目的が真逆なのはわかってもらえるのではないでしょうか?

疲労の軽減と、疲労からの回復サポート

体の各部を適度に圧迫することで、血流を促します。体に圧力を加えすぎると、血流が阻害されることはご存知かと思います。

しかし身体の流れ・仕組みを考慮した適切・適度な圧力であれば、逆に血の流れは良くなるのです。その仕組みを説明しましょう。

コンプレッションウェアによって血流が良くなる仕組み

血流

腕を曲げると、腕の筋肉が膨らみますね。いわゆる上腕二頭筋です。力を込めると膨らみが目立つ人もいるかと思いますが、力をまったく入れなくても、膨らんでいるはずです。

そうすると、周辺の血管が、膨らんだ筋肉によって、押されます。すると筋肉がポンプのような役割で、血液を押し出す働きをして、血流を良くするのです。筋肉には血流を補助する働きがあるのです。体を動かす(=筋肉を動かす)と、体の血の巡りが良くなる一因です。

コンプレッションウェアで、外側から筋肉へ圧力を適度にかけると、筋肉が外側へ膨らもうとするのを制限するので、その結果、筋肉は内側へ膨らむ力が働き、血液をより押し出す効果を生むのです。

ではただ単にきつい服を着れば、筋肉全体を圧迫するので、血流も良くなるのではと考える人もいるかもしれません。しかし前述のように、圧迫しすぎると、逆に血の巡りは悪くなりますし、体の各部位には、締めてよいところ悪いところがあります。

ただキツイだけのウェアだと、きつすぎて逆効果もしくは圧が足りずに効果がないとか、締めるべきではないところまで締めて悪影響の恐れがある可能性もあります。

そのあたりを気をつけて、適度な着圧を、適度な箇所に、加えるようにデザインされているのが、コンプレッションウェアなのです。

では血流がよりスムーズになると、なぜ疲労の回復が早まったり、疲労が軽減できるのでしょうか。

コンプレッションウェアで疲労軽減

老廃物多めの血液

血流が悪い状態だと、身体が必要とする栄養と酸素と水が、充分に体の隅々までいきわたりません。

それだけでなく、不要な老廃物や二酸化炭素が、体外に排出されず、体内により長くとどまることになります。

その結果、体内の細胞が栄養をエネルギーに変換できず、細胞内に不要な毒素がたまり、疲労を悪化させるのです。

コンプレッションウェアの着圧により血流を良くすると、このようなことを改善できる可能性があり、疲労の軽減や、疲労回復へ良い影響をもたらすことが期待できるのです。

筋肉の無駄な動きを抑えるとパフォーマンス向上につながる

コンプレッションウェアによって適度な圧力を的確な箇所に加えることで、もう1つの効果が効果が期待できます。

コンプレッションウェアの着圧により、体内の筋や組織が圧迫され、運動時の筋群や関節周りの動きに変化が生じ、それによりエネルギー消費が抑制され、運動の効率が向上するといわれます。

またコンプレッションウェアを着ながら運動すると、筋肉の振動が抑制され、それがパフォーマンス向上につながるといわれます。

なぜ筋肉の振動を押さえることが、パフォーマンスを上げることになるのでしょうか。

コンプレッションウェアで筋肉の振動を押さえる

マラソン

筋肉の振動は、例えばジョギングやウォーキングの際は、一歩ごとにおこっています。

そして研究によれば、振動は筋力の低下につながることがわかっています。例えば人工的に大腿部に振動を与えた結果、膝関節の伸展筋筋力が低下することが報告されています*1。

そして別の研究では、コンプレッションウェアを着用することで、例えば、ランニングの場合、接地に伴う下腿筋群の振動が減少したことで、ランニングの接地中に生じる振動が抑制されたことが報告されています。

そしてコンブレッションウェアを着用することにより、ランニング中に生じる筋疲労の要因となる振動に変化を及ぼし、コンプレッションウェアの有用性の一因が示唆された、と結論づける研究もあります。*2

