夜中の空腹・夜食の口コミ8自分がダイエットを行っていたとき、極端な食事制限は行いませんでした。しかし以前のように好きな時間帯に好きなものを食べるという習慣は断ち切るようにしたために、最初のうちは思わぬ時刻に空腹を感じたものです。

そして夜間の飲食は肥満をもたらすために、夜にお腹が空いたときは氷を食べるようにしていました。これは以前にあるプロボクサーが減量のために行っていた方法で、この情報が頭に残っていたために氷を食べて夜間の空腹を紛らわせていました。

ボリボリと顎を使って噛むことからものを食べているという自覚を得ることができますし、最終的には溶けて水になるものの、お腹に溜まるために空腹感は紛れます。しかし大きな問題が生じました。それは過剰な水分の摂取により、夜中にトイレに行きたくなってしまうことです。そのため睡眠が妨げられてしまい、体から疲れが抜けませんでした。そのため氷を食べて空腹感を紛らわせる方法は早々にギブアップしました。

夜間にものを食べないようにするために自分が行ったのは、早寝早起きです。朝食は食べたものが一日の活動によってエネルギーとなりやすく、そのためしっかり取ることが勧められています。しかし夜間の飲食は肥満をもたらします。つまりものを食べる時間を夜から朝に移動させることで、肥満体は解消されるのです。

この点を考慮し、夜にお腹が空く前に就寝するように心がけていました。自分は定期的な水泳やウォーキングによって体を適度に疲れさせていましたので、早寝早起きは比較的楽でした。また消化の良いヨーグルトやリンゴなどは夜食として勧められていますが、いくら太りにくい食材だからといって寝る直前に食べるなら胃に大きな負担をかけることになります。

そのため夜食を取る時間は注意しなければなりません。ちなみに低カロリーの食材としてはおでんのこんにゃくや大根、そして春雨などもダイエット食品として食べることができますので、夜間の空腹を我慢できない人はこうしたものを食べることもできます。

管理人監修の「夜中の空腹と夜食について」総括記事はこちら!