夜中の空腹・夜食の口コミ2もともと太りやすい体質でダイエットは私の人生の一部というぐらいに常にダイエットに励んでいます。ダイエット法も今までにさまざまなものを行なってきましたが、やはり性格的にも長期間ずっとダイエットを続けるというのはなかなかできないタイプなのでどうしても短期集中型のダイエット法を選ぶ傾向にありました。

短期集中型のダイエット方法としては、やはり最も手っ取り早いのが食事制限です。私のやりかたとしては朝と昼は普通に食べても良いことにして、夜の食事を摂らないという方法をやっていました。この方法は本当にてきめんで、だいたい夜の食事を摂らないということを1週間も続ければ軽く3、4キロストンと落ちるのです。目に見えてダイエット効果が出てくるのでだいたい2週間も続けると4、5キロは落ちるので一時的には目標達成できる方法なのでお気に入りでした。

しかしこのダイエット方法は夜の食事を摂らないので、とにかく就寝前の空腹感が強烈なのです。特に夜の9時ぐらい以降になると、頭の中は食べ物のことでいっぱいになります。水やお茶を飲んでなんとか激しい空腹感を落ち着かせようとするのですが、水分は全く空腹感を抑える助けにはなりません。

結局、空腹感があると夜寝付けなくなるので、あまりに空腹感が辛い時には夜食を少し口にするようになりました。それがこんにゃく麺を使ったメニューです。こんにゃく麺は最近スーパーでもよく見かけるアイテムですが、ほぼ無味無臭の麺で、しかもカロリーはゼロということでダイエットの強い味方です。

これを利用してコンソメブイヨンを溶かして作ったスープにこんにゃく麺を入れてカロリーゼロのきのこ類を入れたりしたものを作って飲んで空腹感を抑えることができるようになりました。トマト水に缶詰を使ったミネストローネ風のスープなどもかなり満足度があり、それでいてカロリーも低いのでどうしても空腹が我慢できない時の良い夜食になりました。

こうしてダイエット中の夜中の空腹感を抑えることに成功し、今は2、3ヶ月に一度体重が少し増えた時だけ、夜の食事抜きを行い、空腹感がひどい時だけ低カロリーの腹持ちの良いスープを作ってしのぐということを繰り返していますが、体重はしっかり維持することができています。

管理人監修の「夜中の空腹と夜食について」総括記事はこちら!