*1
Wakeling,J.M.Nigg,B.M.& Rozitis,A.I. (2002) .Mu scle activity damps the soft tissue
resonance that occurs in response to pulsed and continuous vibrations. Journalof
Applied Physiology,93 (3),1 093・1103.
*2
順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科
コンプレッションウェアの着用がランニングにおける下腿筋群の振動に及ぼす影響
大野日向

コンプレッションウェアによる上半身姿勢の矯正

肩甲骨

肩甲骨を引っ張り背筋を伸ばすことで、上半身の姿勢を正すようデザインされているコンプレッションウェアのトップスがあります。

正しい姿勢で胸を張って運動すると、呼吸がより楽になり、体はもっと多くの酸素を体に取り入れることができます。

酸素がより多く体内に取り入れられると、体内のミトコンドリアが増え、エネルギー代謝がよくなり、パフォーマンスの向上につながります。

酸素が取り入れやすいということは、マラソンやジョギングには、とても大切な要素です。

正しい姿勢は、酸素を多く取り入れられる利点だけではありません。

筋トレではベンチプレスでもダンベルベンチでも多くの種目で、肩甲骨を寄せるように指導されます。要するに胸を張った姿勢です。

そうしないと、筋肉のトレーニングが、正しいところに効かないからです。コンプレッションウェアはそのサポートになります。

コンプレッションウェアによる足のテーピング効果

テーピング

脚は第二の心臓と呼ばれます。脚の筋肉を刺激すると、身体の最も血流量が多い脚の静脈の血液を、素早く心臓に送り返すため、全身の血流が良くなります。

またテーピング機能のついたコンプレッションウェアは、膝などの関節をサポートし保護するので、怪我のリスク軽減効果が期待できます。

すぐれた速乾吸収・防寒効果

コンプレッションウェアは、「速乾性」、「吸収性」に優れています。

汗をかくほど冷えて、体感温度が下がるよう設計されています。また常にドライで、快適さをキープすることができます。

コンプレッションウェアを選ぶ際に気をつけたいこと

以上にあげた期待される効果が、コンプレッションウェアによっては、含まれていないものもありますのでご注意下さい。

パフォーマンス向上に特化してデザインされたもの、疲労回復やけが防止を主な用途とするもの、もしくはいずれにも当てはまらないもの、コンプレッションのタイプやメーカーなどにより、さまざまです。

ショップやネットで探す際は、用途や運動種目をまずは明確にすることをおススメします。例えば

  • 「マラソン初心者に適したコンプレッションウェアを探している」
  • 「いま野球のユニフォームの下に着ているインナーよりも、もっと涼しくて、できれば動きやすいものが良い」
  • 「筋トレ用のTシャツが古くなったので、パフォーマンス向上に少しでもつながるようなコンプレッションウェアが欲しい」

などを店員さんに伝えるか、それに向いたものを、ネットで探してみて下さい。

例えば、ジムで上半身の筋トレが目的の人が、ふくらはぎのテーピング効果が主な用途のコンプレッションウェアを買ってはもったいないです。

それと、コンプレッションウェアと似た外見のウェアとして、加圧シャツがあります。

どちらも体にぴったりとしたウェアで、同じように見えますが、目的は異なります。加圧シャツは姿勢を正し腹圧を加えることで、ダイエット効果を期待するのが主な目的です。

同じような薄くてピチピチとした、主に黒いウェアですが、加圧シャツと、コンプレッションウェアで重なる部分も多少はありますが、基本的に用途は真逆、異なりますのでご注意下さい。

執筆者 痩田筋男について

こちらもチェック!よく読まれているコンテンツ!

