夜中の空腹・夜食の口コミ1数年前のダイエット期間中。私にとって一番の敵だったのが夜中にお腹が空いて眠れなくなることでした。日中の食事は全体的に食べる量と炭水化物を減らして野菜中心の食事に切り替えることは割と簡単にできたのですが、ダイエット期間をある程度継続出来ていても夜中の空腹がなくなる事はありませんでした。

ハッキリ言って夜の空腹を乗り越えるには我慢して眠ってしまうか、何か口にするしか無いと思っています。ですが寝る前に何かを食べてしまう時、特に夜の8時以降に何かを食べてしまうとあっという間に摂取カロリーが脂肪に変わってしまうので食べ過ぎは注意しなければなりません。

そういった時、私のケースで非常に役に立ったのがインスタントの味噌汁でした。スーパーなどで10パック入りで400円ほどの物です。そもそも空腹感というものは必ずしも胃の中に食べ物がない状態だから感じるものというわけではなく、胃の中に食べ物が残っていても脳が「食い物をくれ!」と言っているだけの状態だと言われています。

なので、夜食でよく食われてるおにぎりやカップラーメンのような食べ物を食わずとも、味噌汁のワカメや豆腐等の具を口にするだけでも脳が「飯食った」と錯覚してくれて、それだけで30分~1時間は空腹を感じずに過ごすことが出来ました。それに加え温かい味噌汁を飲むと事で体温を少し上がり、その影響で飲んだ後に眠気が出てくるので、飲んだ後の短い時間で眠りに付く事を意識してました。

カロリーも、中の具によって多少上下しますが、40kcalくらいなので、ダイエットにはほとんど影響ないと思います。

それでも空腹が収まらない時は、仕方なく低脂肪のヨーグルトを食べたりしました。

稀にどうしても我慢できなくて普通にご飯を食べちゃう時もありましたが、そういった時は次の日の夕飯を抜くなどしてカロリーコントロール。「空腹で寝れなくて疲れとストレスを残すよりかはいいか」という甘い言い訳です!たまにと言っても月1回程度ですけどね。

管理人監修の「夜中の空腹と夜食について」総括記事はこちら!