コンプレッションウェアとダイエット効果に関する口コミ・体験談

コンプレッションウェア口コミ1友人に誘われてゴルフを始めました。始めたばかりの時はまだ秋口だったので、プレーも快適にできました。運動をする事自体が久しぶりだった事もあり、ついつい張り切ってしまい、次の日はひどい筋肉痛に悩まされてしまい、会社に行くだけでも一苦労でした。

その後も自分に合っていると思ったのでゴルフは続けているのですが、だんだんと寒くなってきて、プレーをする時の防寒着が欲しいと思いました。色々なタイプの防寒着があるのですが、友人はコンプレッションウェアを着用している事を教えてくれました。

コンプレッションウェア、という言葉を初めて聞いたので、どのようなものかを聞いてみた所、プロ野球選手など、アスリートの人がユニフォームの下に着用している、体にぴったりフィットするウェアの事というのが分かりました。一回、コンプレッションウェアでトレーニングしているプロ野球選手の動画を観たことがあったのですが、全身タイツの様な物を着ているな、としか思いませんでした。けれども、これがコンプレッションウェアで、スポーツを行う人なら愛用している人が多い事を初めて知りました。

コンプレッションウェアは、防寒効果が高い事に加えて、スポーツをする上で嬉しい効果も沢山あるそうです。例えば、筋力への加圧効果があるので、無駄な筋力を使わず、かつ最高のパフォーマンスをスポーツで発揮できるそうです。その為、疲労が蓄積しにくかったり、筋肉痛や怪我防止効果も期待できるそうです。

いまだにゴルフの翌日はひどい筋肉痛に悩まされる事の多かった私は、防寒着としてコンプレッションウェアを着る事を決めました。私は友人の行きつけのスポーツ用品の総合店で購入しましたが、今はインターネットでも購入できる所が多い事も分かりました。

その後、寒くなってからのゴルフのプレーにコンプレッションウェアを使用しています。体のフィットするので、着ぶくれせず防寒効果が得られる事に加えて、筋肉痛になる度合いも劇的に減りました。

半信半疑でしたが今ではコンプレッションウェアを愛用しています

コンプレッションウェア口コミ2ダイエット商品というものは本当に数が多くて色々と試しては失敗などをしています。自分は昔もちょっと太っていたのですが年齢を重ねるうちにいわゆるメタボ体系になってしまったので、それで何か新しいダイエットをやってみようかなと思いました。

それで見つけたのがコンプレッションウェアというもので、一般的には加圧シャツとも言われているものです。このコンプレッションウェアは最近出てきたものですが、値段に関しては比較的安くて、更には毎日着ているだけでダイエット効果があるというもので面白いなと思いました。

しかしこのコンプレッションウェアはどこかで見たことがあるなと薄々思っていたのですが、あれは高校野球の球児が来ているアンダーウェアに用いられているそうであり、それを聞いたところ半信半疑だった気持ちも薄れてきたので購入に至ったという点もありました。

一応スポーツ用品としても使われているという点も、科学的な根拠があるということでそれで買ってみるきっかけともなりました。さてAmazonなどでも多くが売られているぐらいのヒット商品のコンプレッションウェアですが、実際に買ってみて着た感想としては、やはり相当にキツイ感じで毎日着れるのかなという疑問がありました。

しかし効果としては疲労改善の効果があるということで、スポーツをする際にまずは着てみることにしました。一応ダイエットとして運動もしているのですが、このコンプレッションウェアを着てからは確かに翌日の筋肉痛が改善されてきたので、効果はかなり出ていると思いました。

それで今度は日常生活でもアンダーとして着始めたのですが、やはり適度な加圧が気持ちいいこともあり日中の外回りなども快適になってきたので最近はとんと愛用するようになりました。ダイエット効果に関してですが現在は半年ほどで4㎏ほど痩せましたので、運動用の服装として使うのも良いですし日中の着用としても優れているものだと思います。

コンプレッションウェアの効果の実感について

コンプレッションウェア口コミ3運動の時の服装は、従来は薄着で通気性の良いシャツやハーフパンツ等を着用していたのですが、コンプレッションウェアを着用するようになってから、トレーニングの相乗効果を実感出来るようになりました。

体に圧力がかかる服がコンプレッションウェアですが、体に圧をかけて窮屈なだけで何の効果があるのかと不思議に思っていたものです。

コンプレッションウェアの効果としては圧力で筋肉を支えてくれたり、筋肉疲労が軽減して疲労回復効果に繋がり、姿勢を正しく矯正したり、汗が早く乾いて吸収してくれたり保湿機能によって体を外部から守ってくれます。

むくみ改善効果に優れている事でも知られているのですが、ウェアの着用によって血流促進や疲労軽減に繋がり、結果的にむくみを減らせる可能性が高くなりますし、実際に着用して運動すれば普段よりも疲れにくかったり、運動後のダメージの抜けも早くなる事を実感出来たものです。

このウェアは着用すれば運動モードに気分を変える事が出来るのも大きなメリットであり、これを着た限りは今から動くぞという気持ちに切り替わって、普段よりも集中出来る精神状態にも入りやすいと言えます。

トレーニングは全般的に集中して取り組む事が効果を高めますから、コンプレッションウェアは体に優しいという面だけではなく、精神面にも良い影響があると実感出来たものです。

夏用や冬用、両シーズン使えるもの、色々な種類のコンプレッションウェアが販売されていますから、季節に応じて適したものを着用した方がより良い効果を実感出来ます。

夏場にこのような密着したものを着ても大丈夫かという不安もあったのですが、涼しいうえに乾きやすいという特徴があり、快適な環境で夏場でも動く事が出来るものです。

炎天下での運動は紫外線リスクもありますが、UVカット機能が付いているものを選択すれば良いですし、逆に冬場用は体を温めてくれますから、寒さによって怪我しやすい環境から身を守ってくれます。

運動の時に少しでもパフォーマンスを上げたい場合には、非常に有効なウェアと実感出来るアイテムです。

アウトドアには欠かせなくなったコンプレッションウェア

コンプレッションウェア口コミ4私が初めてコンプレッションウェアを利用したのは5年ほど前になります。私はウォーキングやハイキング、登山などの歩くアウトドアを趣味の一つにしていますが、いわゆるアウトドア仲間の一人からコンプレッションウェアの優位性を聞いてから、自分でも使ってみようと思ったのがコンプレッションウェアを使い始めた動機です。最近ではかなり広範囲のスポーツの分野で利用されているコンプレッションウェアですが、今のようなブームになる前にはジョギングや登山をする人を中心に利用されていたくらいでした。

私もある程度の年齢になってからはウォーキングや登山の後にヒザや股関節などにダメージが残ることがありましたので、コンプレッションウェアを使う前から、ヒザのサポーターや股関節を保護するタイプのサポーターなどを利用することがあったので、コンプレッションウェアに対する違和感は初めからあまり持っていませんでした。

初めのうちは効果に疑問を感じながら使用していました。しかし、使ってみると使っている最中にはあまり効果を感じることはありませんが、ヒザや股関節はもちろんのことふくらはぎや太ももの筋肉などの少し後でダメージを感じる個所のダメージが明らかに軽減されていることがわかりました。もちろん、ウォーキングや登山時のコンディションも影響している可能性は否定できませんが、コンプレッションウェアを使用してからの方が全体的にダメージが小さくなったと思います。

最近ではコンプレッションウェアのブームとなっているようで、ウォーキングや登山ではコンプレッションウェアを利用していない人が少ないくらいになりましたし、さらに高機能のコンプレッションウェアも発売されています。コンプレッションウェアをずっと使い続けていますが、以前は圧力の弱いタイプのコンプレッションウェアでしたが、最近では圧力の強い目でテーピング効果もあるタイプのコンプレッションウェアを利用しています。私にとってはすでにコンプレッションウェアは欠かせないものになっています。

コンプレッションウェアをジョギングで使用しています

コンプレッションウェア口コミ5日々の運動不足とストレスの解消の為に、ジョギングを始めてみる事にしました。軽い散歩は好きなのですが、本格的にジョギングをするのは初めてだったので、最初は軽い距離から始めてみました。

好きな音楽を聴きながら走ったり、街並みを見ながら走ると、とても良い気分転換になりました。程よく汗をかく事もできて、リフレッシュした感じが得られたのですが、次の日は久しぶりに走ったせいか筋肉痛になってしまいました。

それに加えて、ジョギングの最中にふくらはぎがつってしまったりといった事もありました。ジョギング用のシューズは自分の足に合っている物を選んだのに、どうしてだろうと考えた所、周りでジョギングしている人は上半身は普通のシャツでも、下半身にレギンスを履いている事が分かりました。最初は防寒の為かと思っていたのですが、どうやらこのレギンスに秘密があるのかもしれないと思い、調べてみました。

ジョギングの最中に使用されているあのレギンスは、「コンプレッションウェア」という名前である事が分かりました。よくスポーツ選手がユニフォームの下に着用している物で、どうやら全身の筋肉に圧力をかける事によって、色々な効果を得る事ができるウェアだそうです。

そして、コンプレッションウェアのレギンスも、足の筋肉にほどよく圧力をかけて、筋力の無駄な動きを抑制してかつ運動能力も最高の物が発揮できる事が分かりました。その為、私の様に筋肉痛や足のつりも防止できる効果が期待できるのです。

さっそく、私もジョギングの際にコンプレッションウェアのレギンスを着用する事を決めました。今はインターネットでもすぐに購入できるので、評判の良いコンプレッションウェアの口コミを参考にしました。

その後、筋肉痛や足のつりに悩まされる事なく、快適なジョギングをする事ができるようになりました。これから寒くなる時期には、コンプレッションウェアのシャツも取り入れようと思っています。

ゴルフがコンプレッションウェアとの出会い

コンプレッションウェア口コミ6コンプレッションウェアとの出会いは趣味のゴルフを通じてになります。最初はコンプレッションウェアを着こなしている周囲の方々の姿、プロゴルファーの方々がかっこいいなあというだけでその効果やメリットなどは何も考えることなく、お試しで夏用を1着購入したのが最初です。さて、その最初の感想。

着用しようとしたときにとにかくきつい、しめつけられるというのが率直な感想。これでゴルフスイングが出来るのかなと心配になりました。もちろん、サイズに関してはきちんとチェックして購入しています。そして、実際にゴルフ場でのラウンドに着用してみました。するとプラス面での要素ばかりです。まずは何といっても汗を吸い取ってくれるのでどれだけ暑い日であってもプレイ中は爽快な感覚を保ったままです。

以前は半そでで直射日光は浴びるし、汗は流れっぱなしなので非常に不快感は残るし。また、コンプレッションシャツを着用していることで非常に暑いのではないかと考えられがちですが全くそんなことはありません。風通しもよく、半そででラウンドしていることとさほど変わらないのです。この感覚が気に入って、冬用にももう1着購入しました。こちらは何といっても防寒機能も優れていて逆に風を通さないというメリットが一番です。

慣れてくると逆にコンプレッションシャツの適度の締めつけ具合が逆にスイングする際の緊張具合につながり非常に心地よく感じるようになります。

また、あとはインターネットの情報などを加味してみているとこのコンプレッションシャツの効用として、疲れにくいというところも大きなポイントらしく自分では感覚としてありませんでしたが、実際にはメリットがあったのではないかと思います。逆に今は季節を問わず、運動する時にはコンプレッションシャツが必須の状況で、上半身だけではなく、下半身もコンプレッションタイプのスパッツを利用するようになりました。

筋肉を緊張させて運動するというのは個人的にはパフォーマンスを高めてくれるという気がしています。夏、冬、オールシーズンで活用できるので非常にメリットがあると感じています。

上半身のスタイルを良く見せるべくコンプレッションウェアを試し始め

コンプレッションウェア口コミ7本格的にロードワークに取り組み始めた私がコンプレッションウェアの良さに気付き、実際に購入し着用し始めるまでそれ程の時間は掛かりませんでした。

元々運動好きでトレーニングウェアは数着持っていたものの、いまいちサイズが合わず、特に上半身がダボダボで身体のラインがスッキリ見せられないというのが不満の種でした。

水泳や自宅内の筋力トレーニングは休まずこなし、胸板や二の腕の張りに関してはかなり自信があったものの、それをロードワークで強調出来るアイテムが手元に無いというのは残念なもの。

確かに上半身タイトなTシャツだけの格好になれば見栄えする格好になれるのでしょうが、それも季節はかなり限定されてしまいます。

筋肉質な身体の見栄えと適度な防寒、そして疲労軽減等の健康面を両立出来るロードワーク用のウェアを吟味した時、必然的に真っ先に私の目に留まったのは身体のラインがスッキリと出るコンプレッションウェアだったのです。

私が最初に購入したコンプレッションウェアは上半身が半袖のタイプ。寒さに弱いとは言え一旦汗をかくと早く、主に初夏から初秋にかけての上半身の風通しの良さを優先させての事でした。安物買いの銭失いにならない様、始めから上下1万円以上のグレードをチョイス。

コンプレッションウェアに対し当初私が持っていたイメージは、所構わずきつく締め付けられる過度な圧迫感でした。ですが実際に上下着用してみるとそんな事は無く、強くサポートされるべき部位のみタイトな締め付け感が得られ、むしろ膝や肘といった可動部は大変動かし易かったのが意外でした。

実際にコースを走ってみても身体に対する過度な圧迫感や不快感は全く無く、汗のすぐに発散してくれ実に快適だったのです。もちろん期待していた下半身の疲労軽減効果も十分であり、肝心の上半身のスタイルに関しても大胸筋の膨らみや腹筋の縦筋がほんのりとアピール出来、大変満足出来たのです。

コンプレッションウェアを初めて着用し始めてからおよそ半年。ロードワークは大変快適になりましたが、耐久性を始めまだ未知数な部分も多く、もっと数多く着こなして最適な着用頻度や予備ウェアの購入数を決めたいと思っています。

筋肉疲労軽減効果のあるコンプレッションウェア!集中力が高まり運動がさらに楽しくなりました

コンプレッションウェア口コミ8コンプレッションの意味は圧縮という意味ですよね。コンプレッションウェアとは身体に圧をかけるウェア、つまり着圧のある服です。私は学生時代からずっとあるスポーツを続けているのですが、社会人になってからもそれは続けています。身体を鍛える為にも週に数回スポーツジムに通っています。運動することは趣味だと言っても良いかもしれません。いつまでも若々しく健康的で、体力のある人間でいたいと思っています。

そんな私ですがコンプレッションウェアを愛用するようになったのは、実は社会人になってからなのです。会社に私と同じようにスポーツ好きの子がいて、コンプレッションウェアがいかに運動する時効果的かを語られて興味を持ちました。コンプレッションウェアについて知らなかったわけではないのですが、夏は暑そうだし冬は寒そうなどあまり良いイメージを持っていませんでした。しかし一度スポーツをする時に着てみるとこれは良いなとすぐに気に入りました。

私が気に入った点はまず筋肉疲労軽減効果です。運動をした後にいつもよりも疲れがすぐにとれて驚きました。ぴったりした服を着ることで筋肉の無駄な動きが少なくなり、普段よりも長くスポーツを続けることができるようになったのです。想像しているよりも動きやすいです。また、私は運動後に脚がパンパンになってむくみやすいのですが、脚のむくみにも効果があるらしく、コンプレッションウェアを着るようになったらむくみが解消されました。これでさらにスポーツをしやすくなったのです。

また、怪我の予防や防止効果を期待できて安心です。コンプレッションウェアは様々な種類があるので、自分にあったものを選ぶことが大切だと思います。私が選んだコンプレッションウェアはオールシーズン使えるものなので面倒ではありませんし、伸縮性に優れているので一度これを着ると私のなかで「運動するぞ!」とスイッチが入るのです。コンプレッションウェアを着ることで、スポーツをする時にかなり集中することができるようになりました。これからも愛用します。